多言語を同時に学習する方法【英語と同時に勉強できる】

多言語を一気に同時で学習したいと思ってる人

「多言語の学習をしたいと思ってるけど、
フランス語や中国語、アラビア語とかの
いろいろな言語を勉強したいと思ってるけど、
現実的に英語も勉強しないといけない。

多言語学習を様々な言語と同時に勉強したいと思ってるので
方法を教えてください。」

 

こういった疑問に答えます。

 

この記事を書いている私は、
英語以外にも独学で韓国語やフランス語にも挑戦し、

日常会話レベルですが資格も手に入れることができました。
今後はスペイン語やイタリア語などにも
チャレンジしようと考えています。

 

多言語を同時に学習するコツは3つ

steel sparkler photography

多言語学習を同時に2つ、3つと学習できる方法は3つあります。

 

①言語系統が似ているものを学習

②アプリを使い倒してそれぞれの国籍の人とチャット

③間違えてもいいので積極的に会話

 

多言語同時学習のコツ①〜言語系統が似ているものを学習〜

多言語を同時に学習していく上で、
1つ目のコツが言語の系統が似ているもの同士で
やっていくのがベターです。

 

困惑しそうに考える方が多いですが、
全く違った形の言語を全て0ベースで学んでいくよりも
似ているもの同士で学んでいくことで
Aという言語を学習している=Bという言語も同時に勉強していることに
近しい形になるため、相乗効果を生み出すことができます。

 

例えば、
日本人なら韓国語が一番学びやすい言語として
挙げられます。

 

韓国語は日本語と同じ読み方の単語や、
文法も日本語とほぼ同じであり、
韓国なら飛行機でチケットを取って滞在することも可能なので、
言語としてすぐにすぐに使えたりします。

 

自分が使える言語や勉強してきた言語をベースに
同時学習を進めていくと多言語を同時に学ぶことができます。

多言語同時学習②〜アプリを使い倒してそれぞれの国籍の人とチャット〜

実際に多言語を同時学習していくには、
勉強を習慣化することがかなり重要になります。

 

 

これらのアプリでは、
日本語を学びたい世界中の外国人が
アカウント登録しています。

 

なので、例えばフランス語とイタリア語を
同時に学習したいと考えているのであれば、
日本語を学びたいフランス人とイタリア人の人と
チャットをしてください。

 

これをすることで、言語で大切なアウトプットの
学習をすることができ、
間違えていたらその時に訂正もしてもらえます。

 

また、似ている言語を同時に学習していることもあり、
アウトプットすることで記憶定着度も非常に高いです。

 

今の時代では、スマホはなくてはならない存在です。
1日に絶対携帯を触らない日はないくらいのレベルなので
その習慣をうまく利用していくとかなり効果的です。

多言語同時学習③〜間違えてもいいので積極的に会話〜

多言語学習をしていく上で、
大切な心構えは間違えても良いという気持ちで
取り組んでいくことです。

 

話している時に間違えたらどうしよ。失礼かも。。

 

こんな風に神経質になってしまうのが
日本人の良いところでもあり悪いところでもあります。

 

学習中なので間違えることは
ぶっちゃけ当たり前です。

 

なので積極的に話し込んで間違えたことで
記憶の定着をしてください。




方向性はわかっても努力量=時間が減ってしまう

Person Holding Burning Paper in Dark Room

多言語を同時に学習をしていく上で、
デメリットがあります。

 

最初は効果が出にくい。

多言語を同時に学習すると、
1つの言語にフォーカスしていない分、
かなり成果が出にくいです。

その理由は、

1日は24時間しかない中で、
多ければ多いほど、特化していない分、
効果は出にくいからです。

日常会話レベルや挨拶程度といった具合で、
目標を決めて継続していくことが
多言語を同時に学習していく上で
キーポイントになります。

 

挫折しやすい

多言語を同時に学んでいることで当然成果が
出てくるのはかなり遅めです。

1つの言語に対して成果が目に見えて出てくるのに
勉強している言語が多ければ多いほど挫折しやすいです。

挫折をしないためにも
資格取得をベースにして、
モチベーションがキープできてるかです。

 

資格取得=ペラペラに話せる

 

といったことではないですが、
資格取得を目指すことによって
目標が目に見えやすいので継続的に
学習することができます。

 

全て中途半端になって終わる可能性が高い

多言語を同時に学習することで
挫折しやすい分、どの言語も中途半端で
使えないレベルで学習を諦めてしまう可能性があります。

この原因は何かというと、
成果が目に見えないのと出にくい分、

 

このまま続けてても意味があるのか

 

といったようにネガティブに
思考が働いてしまうからです。

 

多言語学習をしていく上で、
まずは1つの言語を日常会話レベル以上に
話せるようになってから同時学習をしていくと
1つ目に身につけた言語が保険になって色々な言語に
挑戦しやすいです。




まとめ:同時に勉強するなら多くても似ている言語系で2つまでが良い

focus photography of woman hand with peace sign

まとめます。

 

・言語系統が似ているものが覚えやすい

・様々な言語を幅広く勉強しているため特化できづらい

・難しい言語のジャンルを同時に学習すると挫折しやすい

 

多言語を同時に2つ、3つと学習するのは良いことです。
今後のグローバル社会で生きていくには欠かせないことです。

 

しかし、よっぽど勉強するのが好きか、目的がないと
継続は難しいです。その理由としては、1つの言語に対して
長時間をかけて成果が出てくるものなので、
2つ、3つを同時に学習すると、余計に成果が表れにくいからです。

 

世界共通語である英語を何不自由なく話せるレベルに
なっていれば、中途半端で終わったという印象は持たれず、
プラスαの武器を増やすだけなので、いろいろやってみて
しっくりくる言語を追求するのもありです。

 

今後は英語ができて当たり前の時代がやってきます。

なので英語プラスαの言語を身につけられるようになりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です