就活で英語をアピール材料にするのは良くない説【経験談】

新卒就活で英語力をアピールしたい人

「就活で英語力をアピール材料の1つにしたいと思ってます。
けど英語力を武器に就活で効果的に
アピールするためにはどのようにすれば良いのかがわかりません。

就活で大手企業や外資系企業に内定するために
英語力をアピールするための方法を教えてください。」

 

こういった疑問に答えます。

 

この記事を書いている私は、
大学はFランでTOEICは145点から
スタートでしたが、

810点までスコアを伸ばし、
就活では上場専門商社に内定を
勝ち取ることができました。

就活で英語でアピールするためには?

Laptop on Table

就活で英語力をアピールするためには、

”TOEICが900点あります”

”留学経験があります”

といったものでは簡単に内定を勝ち取ることはできません。
英語を就活でアピールするための重要なこと3つを書きます。

①英語の資格はおまけ

②英語の資格取得のPDCAサイクル【問題解決力】

③英会話力もあれば良し

①英語の資格はおまけ

TOEIC、英検、IELTS、TOEFLといった
有名な英語の試験が数多く存在しますが、
就活においてはどんな資格でもただのおまけ材料に
しかなりません。

企業の人事部は、資格を持っているから
仕事も同等にできるとは思っていません。
(公認会計士や弁護士などは異なる可能性あり)

ES(エントリーシート)に書いてアピールするので
あれば書いても良いですが、

面接では面接官から問われたら資格取得ではなく取得するまでの
過程をアピールするといったことにフォーカスしてください。

②英語の資格取得のPDCAサイクル【問題解決力】

英語に鍵らずですが実績をアピールするということよりも
実績を出せた過程(ノウハウ)や計画段階などの説明内容を
企業はフォーカスしています。

英語の実績結果なんてものは、
資格が取れたことだけですぐわかることなので、

どのようにして計画して行動し、結果を出すことができたか、
そして次の資格などに向けてどのようにアクションしていくかを
アピールすることで問題解決力や会社で任されたプロジェクトを
進行できるポテンシャルを感じることができる人材と評価してくれます。

③英会話力もあれば良し

外資系や超有名大手企業の海外職種であれば、
英会話力はあった方がいいです。

実際の経験ですが、特に外国語学部や
英語をアピール材料にしている人は英語で
自己PRや学生時代に力を入れたことなどを
述べてくれと言われた人もいます。

会社側がこのように試すのは、外資系や海外関係の職種であれば
英語ができて当たり前の世界で、

尚且つ、英語ができてやっとスタートラインに
立てる世界と見ています。

誰もが知っている企業や外資系企業を狙うのであれば、
英会話が少しでもできる方がいいです。




といっても英語力は誇張しない方が良い

「人生」の画像検索結果

冒頭と逆のことを書くことになりますが、
英語力があるとか帰国子女ですといったことは
アピールしすぎない方がいいです。

新卒に求めるのは主体的に動ける熱意ある人

新卒に求めるものは”英語力”ではありません。
英語力なんて企業の研修でなんとかなると思っているのが
会社の考えです。

新卒に求めるものは即戦力といったところではなく、
10年後、20年後に引っ張ってくれるリーダー的な人を
求めています。

英語ができるから10年後も20年後も引っ張ってくれるとは
限りません。

総体的にその企業への”愛”や”熱意”が
ベースとしてあっての英語なので、

このベースとなる材料があるかを会社は
見ています。

英語力がある=内定にはならない

英会話力があるから内定には繋がることはないです。

英会話力があるから内定に繋がるのであれば、
外国語学部がかなり就活で無双できるという噂が
成り立ってもおかしくないです。

内定の決め手となるのが、
その会社でしかできないことなどをアピールし、
その最終展開として海外というワードを出すことで内定に
繋げることができます。

面接では話し方やPR力などを見ていて内容は聞いていない

就活の面接で、企業はぶっちゃけ誰が誰だがなんて
覚えていません。

特に大手企業であれば受けてくる人数の規模も
桁違いなので余計です。

会社は面接の内容というよりかは
どのように話して説明しているかやアピールしているか
などに注目しているところがあるので、

「結論➡︎理由」で端的に話すといった話し方を
意識することでコミュニケーション能力があると
アピールすることができます。




まとめ:英語力はESのみ。面接では話し方をPR

Group of People In Dress Suits

まとめます。

・新卒の就活で英語はおまけ

・大切なのはその会社でできることや熱意

・内容が悪くても話し方が良ければ就活は無双できる

新卒の就活などはぶっちゃけ英語力なんて
見てないに等しいです。

英語力がある人材が欲しいことには変わりはないですが、
本当に必要ならこの前まで学生だった人よりも英語を
専門的に仕事にしている通訳か海外駐在経験をしている人を
中途採用する方が、投資金額的にも賢明な選択だからです。

新卒の就活で”内定”を勝ち取るということに
目的を持つのであれば、下記に意識してみてください。

学生時代に力を入れたこと
→行動を起こしたことで生じた問題に対して
完璧に解決したプロセスやノウハウ。
→会社でも生かせる

自己PR
→自分自身の価値=商品価値、です。
→就活は内定を手にいれるまでは、
会社が人材という商品を購入する形になります。

自分の存在価値が会社に対してどのように価値提供できるのかが
必要です。そしてそのアピールの仕方=営業力のように見られたり、
会社という組織に必要なコミュニケーション能力があるかが見られます。

志望動機
→その会社じゃないとだめな理由を述べることで、
競合他社とは違うことをアピールできる力があるかを見られます。

これらの基礎の中の基礎があって、
英語力がプラスαであれば、加点されるという感じです。

 

英語力をアピールするということ就活で
注力したいのであれば、

実績になっている手に入れた英語力に対して
どのようにして手にいれることができたかということを
論理的に話すことができれば、内定に近づくことができます。

 

新卒の就活ではTOEICは高くないとだめだであったり、
英語は使えて当たり前と言われてますが、

企業は研修でなんとかなるという思考なので、
基本的にはESをスムーズに突破するために頑張り、
面接ではあまりアピールしすぎない方が良いです。

自分はTOEICを145点から810点まで伸ばしたことや
ロンドン大学に留学したことをアピールしましたが、
思った以上に内定を手にすることはできませんでした。

私の経験を糧に就活に生かしていただいたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です