最初にしないといけないTOEICの勉強方法【重要なことは3つ】

こんにちは。ケントです。

TOEICスコアアップのサポートを行い、
多数のコンサル生が大学編入できました。

 

最初にしないといけないTOEICの勉強方法【重要なことは3つ】

 

①試験を受ける

②スコアを分析

③圧倒的な努力量

 

TOEICのスコアが試験突破条件になっているのであれば、
重要なことは上記の3つ。

シンプルです。

1つずつ説明していきます。




①試験を受ける

Chalk Board With Test Handwriting Text

TOEICに限らずだと思いますが、
スコアによって勉強法が変わってきたりします。

試験を受けていない人は試験を受ける

これまで見てきた生徒の中で、
試験もまだ受けていないのにも関わらず、
どのようにすればスコアが上がるのかを聞いてきた人がいます。

私も試験をまだ受けたことがない人に
TOEICの勉強法がアドバイスすることはできません。

理由はTOEICに限らずですが
スコアによって基本的なところが欠けているのか
応用的なところができていないのかが十人十色だからです。

問題集はETSのもので良い

実際に試験を受けていく中で、試験を受けていくことが
かなり重要になってきますが、

本番の試験を受けてから結果発表までの
期間はとても長いです。

そのため、市販で売っているETSの問題集で
試験を受けてみるのが良いです。

ETSの問題集が本番の試験に近い難易度なので
今の実力がわかりやすいです。

現在のレベルが分かってから勉強スタート

模試を受けて今の立ち位置が分かってから
リスニングが弱いのか、リーディングが強いのかなどが分かり、
どのPARTが苦手なのかが分かります。

この辺はかなり重要で無視をしていくと
TOEICスコアはいくら勉強しても上がらないです。

②スコアを分析

flat lay photography of people discussing about growth chart poster

TOEICの試験を受けてみてから
実際にどこが弱点だったのかなどを
分析してください。

勉強時間を重ねれば良いだけではない

毎日3時間勉強しているのにスコアが上がらない方も、
スコアの分析ができていないことに原因があります。

勉強時間だけを重ねれば良いという単純な発想では
成長が難しくなります。

方向性が合っているかを随時確認

TOEICスコアを上げていくのに、
今の勉強法が正しいものかどうかを随時確認していく必要があります。

方向性を確認する方法は、
ETSの問題集を解いた後、
リスニングとリーディングの正解数を出してください。

そしてどのPARTが弱いのかを正解率を出してみることで、
何をすべきかが分かります。

各PARTの問題正解数 ÷ 各PARTの問題数

PDCAが何事も大事

何事もそうですが、PDCAを何度も繰り返すことが
成果を出すためには重要になります。

PLAN
DO
CHECK
ACTION

TOEICの勉強で言うのであれば、
実際に試験を受けて正解率を出した後に、

どのように勉強していくのか(PLAN)を立てて、
実際に行動し、(DO)

勉強を継続してみて方向性を確認。(CHECK)

その後に再度、試験を受けてPLANを立てていく流れです。

③圧倒的な努力量

Man Climbing on Rock Mountain

方向性を調整したら、
あとは圧倒的な努力量が鍵を握ります。

山登りと同じ

方向性が分かった後は
量をどれだけ重ねれるかが大事です。

山登りで言うならば、

山頂までの道のりが分かった後に、
あとは登っていく量が多ければ多いほど、
予定よりも早く頂上にたどり着くことができます。

TOEICでも全く同様の考えです。

継続しないと結果が出ない

スポーツも勉強も続けないと結果が出ないです。

ローマは一日にして成らずです。

モチベーションをどれだけ保てるかが
結果が出せるか否か分かれます。

努力とは量も質も問われる

努力とは量をやればいいといった風潮がありますが、
考えてアクションしないと結果が出ません。

分かりやすい例で言うと、
単語をひたすらノートに書くことが
努力しているように見えますが、

目的は単語を覚えることなのに
ただ単語を書いてるだけの作業になっている
パターンに陥りやすいことがあります。

何を目的にしてどのようなことをしないと
いけないのかを考える”質の努力”も
重要です。




【まとめ】ノウハウコレクターは結果が残せない

「change」の画像検索結果

TOEICスコアが高い人=賢い

勉強ができる人=才能がある

といったイメージを勝手に持たれますが、
9割の人が見えないところで努力してます。

ノウハウなんてものはインターネットで出てくる

勉強法などのノウハウはインターネットで探せば
たくさんあります。

よくあるのが勉強法だけを見ただけで
何も行動に移さないパターンです。

本当にこれでスコアが上がるのかといったことや
勉強法を知ったことで点数が伸びると勘違いする人など
様々な人がいます。

TOEICスコアが上がる勉強法を知ったら
まずは行動して現状のスコアやスケジュールに合わせて
方向性を修正していく必要があります。

方法を知ってすぐに行動できるかが鍵

結局はどんな勉強法を知っても
実際に自分でやってみないとわからないものが多いです。

例えば、スポーツで言うのであれば、
プロ野球中継を見ただけで野球は上達しないです。

プレイしてみて問題点や課題点が
明確に分かることが大半のはずです。

行動してみて見直して再度行動の計画を立てると
いった具合に質と努力を兼ね合わせた結果、

TOEICの100点アップ、200点アップと繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です