なぜ大学を休学してまで留学を就活のためにするのか?【休学は不要】

こんにちは。ケントです。

フィリピンのセブ島を合計1年、
イギリスのロンドンに半年間留学してました。

私立大学でFランだったので
休学はしてません。

なぜ大学を休学してまで留学を就活のためにするのか?【大手就活】

 

①ガクチカでアピールしたい

②学生時代の時しかできない

③長期間の滞在

 

大学を休学してまで留学する人は
主にこのような理由の人が多いです。




①ガクチカでアピールしたい

「job interview」の画像検索結果

ガクチカとは学生時代に力を入れたことです。

就活で絶対に聞かれる質問の1つ。

アルバイトやサークルしかない

ほとんどの大学生は大学受験が終わった後の生活は
アルバイトやサークル、または部活に明け暮れます。

特にアルバイトとサークルの場合、
就活でアピールできるものがないと
感じる人が大半です。

そのため、特に目的がないまま
休学して留学をする選択肢を取る人が多いです。

留学は就活でインパクトが強いと感じる

留学は学生間で就活で有利に働くという
雰囲気があります。

これはなぜかと言うと、
今の時代でも留学をすることで
就活の時に他の学生と差別化を図れるという
考えがどこかしらあるからです。

しかし現実的には、留学をしたところで
劇的に収入が高くなるとかすごい企業に行けるということは
絶対にないです。

費用対効果はあまり望めない

目的のないまま、わざわざ休学して留学をすると、
費用対効果が望めません。

私の友人は、私立大学を3年近く休学して、
海外インターンや留学、世界一周をしましたが、
今までの学費や休学費用に対して大きな見返りが
あったかというとありませんでした。

そのため安易に休学という選択を
すると自分で自分の首を締めるような形になります。

②学生時代の時しかできない

Three Persons Sitting on the Stairs Talking With Each Other

留学は基本的には学生時代の時にしかできないです。

たまに会社をやめて留学する人がいますが、
聞くところによるとその後のキャリアにおいて
リスクが大きかったりします。

社会人になれば時間がなくなる。けど辞めたらリスク増。

社会人になれば基本的に週5で最低でも8時間は
働かないといけません。(正社員の場合ですが、、)

そのため社会人になる前に学生の時にしかできない
留学をする人がたくさんいます。

イギリスで留学をしていた時に出会った
社会人の方は、

 

・大学院での研究

・会社経営者

・大学院への正規留学生

・MBA取得

 

といったように各自目的を持ってきている人が
大半でした。

社会人でも学生でも目的を持たないまま
手に入れた職を簡単に捨てたり休学したりすると
自分を傷つけたりすることになるので注意が必要です。

仕事でも海外はアジア地域しかない可能性が高い

日本の企業は
大手企業に関係なく出張や駐在で
海外に行けるチャンスはあります。

しかし大半の企業は中国や東南アジアにしか
拠点がないのでヨーロッパやアメリカには
行ける可能性が低くなります。

学生しかできない経験をしたい

上記でも述べましたが、
留学が就活で有利になるという都市伝説的な
ところから学生の時にしかできない留学をする人がいます。

学生の時は今しかない。。というのであれば
遠方の国への旅行をする方が良い選択です。

③長期間の滞在

man sitting on gang chair with feet on luggage looking at airplane

留学となると、
短期間では留学とは言い難いので
半年から1年のスパンで留学をする人が多いです。

休学しないと長期で滞在できない

イギリスやアメリカは長期滞在する方が
言語の習熟度からも考えて賢明な選択です。

そのため在学している大学の
交換留学制度の選考に落ちた人は
大学を休学してイギリスやオーストラリア、
アメリカに滞在します。

ここで注意点なのが
休学をしてまで長期滞在の留学をするのであれば
確固とした理由がないと滞在国で挫折して
ホームシックになります。

重度のホームシックになった人は
日本に帰国する人もいるので
せっかく休学をしても本末転倒に終わる場合があります。

交換留学は競争相手が多い

交換留学は学校にもよりますが、
基本的に競争相手が多いです。

競争相手となるのは大学受験で
在籍している大学よりもワンランクレベルの高いところを
受けて落ちた人や英語が得意な人達です。

自分もロンドンでの留学をするとなった際に、
国立大学を受験したけど落ちた人や英語が得意な人達と
戦うことになって、なんとか勝つことができました。

なので交換留学が基本的に難しい人は、
休学して私費留学をする人が多いです。

交換留学に選ばれなかったから就活もダメなことはないです。

自分がこの学生時代にしたいことや身につけたいこと、
10年後や20年後になりたい自分をイメージした時に
何をしたら良いのかを考えて行動すると交換留学は必須でない
可能性があります。




【まとめ】:休学しなくても海外に長期滞在できる方法はある

Woman Walking on Pathway While Strolling Luggage

自分は大学を休学せずに
セブ島を1年間、ロンドンへの留学をしました。

その方法を共有します。

長期休みになったら留学期間【金額はかかる】

長期休みになれば大学も2ヶ月近くは
休みに入ります。

私の場合は、夏休みと春休みの長期休暇で
フィリピンのセブ島へ留学をしてきました。

しかし渡航費はもちろんですが
金額が結構かかるので、
高単価なアルバイトとかでお金を貯めないと
結構難しいです。

単位を大学3年生までに終了【論文が必須でない学部限定】

自分の大学は論文が必須ではなく、
単位も三年生が終了時点で130単位近くあったので
4年生の時には上半期は就活に集中して、
下半期は海外で生活してきました。

論文が必須でない学部も中には
あったりするので、

大学1年生や2年生の人は
事前にシラバスで確認し、

逆算して講義を受講するのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です