TOEICの勉強の鉄板!正しいシャドーイングとは?【効果あり】

こんにちは。ケントです。

ディクテーションとシャドーイングの正しいやり方を理解して
勉強を重ねたらリスニングスコアが200点アップする効果を感じられました。

TOEICの勉強の鉄板!正しいシャドーイングとは?【効果あり】

 

①シャドーイングはTOEICの問題集で行う

②自分がわからないものは誤魔化さずに意味を確認

③ディクテーションとシャドーイングを交互に

 

シャドーイングの方法について
書いていきます。

1つずつ説明していきます。




①シャドーイングはTOEICの問題集で行う

Black Pen on White Book Page

TOEICのスコアを1日でも早く伸ばしたいのであれば、
TOEICの問題集で間違いなしです。

話がずれますが、英検なら英検のものを。
TOEFLならTOEFLの問題集を使うのがベストです。

TOEICを伸ばすならTOEICの問題集を使用

TOEICスコアを伸ばすのであれば、
間違いなくTOEIC専用の問題集で勉強するのが絶対です。

よく間違えられるのが、

大学受験で使っていたものを使う方が良いですか?

英検で使用していたものでもスコアアップが狙えるでしょうか?

といった質問が飛んできます。

TOEICを伸ばすのであれば、TOEIC用の問題集を
必ず使ってください。

問題集のでも
TOEICを作成しているETSのものが良いです。

created by Rinker
¥3,024 (2019/09/16 23:19:55時点 Amazon調べ-詳細)

この公式問題集は本番の試験に近い難易度で出しているので
初心者にはシャドーイングをしていく上で
かなりの良書になります。

PART1からPART4まで

リスニングは基本的にPART1からPART4まで
行ってください。

PART3やPART4は英文が長いことから、
やらない人が基本的に多いです。

しかし、やらない人が多いのであれば
勉強すればスコアアップが狙える可能性が高くなります。

発音も意識することで効果アップ

シャドーイングでは、発音を意識すると、
リスニングの聞き取り能力が高まってきます。

これはなぜかと言うと、
聞き取れない発音を自分が発音してその単語の
意味を理解すれば、聞いた時に瞬時に理解できる
ワードやセンテンスになるからです。

発音は意外と無視する人が多いですが、
リスニングスコアを上げていくには結構重要に
なってきます。

②自分がわからないものは誤魔化さずに意味を確認

person typing on gray and black HP laptop

量も大事ですが質を意識しないと時間の無駄です。

ただ聞こえた英文に対して声を出すだけではだめ

ただ聞こえた英語を口に出すだけでは意味がないです。
考えながら取り組むことでスコアアップができます。

練習のための練習、
つまり、TOEICで言うのであれば、
シャドーイングをするためにシャドーイングをするといった
モチベーションや気持ちでは、決してリスニングスコアが伸びるところまで
通用しません。

練習量も大事ですが、
日々考えながらシャドーイングに取り組むのが
キーポイントです。

意味と内容は必ず確認

ディクテーションと同じですが、
意味と内容は必ず確認するようにしてください。

ぶっちゃけ、意味と内容をわからず、声を発しているだけでは、
シャドーイングを100回、3000回したところで
効果が出てきません。

書いている英文に対して日本語訳を確認しながら
意味を確かめるようにしてください。

③ディクテーションとシャドーイングを交互に

Man Running on Dirt Road

ディクテーションとシャドーイングを交互に行うことで
効果が目に見える形で実感できます。

ディクテーションは必ず最初に

シャドーイングに取り組む前に、必ずディクテーションを
してください。

 

 

ディクテーションはリスニングの勉強をしていく上で、
基本中の基本です。

ディクテーション無くしてシャドーイングをしても
大きな効果は期待できません。

ディクテーションで慣れた英文をシャドーイング

ディクテーションで慣れた英文を、
今度はシャドーイングで磨きをかけてください。

シャドーイングをすることによって、
単語と単語の繋がりで生まれる独特の発音を覚えることができ、
英会話能力まで網羅できます。

シャドーイングで磨きをかけて、
どんな効果が出てくるかと言うと、

TOEICで今まで右から左へと流れてきた暗号が、
日本語で話しているかのように英文が理解できるようになります。

ルーティーンワークにしよう

ディクテーションとシャドーイングをルーティーンに
するようにしてください。

どのようにして習慣化にしていくのかと言うと、

今日は、

PART1とPART4はディクテーション、
PART2とPART3はシャドーイング、

次の日は、ディクテーションをしたものを
シャドーイングにして、シャドーイングしたものを
ディクテーションしようといった感じで1日ごとに
切り替えて進めて行うのがおすすめです。




【まとめ】:惰性でやると効果は0

litter signage

スポーツでも勉強でもいやいやでやると効果0です。

どんなに良い勉強法や教材を用いても意味がないです。

モチベーションは安定させる

モチベーションは安定させるようにしましょう。

どんなに良い評判のスクールや勉強法、
教材を使ったとしてもモチベーションが0では時間の無駄です。

「やる気があるから多めにやる」とは考えない方が良い

モチベーションにはやる気がある日とない日のバランスが悪い場合があります。
あるあるなのが、

 

”今日はやる気があるから多めにしよう”

 

という時があります。

しかし、そんな時はあえて勉強量は増やさないようにした方が無難です。
決めた量だけをしてください。

これはなぜかと言うと、
やる気があったその次の日にやる気がなかった場合、
昨日結構勉強したから今日くらいはいいやであったり、
タスクはこなさなくてもいいやといった感じで、
質が悪い勉強の繰り返しになります。

継続が大きな結果を生み出します。

何事でも継続が大きな結果を生み出します。
勉強でもスポーツでも継続することで経験が積み重なります。

しかし1日に対して何もやらなかった場合、
そしてモチベーション0の惰性の形で勉強することで
マイナス要素が増えていき、

スコアアップに繋がる日が後ろ倒しになっていきます。

1日のタスクに対して100%の力が
出せるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です