英会話を1日でも早く上達するための近道【上達のための条件】

英会話の上達するための近道を知りたい人
「英会話を無料アプリなどで続けてきたけど
ぶっちゃけ上達した気がしない。

本当に今のままの勉強法で合っているのかな。。

上達の光が見えるようにしたいので英会話上達の近道について教えてください。」

 

こういった疑問に答えます。

 

この記事を書いている私は、
TOEICを145点から810点までスコアアップし、
多言語もある程度は使えるようになりました。

 

英会話を1日でも早く上達するための近道【上達のための条件】

Black Asphalt Road

英会話を1日でも早く上手くなるには、
目標設定と日頃の勉強法を見直さないと
日本に住んでいる限りは上手くならないです。

 

中高の英語の点数では赤点キング。
TOEIC145点から勉強し、810点まで伸ばした後に
多言語も勉強した経験から英会話を上達するための近道に
ついて書いていきます。

 

①目標を決めよう【目標なしだと辛いです】

②単語の勉強はするな【中学英単語だけでOK】

③文法をマスターしよう【最初の第一歩です】

④ひたすらアウトプット【試合経験がないと上達しません】

 

①目標を決めよう【目標なしだと辛いです】

言語をマスターするのに、
目標を決めないと絶対に挫折します。

 

なぜなら言語はスポーツと一緒で
成果が目に見えてくるのが早い人で3ヶ月、
大体の人が6ヶ月~1年弱かかるからです。

 

また、英語が使えると言っても、
挨拶ができる程度なのかビジネスで使えるレベルなのか
といったような感じで幅が広いです。

 

自己紹介ができる程度だけで良いのか
仕事でも使えるレベルまで目指したいのか、といった目標を
定めた中でゴールが見えることにより、

 

疲れてる時でも勉強が継続できるようになります。

②単語の勉強はするな【中学英単語だけでOK】

この前、下記のようなツイートをしました。

単語の勉強をしたところで、
英会話ができるようにはならないです。

 

簡単な中学英単語であれば、
身近なものが多いので記憶の定着はしやすいですが、

日本語でもよくわからないような単語レベルまでに
なってきた時には、覚えても次の日には必ず忘れますし、
文法を無視した英単語を並べるようなダサい英語になってしまいます。

 

英会話の基本的な勉強として、
単語よりも文法から覚えるようにすることで、
無限のようにある単語をコントロールすることができ、
英会話という形で使えるようになります。

 

効率よく英語が話せるようになりたいのであれば、
まずは文法から始めるのが圧倒的に賢明な選択です。

③文法をマスターしよう【最初の第一歩です】

英文法だけを先にマスターしてしまえば後は簡単です。

日頃から使っている、または覚えている英単語を
文法通りに組み込むだけです。

 

例えば、

主語+動詞+目的語

 

という構造のものがあれば、
主語という部類の名詞や代名詞、
動詞なら単語帳に書いている動詞と書かれているもの
全てが当てはまりますし、目的語は基本的に名詞です。

 

そしてより細かく見ると、
名詞と修飾する形容詞や、動詞を修飾する副詞、
などといった感じで記憶が残ります。

 

このルールを覚えてから単語を覚えると、
文法を用いて英会話ができるので、
語彙力アップもしますし、TOEICや英検にも効果が発揮されます。

④ひたすらアウトプット【試合経験がないと上達しません】

英会話の勉強の流れがわかったら、
後はひたすらアウトプットをしていくことが重要です。

 

何がわからないのかや、
何が課題点なのかといったことがわかるのは、
試合などの本番の経験をしないと出てきません。

練習のための練習が一番時間の無駄です。

 

英会話を何度も繰り返し重ねながら
課題点を見つけだし、

それに対して英会話の勉強をしながら
次回に向けて取り組むと成長が感じられ、
上達していきます。




英会話上達のためのアウトプット環境を手に入れよう

Road Path Surrounded by Green Grasses

英会話を上達するには環境が不可欠です。
勉強手順がわかった後は、何の環境が不可欠なのかについて
書いていきます。

時間的な余裕があるならセブ留学がおすすめ

英会話を身につけるのであれば、
フィリピンのセブ留学がおすすめです。

セブ留学がおすすめなのは、

 

・アメリカやイギリスよりも断然安い

・時差がたった1時間

・親日国

・日本人と同じように英語を身につけたバイリンガル

・常夏で日本のようなジメジメした湿度がなく過ごしやすい

 

といった感じのメリットがあります。

 

特に金額に関しては、
為替レートにも変わりますが、
エージェントを挟んで1ヶ月の留学を見積もった時でも
場所によっては生活費等入れて100万円近くかかります。

 

また、授業内容もグループ形式なので、
あまり自分の意見を出さない国民性を持つ日本人にとっては、
ただの傍観者のようになってしまう可能性大です。

 

しかしセブ島であれば先生とのマンツーマンクラスなので、
英語をみっちり話し込むことができます。

 

また、費用も1週間で10万円いかない程度なので
アメリカやイギリスなどと比較してもコストパフォーマンスも
優れています。

 

セブ留学の語学学校のNILSは、
比較的最近できた学校のため設備も綺麗です。
(学校によっては東南アジア独特の汚さがあったりする学校もあったりします)

 

また、学校の位置も治安の良いITパークのビル内で、
初めて留学する人にとっても安心です。

もちろんカリキュラムも各レベルと要望に合わせて
カスタマイズできるので柔軟性にも優れています。

【セブ留学・NILS】フィリピン政府公式認定 語学学校NILS

忙しい人ならオンライン英会話

社会人で忙しい人はオンライン英会話がおすすめです。

 

自分のスケジュールに合わせて隙間時間で
英語ができるメリットがあります。

オンライン英会話も各スクールの特色や強みも
ありますが、共通して言えることがコストが安いというとこです。

 

留学だと時間的にもお金的にもきついという方が
ほとんどだと思います。

 

 

しかし、オンライン英会話だといつでもどこでもできるので
おすすめです。

【参考記事】:英語ができない人のおすすめのオンライン英会話【まとめ】

【補足】外国人の恋人を作ろう【一瞬で上達できる】

手っ取り早いのがその国の外国人の彼氏・彼女を
作ることが一番早いです。

 

今の時代ならスカイプやラインで普通の音声電話だけでなく
ビデオ通話も無料でできるので、コスパも良いです。

 

また、関係が恋人なので毎日話したり、ラインしたりするのが
当たり前になるので、

いつのまにかペラペラに話せるようになったという状態になります。
早い人なら1ヶ月で難なく話せるようになります。




まとめ:英会話を上達するには、毎日英語を話し続けることが不可欠

Blonde-haired Woman in Yellow T-shirt Wearing Black Sunglasses Holding Silver Smartphone

英会話上達するためには、
毎日話すことが絶対条件です。

 

英会話が上手くなりたいのに
話さない。。なんて本末転倒です。

 

上手いスポーツ選手は試合を重ねながら
失敗したところに対して練習をします。

 

試合を重ねないと課題も見えないので
上手くならないです。

英会話の勉強は継続【インプットは大事】

英会話も結局は継続しないと錆びます。

そして毎日机に向かって勉強するインプットは
欠かせません。

 

日頃の英会話で見つけた課題点に対しては、
インプットによる勉強をしなければ解決することができません。

そして上達するのにも時間がかかります。

 

流れとしては、
アウトプット→インプット→アウトプット→インプット。。。の繰り返しが
圧倒的に効率が良い勉強スタイルです。

オンライン英会話などの格安サービスを駆使しよう

オンライン英会話を始めた人なら、
せっかく入会したのであればどんどん使ってください。

 

いつでもどこでも外国人と英会話ができるサービスを
使わない手はないです。

 

【参考記事】:英語ができない人のおすすめのオンライン英会話【まとめ】

インプットとアウトプットの繰り返し

言語は話すためのツールです。

 

そして英語というツールを手にいれるには、

何度も間違えても良いので英語を話し込むアウトプットを行い、
机に向かって勉強するインプットを行うことによって上達できます。

 

どちらかが欠けても英語は上達しません。

 

アウトプットだけをしてしまうと、単語を繋ぐだけのダサい英語になりますし、
インプットを重視してしまうと頭ではわかってるけど瞬時に英会話として出てこない問題が出てきます。

 

インプットとアウトプットのバランスがあなたの英語力を底上げします。

 

長い道のりに見えて、
英会話を上達するには一番の近道なので、
毎日欠かさず取り組んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です