マルチリンガルの脳、気になりませんか?【多言語のメリット】

こんにちは。ケントです。

学生の時に日本語、フランス語、英語、韓国語を
使って仕事をしてきました。

マルチリンガルの脳、気になりませんか?【多言語のメリット】

 

①母国語以外は全て混ざる

②記憶力が上がる

③将来的に認知症を避けることができる

 

多言語を勉強している人に頭はこんな感じです。

脳に対してメリットも説明していきます。

1つずつ説明していきます。




①母国語以外は全て混ざる

Pink and Yellow Ink Underwater Art Beside Shark Toy

マルチリンガルのあるあるですが、
色々な言語が混ざります。

フランス語を話しているのにスペイン語の単語が出てくる

似ている言語ならあるあるなのですが、
話している途中に違う言語の単語を誤って使ってしまう場合があります。

これはマルチリンガルになるということは
避けられない問題なのですが、
母国語以外の言語で複数の言語を身につけていると、
ルー大柴状態のようなことが起こってしまう場合がほとんどです。

混ざっていると言語として習熟している証拠

混ざっているとまだまだな感じがしますが、
言語としてほぼ完成していると言っても良いです。

これはなぜかと言うと、
当たり前ですが、言語が使えない人は混ざることはないです。

逆に混ざる現象が起きるということは、
言語としてほぼ使える状態でもあったりします。

②記憶力が上がる

Woman Holding Two Photos

言語の数が増えるほど記憶力が上がります。

1つのデータベースが構築される

多言語を身につけると、データベースが脳にインストールされます。

マルチリンガルを用いて仕事をしたり、
友人と会話をしたりすると、
1つの言語を使ってた時と比べると、
明らかに記憶力が向上したことが目に見えてわかるようになります。

使った言語を元に記憶が戻りやすい

使える言語が増えていけばいくほど、
言語ベースで記憶が定着していきます。

どのような現象が起こるのかというと、
どの言語を用いて会話をしたり、
行動をしたのかが整理されます。

なので多言語を学習すればするほど
根本的に記憶力が向上します。

③将来的に認知症を避けることができる

Photo of Man Reading Newspaper

最大のメリットが認知症を避ける予防になります。

多言語学習は認知症予防に繋がる

マルチリンガルになると将来的に大きな財産になります。

多くの言語を学習すると、
未だに治す方法が解明されていない認知症を
予防することができます。

前半で述べたように、
多言語学習をすることで、言語というデータベースが
頭の中にインストールされるため、圧倒的に記憶力が向上します。

【参考記事】:多言語を使って認知症を避けれる3つの理由【簡単】

趣味から始めてみよう

学生時代の時に英語が苦手な人にとっては、
言語を勉強すること自体が嫌な人が多いはずです。

苦手意識がある人は、
趣味で始めるところからスタートすることをおすすめします。

趣味で言語を勉強するということは、
世界的に需要がある言語かどうかとかを考えることなく、
自分が興味を持っていて学びやすい言語をチョイスすると
継続的に勉強ができます。

簡単な言語から取り組むのがベター【認知症予防なら】

特に興味がある言語はないという人であれば、
比較的簡単な言語を選ぶと良いです。

日本人であれば、スピーキング重視で考えるのであれば、
韓国語は日本語と似ている単語や全く同じ単語が半分近く存在します。

また、文法も日本語と同じ語順なので記憶に残りやすいです。

リーディング中心であれば、
中国語が日本と同じ漢字を用いているので、
勉強はしやすいです。

ヨーロッパや欧米の人が中国語に躓く原因が、
漢字がよくわからないからといったことがあります。

しかし、日本人は中国語を勉強していなくても
大体はなんて書いているのかがイメージできるので
おすすめです。




【まとめ】:マルチリンガルは脳にメリット多し!

Person Holding Star Cutout Paper Facing Mountain

結論、マルチリンガルは脳に対して
メリットがものすごく多いです。

気分転換で爽快

マルチリンガルってものすごくハードル高い。。

そんな人も勉強のやり方を間違えなければ、
趣味としてリフレッシュすることができます。

英語もですが、言語の勉強はコツさえ掴めば
すぐに習得が可能ですが、

間違えた勉強法で行うと、
成果も出せずに挫折してしまいます。

しかし、やり方さえマスターして、
量を重ねれば結果も当然、目に見えて表れてくるので、
モチベーションも高まって楽しくなります。

【参考記事】:多言語を同時に学習する方法【英語と同時に勉強できる】

差別化ができて自信がつく

多言語学習をすることでなぜ自信がつくのかと言うと、
日本に住んでいる限り、2ヶ国語以上の言語を使える人がいないからです。

マルチリンガルになることができれば、
日本でも10%未満の領域に食い込めることができるので、
非常に価値も高いです。

何か自信をつけたい。。

このように考えている人は、
多言語学習に打ち込んでみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です