セブ留学を最高なものにするための勉強法【効果あり】

こんにちは。ケントです。

セブ留学を1年以上経験し、
TOEIC810点までスコアを上げることができました。

セブ留学を考えている人は、
現地でどのように勉強すれば良いかが
気になると思います。

今回、様々な学校の授業に参加し、
英会話とTOEICを伸ばした経験から効果がある
勉強法について書いていきます。

セブ留学を最高なものにするための勉強法【効果あり】

 

①留学中も自学のススメ

②留学中にしかできない勉強をしよう

③日本人同士でも英語を話そう

 

セブ留学に限らず、
海外へ滞在中にしかできない勉強法を書いていきます。




①留学中も自学のススメ

Library High Angle Photro

留学しているからこそ自学をしましょう。

留学をするだけでは言語は身につかない

勘違いする人がいますが、
留学をするだけで言語が身につくことはないです。

留学中にも自学をしないと、
成長することは不可能です。

留学は基本的にアウトプットがメインです。
しかしインプットがあってのアウトプットなので、
自学についてまとめた記事をみてください

【参考記事】:英会話でよく聞くアウトプットって何?【英会話勉強法】

授業の復習+文法&単語

留学で学んだことは必ず復習するようにしてください。

特に会話で出てこなかった文法や単語は
復習をすることによって理解力が深まり、
会話で使えるくらいの記憶が身につきます。

授業で出てこなかった文法は、
先生と会話をしている時に、
言葉として出てこなかった時は、
日本語で言いたかったことをメモしてください。

単語に関しても、
先生が言っていた単語でわからなかった場合は、
その単語をメモし、自分が話す時に出てこなかった時も同様に
控えるようにしてください。

自習室がある語学学校をチョイスしよう

おそらくセブの語学学校なら、
どこの学校にも自習室があるとは思いますが、
たまにオフィスビル内が学校のため、自習室が無いという学校もあります。

自習室がある学校と無い学校で
どのような違いが生まれるのかというと、
英語を身につけようとする意識に違いが生まれます。

もちろん自習室がある方が、
こもる人がたくさん来るため、
自分も自習室で勉強しないとだめだという姿勢に
なることができます。

しかし、完備されていないと、
授業が終わったあとは遊んだり寝てしまったりして、
留学効果は薄くなります。

②留学中にしかできない勉強をしよう

Two Women Sitting on Brown Wooden Park Bench

留学中にしかできない勉強をする方が時間を有効活用できます。

留学中にしかできない勉強法【スピーキング】

留学中にしかできない勉強とは、
何と言ってもスピーキングです。

せっかくお金をたくさん払って自己投資したのであれば、
メキメキとスピーキング力を磨いて、力をつけるべきです。

徹底的に話し込み、
自分が使えない文法や単語をリストアップして
当日に覚えることで、

次の日の授業で使えるようになり、
雪だるま式に話せるフレーズが多くなっていきます。

留学中にしかできない勉強法【ライティング】

留学中にしかできない勉強は
スピーキングの次にライティングです。

ライティングを勧める理由としては、
留学をすると、添削をしてくれる先生が目の前にいるので、
文章力がどんどんついていきます。

1ヶ月の滞在で、毎日日記のように書き残し、
先生に添削してもらった後にフレーズや単語、文法を確認することで、
ライティング力が身につきます。

日本でも英語が得意な人に頼めば
添削をしてくれたりしますが、

英語学習期間的にも長いのはフィリピン人です。

そのため、日本人よりもフィリピン人の講師に
添削をお願いした方がいいです。

リスニングは24時間・リーディングは気が向いたらで良い

リスニングは勉強に打ち込まなくても大丈夫です。

滞在しているのは日本ではなく海外になるので、
24時間英語を話す環境に身を置いています。

そのため、改めてリスニングを勉強するのは、
経験値としては高まりますが、効率は悪いです。

リーディングも、基本的に日本で行う方がベターです。

せっかく留学に来ていることもあるので、
リーディングに時間を費やすのではなく、
スピーキングに充ててください。

③日本人同士でも英語を話そう

Man Wearing White Shirt Holding Out Hand in Front of Woman in White Lace Top

ここまでやる人は少ないですが、日本人同士でも英語を話した方がいいです。

誰に対しても英語で話すことが大事

先生はもちろん、バッチメイト(留学同期)にも英語を使うように意識することが
今後の英語の伸び代を考えると重要です。

恥ずかしいとかを抜きに、
自分の語学力を本気で伸ばしたいのであれば、
日本人同士でも英語で話す方がいいです。

群あうために留学をしているのではないので
英語を学ぶために来ているのであれば、
全員に対してではなくて、せめて仲良くなった1人に対して、
英語で会話しようといった取り決めをするのがいいです。

セブ留学では日本人が多い

セブ留学では、近年日本人がかなりの比率で留学をしてます。

ひと昔前だと韓国や台湾などといった国籍の人が
多かったのですが日本人が多くなったため、
語学学校内はテラスハウスのような感じになって、
日本人同士で恋愛をするみたいなことが起こり、
英語を学ぶ目的がなくなります。

日本人同士で英語を話す人は少ない【悲報】

残念ながら日本人同士で話すという人は
どの学校に行ってもいないと言っても過言ではないです。

英語を学びに来ているのにも関わらず。
英語で話すことをためらってしまいます。

また、シャイな性格をもつ日本人だと
余計に日本人同士で英語で会話するのは
困難を極めます。

そのため、留学を考えている人は、
スパルタ校だと、誰に対しても英語を
話さないといけなくなるため、おすすめです。




まとめ:量が質を磨きます

Man Sanding on Metal Surface in Grayscale Photography

圧倒的な量が質を磨きます。

質は大事だけど量がないと上達しない

よくいるのが勉強法だけ聞いて、
量をこなさない人のパターンです。

確かに方向性が変わると、
目標を達成するのにどんどんずれていきますが、
量をこなさないと方向性が合っているのかさえわからないです。

量をこなしながら方向性を見直そう【PDCAサイクル】

一旦、勉強法がわかったら、
あとは量をこなし、継続することをおすすめします。

量をこなしながら、勉強の振り返りを行い、
勉強法にズレがないかや、もっと効果のある勉強など
模索しながらチャレンジしていく同時並行をすることにより、

方向性が明確にわかり、
目標達成することができます。

セブ留学では、先生との英会話クラスを重ねながら、
方向性や現状のレベルを確認しつつ、
自学で量を重ねると英会話力が上がっていきます。

是非試してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です