英語の文法勉強法【英語学習初心者と中高生におすすめ】

こんにちは。ケントです。

英語の勉強法について
ツイッターや当ブログで発信してます。

先日、このようなツイートをしました。

英語の勉強法で最初に取り組むべきことは
ツイート内容の通り、

まずは文法という型を身につけ、
名詞や動詞などの各品詞の位置に該当する単語を
当てはめることが根本的に重要です。

文法の勉強をせずに
ただひたすら単語だけを覚えてても
ぶっちゃけ上達は難しいです。

しかし、語学の勉強はどの言語も共通なので、
英語の勉強法さえ分かればマルチリンガルも目指せます。

【参考記事】:マルチリンガルに進化するための勉強法【多言語マスターへ】

英語の文法勉強法【英語学習初心者と中高生におすすめ】

 

①文法から取り組む

②最低限の中学英単語や身の回りの単語だけ覚える

③会話を重ねてわからない単語は都度覚える

 

ぶっちゃけこれだけで
語学は簡単に身につきます。

英語が難しいと思ってる人ほど、
単語の勉強をしたりしてるので、
本記事を参考に取り組んでください。




①文法から取り組む

Person Holding Blue Ballpoint Pen Writing in Notebook

文法という型取りを頭に入れると
あとは単語をはめるだけです。

文法から取り組むことから全てが始まります。

単語から始めると文章構築ができない

英語が苦手な人が陥りやすい勉強が、
単語から覚える人です。

もっと悪いのが単語帳を開き、
ひたすらスペルを書き込むという人は、
勉強ではなく作業化しています。

文法からではなく、まずは単語から。。

という考えの人が非常に多いですが、
単語から覚えても難しい単語ほど記憶に残りにくいですし、
文章も構築することができないです。

「文法」という型に単語を当てはめよう

文法を先に覚えることができれば、
あとは自分が知っている単語を品詞ごとに当てはめればOKです。

例えば、主語+動詞+目的語という文法があれば、
動詞となるものは全て主語と目的語の間に当てはまります。
(主語や時制によって形は変わります。)

目的語であれば、名詞が入りますが、
もっと細分化すると、名詞に対してより詳しく説明することができる
形容詞と合体(修飾)させたりすることができます。

文法がわからず、ただひたすら単語だけ覚えてる人は、
動詞となる単語が目的語にきたり、主語にきたりするため、
文章を作ることもできないですし、単語単位で英語を覚えてるので
記憶定着度も低いです。

文法の勉強法【今すぐに取り組もう】

文法の勉強法として行う手順は、

1:基本的な5文型を知って、より細かくどの品詞が合体するのかを覚える
→5文型とはSV,SVO、SVOC,SVOO,SVCのことです。

2:そしてその文型をより細かく文章をカスタマイズするために
品詞の合体ルールを覚えましょう。

3:副詞+形容詞+名詞の順番で合体(修飾)するといった感じで、
どの品詞とどの品詞が合体するのかを理解してください。

②最低限の中学英単語や身の回りの単語だけ覚える

Woman in White Shirt Beside Teacup

最低限の単語だけを覚えればまずはOKです。

覚えないといけないと思う単語は多すぎる

単語は日本語でも辞書で調べないとわからない単語があるくらいです。

そのため、英語学習者は単語を覚えるのに、
割り切らないと覚える単語が多すぎてモチベーションが下がります。

最初は身の回りの単語だけを覚えればいい

覚える範囲としては、
まずは身の回りの単語だけを覚えることから始めた方がいいです。

身近な単語から覚える方が、イメージができて頭に入りやすいです。
また、記憶から忘却しにくいのでベースとなる単語から覚えることが
ポイントです。

わからない単語は都度学習する方が効率がいい

難しい単語に対して、英会話をマスターしたいという人であれば、
会話をしながら使う機会が出た時に覚えるというスタイルが一番です。

学生の方なら、学校によっては学年によって必須で
覚えないといけない単語が当然ありますが、
文法が身について、基本的な単語を覚えられた後に
取り組んだ方が遠回りに見えて近道です。

語学は一朝一夕で結果が出ないので、
〜ヶ月後には、今の学年並みの英語力を身につける!
という目標を持つと勉強がやりやすいです。

単語の覚え方については、
別記事でまとめたので見てみてください。

【参考記事】:あなたが英単語を覚えられない3つの原因【英単語の覚え方】

③会話を重ねてわからない単語は都度覚える

Words Text Scrabble Blocks

会話を重ねることで単語の習熟度が高まります。

会話基準で覚える方が楽しい+英語が覚えられる

英語を実際に使って会話をしてみてください。

英語は言語です。
いつのまにか大学受験で合格するための勉強になっていて
勉強の本質を失う人が非常に多いです。

話すことが楽しい人ならなおさらですが、
英語を話すことによって日本人以外の人と話すことができるという
ことになるので、一気に視野が広くなります。

そして楽しいという感情が入ると、
英語は覚えやすいです。

会話を重ねながら出てこなかった単語をリストアップ

英語で会話していると、
初心者の人ほど出てこない単語が出てきます。

・知ってる単語だけど話す時に出てこない

・そもそも単語がわかってない

様々なレベルがありますが、
英語で会話しながら瞬時に出てこなかった単語に対して
リストアップしていくと自分だけの単語帳が出来上がります。

英会話をすることで英語の勉強効率UP【おすすめのオンライン英会話】

英語を使って話しながら勉強すれば、
効率はアップします。

どの教科も同じですが、
インプットとアウトプットが重要です。

英語で言うのであれば、
インプットが文法や単語を覚えることで、

アウトプットが英語を実際に使ってみる
といった感じです。

アウトプットをすることで課題点が見え、
インプットの基礎学習で何をすれば良いのかがわかります。

おすすめの英会話学習についても
別記事でまとめました。

【参考記事】:英語ができない人のおすすめのオンライン英会話【まとめ】

大学受験用の問題集は説明文のレベルが高い【基礎がないとわからない】

man snow skiing during daytime

大学受験用の問題集は基礎がないと日本語の説明自体が
ちんぷんかんぷんで終わります。

自分は形式主語とか出てきた瞬間に
英語の勉強を諦めたときがあります。

日本語の説明がもはやわからない

大学受験用の文法書の説明文は、
よくわからないネーミングがつけられてたり、
難しい日本語の言い回しで説明されているため、
理解が難しいです。

基礎が身についてきたら大学受験用の問題集を使おう

基礎が身についてきたら
大学受験用の問題集を使った方が賢明です。

日本語の説明は、ある意味国語力が
備わっているか否かがポイントですが、

英語の基礎力が身についてきた人は、
例文を見ただけでどのような文法構成になってるのかが
理解できるようになります。




まとめ:上級者もわからない単語が存在する【文法はマスターしてます】

Woman Writing on Dry-erase Board

ぶっちゃけ上級者もわからない単語なんてたくさんあります。

日本語でもわからない単語があるなら英語ももちろん存在する

話が脱線しますが、
大学には様々な学部が存在します。

どの日本人も各専門分野の日本語は
難しいものです。

単語の意味から調べないと理解できないものも存在します。

英語も全く同じです。
上級者でもわからない英単語が山ほどあります。

語学に終わりはない【出会った難しい単語は都度覚える】

語学に終わりはありません。
たとえ、TOEIC990点満点を取得したとしても、
そこからスタートだと述べる人もいます。

難しい単語はその都度覚えることで
日々進化していくことができます。

英語文法&身近な単語→会話やライティングでアウトプット

まとめますが、
英語を早く身につけたいのであれば、

まずは、
英語の文法と身近な単語を身につける。

そして会話やライティングでアウトプットを
していきながらわからないものはインプットで
文法や単語を覚えるという繰り返しをしてください。

苦手な科目から得意な科目にするための
第一歩を歩みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です