エアライン業界へ就職のためのTOEIC勉強法【スコア別の会社比較】

こんにちは。ケントです。

TOEICのコンサルを行い、
日系大手の航空会社への内定を
複数名、輩出しました。

先日、このようなツイートをしました。

就活でも人気である
航空会社への就職は英語ができないと
仕事ができません。

そして英語ができることを証明するには
TOEICの点数が必要になります。

エアライン業界へ就職のためのTOEIC勉強法【スコア別の会社比較】

 

①どこの航空会社へ就職したいのか

②TOEICをまずは受けよう

③目標スコア・現在のスコア・日数を逆算

 

エアライン業界へ行きたい人がすべき
TOEICの勉強の流れはこんな感じです。

1つずつ説明していきます。




①どこの航空会社へ就職したいのか

Condor Airplane on Grey Concrete Airport

航空会社によって求めるスコアが違います。

日系大手は600点以上

日系大手は基本的に600点以上を取得しないと
エアライン業界から門前払いされます。

英語が苦手だけどCAやGSになりたい人にとって、
TOEIC600点は大きな壁に見えると思います。

しかし、TOEICは600点であれば、
テクニックや解き方を磨けば突破できたりするので
決して不可能な数字ではありません。

英語の勉強法について記事をまとめているので
参考にしてみてください。

595点でもTOEICフィルターで不採用通知

600点に近ければ受けることができると
思う人はいるかもしれませんが、

595点でも面接にたどり着くことはできません。

これはTOEICフィルターを用いているので、
必ず600点以上でないと受けれない仕組みになっています。

MARCHより下のレベルの大学の就活生は
自動的に不採用にする学歴フィルターと同じです。

有名大手の航空会社でなければ求めるスコアは低い

有名大手の航空会社が求めるスコアは
比較的高めです。

しかし、あまりメジャーではない航空会社であれば、
TOEICのスコアが低くても就職はしやすいです。

日系大手航空会社を狙っていない人は、
その会社の志望動機や自己PRなどを
何度も見直す方が良いです。

②TOEICをまずは受けよう

Girls on Desk Looking at Notebook

結局スタート地点を知らないと勉強しようがないです。

TOEICはスコアによって勉強法が変わる

TOEICはスコアによって勉強法が変わります。

300点しか力がないのに800点向けの
勉強をしてもちんぷんかんぷんですし
モチベーションも下がります。

まずは、今のスコアの立ち位置を
明確にするために、

試しに受けてみることで
スタートラインが把握できます。

出したスコアを元にどこのPARTを重点的に勉強すれば良いか決めよう

出したスコアを元に、正答率を割り出すと、
どこのPARTが弱いのかが見えてきます。

ここで弱いPARTを正確にわかることで、
あとはスコアを上げる勉強法を熟知し、
量を重ねればスコアは上がります。

勉強法と解き方を知ってとことん量を重ねるべき

TOEICの勉強法を勘違いする人は、
大学受験でやっていた勉強をもう一度したり、

もっと酷い人は、
ただひたすら英単語を眺めていたり、
とりあえず洋楽や洋画を見たりする人です。

勉強法と解き方を知って、
あとは並行して量を積まない限り、
目標スコアに永遠に到達することはないです。

③目標スコア・現在のスコア・日数を逆算

Top View of Man Holding Android Smartphone Near Macbook and Newspaper

今の状況を数値化すると目に見えやすくなります。

目標スコア【航空会社基準】

まずしないといけないことが目標スコアを決めることです。

目標がないと何事もしんどいです。

外周をあと10周で終われるのか、
コーチが終わりと言うまで走り続けるだと

圧倒的に前者の方が楽に見えます。

行きたいと思う会社の規定スコアを基準に
目標スコアを出すことから勉強が始まります。

現在のスコア【TOEICの問題集・模試】

目標スコアが出せたら、
現在のスコアと照らし合わせてください。

この時点でまだTOEICの点数がわかっていない人は、
公式問題集や模試を受けてスコアを出してください。

 

created by Rinker
¥3,024 (2019/05/24 19:10:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

これらの模試は実際の試験とほぼ同じか
少し難しいレベルなので、

この模試で出たスコアが
実際のスコアと思っても問題ないです。

前述した通り、今のスコアがわからないと
スタートができないので、

今すぐ受けるようにしてください。

公式テスト返却日と試験日から今日までの日数

公式テスト返却から今日までの日数で
あとどれくらいの時間が残されているのかを明確にしましょう。

残された時間を数えないと、
時間はまだまだあると勘違いしてしまうので、
絶対にしてください。

航空会社に提出する日までにスコアがないとダメなので、

提出日より前のスコアが郵送される日から
今日までの日数と、

最後のチャンスであるTOEIC試験日から
今日までの日数を出してください。

これをすることによって
一日を大事に勉強ができるようになります。

英語以外の言語を身につけると無双できる

Kick Chess Piece Standing

TOEIC600点以上の人は多言語を勉強するとPRになります。

英語以外の言語を使えることで差別化ができる

TOEICの点数は既に600点以上を超えているという人であれば、
他の言語を身につけると武器になります。

英語を身につけたことがある人であれば、
他の言語を勉強するとなったとしても、
どこから始めれば良いかが感覚的にわかっているので
言語習得が早くなります。

多言語(マルチリンガル)になるための勉強法についても
別記事でまとめたので見てみてください。

【参考記事】:マルチリンガルに進化するための勉強法【多言語マスターへ】

言語は行きたいと思う外資系企業に合わせよう

言語は行きたいと思う外資系企業に
照準を合わせてください。

エミレーツ航空に行きたいのに韓国語を身につけたりしても
あまり需要がないです。

また、英語ができての多言語なので、
英語がまだ身についていない人はTOEICでハイスコアを取ってから
勉強するようにしましょう。




まとめ:言語ができる=内定ではない

person holding Fluent City book

言語だけで内定が決まることはありません。有利になるだけです。

TOEICは最初の関門のみ【どの業界も共通】

TOEICスコアが高ければどこの企業でも内定を
勝ち取ることができる!みたいな雰囲気がありますが、

世間が言っていることが
学歴があればどこにでも行けると同等のレベルです。

確かに有利だったりしますが、
あくまで資格なので有利になるだけです。

また、会社は個人で働くものではなくて、
既存の社員とも協調性を持って働かないといけないため、
TOEICスコアや学歴が高くても、怠慢な性格だったりすれば、
内定からは遠くなります。

エアラインの面接で求められることをリサーチ

エアラインの面接で求められることを
リサーチしてください。

学生時代に力を入れたこと、志望動機、自己PRは
どこにでも聞かれることですが、

エアラインならではの質問があったりします。

これは実際に受けた人から聞いてみると
対策ができるので、自分の学校の先輩や
エアラインスクールに通っているのであれば、
講師の人に聞いてください。

言葉遣いは習慣化しよう

エアライン業界は客観的に見ても
言葉遣いが非常に丁寧です。

お客様と会話をするので徹底している証拠なのですが、
面接でも汚い言葉遣いだと面接で落とされます。

これは日頃の習慣で意識していないと難しいので、
言葉遣いは毎日徹底するようにしてください。

TOEICだけで夢のエアライン業界に内定をもらうのは
難しいですが、早めの対策と努力量を重ねれば、
必ず夢は成就します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です