勉強のモチベーション維持&アップ方法【受験生におすすめ】

こんにちは。ケントです。

中高生の時には勉強が嫌いで
モチベーションも上がりませんでした。

しかし、あることをきっかけに
勉強をするようになりました。

勉強のモチベーションは上がったり下がったりですが、
体調が悪くても維持できるようになりました。

先日、このようなツイートをしました。

とりあえず頑張りますって言う人は、
基本的に言わされた人です。

このような人は、
ほとんどの人が挫折して、
教材をなくす人しかいません。

勉強のモチベーション維持&アップ方法【受験生におすすめ】

 

①具体的な目標を立てよう【数字は重要】

②過去の勉強を振り返ることを日課にしましょう

③今やめたら全て無駄になるという気持ちを持て!

 

勉強のマインドセットはこんな感じです。

ツイート内容と合わせて1つずつ説明していきます。




①具体的な目標を立てよう【数字は重要】

Jogging Man Wearing Blue Shirt during Daytime

数字がない目標は目標とは言えません。

数字がないと苦しい

「外周10周走る」

「外周を頑張って走る」

この両者を見た時に
どちらがやる気を出して実行できるかと言うと
大半の人が前者だと思います。

目標を設定する時には、
具体的な数字を設定しないと挫折します。

例えば、

「毎日勉強する」

「勉強頑張る」

「苦手な英語を克服する」

意気込みは良いかもしれませんが、
数字が入っていません。

こういった目標設定だと、
ゴールが目に見えていないため、
目標達成ができているかどうかもわからないので
ほとんどの人が挫折してしまいます。

目標値との距離感がわかる

数字を用いた目標設定をすることで、
今の現実とのギャップが瞬時にわかります。

TOEICで言うならば、
勉強前は400点のスコアに対して、
目標点数が700点、
そして現在の点数が500点であれば、
あと、200点足らないという感じでわかります。

そしてこの200点をどのようにして
スコアを取っていくかという感じで何をどのようにしていけば良いかが
目に見えてわかるようになります。

達成数字・期限・今日の取り組み時間を記そう

数字がないと目標を見失い、
挫折してしまうことはわかった中で、

何の数字を出していけば良いのかと言うと、

・目標としている数字

・いつまで達成するかの期限

・目標に対して今日の取り組み内容とその時間

はモチベーションに直結するので
絶対に書き出すようにしてください。

これらの数字を出さない限り、
モチベーションを維持、またはアップすることは不可能です。

②過去の勉強を振り返ることを日課にしましょう

Person Holding Empty Book Near Pen and Shears With a Cup of Tea

辛い時に過去の勉強時間が支えてくれます。

見返すと今までの努力が実感できる

過去の勉強時間や内容を見返すことによって、
今までの努力を実感することができます。

スポーツにしても勉強にしても
結果が出てこないと諦めたくなるのが
当たり前です。

今までかけた時間や
少しの変化を見ていくことで、
今までの努力や初めて成長を感じた時の
感動を思い出すことができます。

スタートとゴールの距離感の変化

過去に記した勉強時間や
スタート地点の実力を比較したりすると、

ゴールとの距離がわかりやすくなるので
非常に有効です。

距離感を掴めるだけでも
勉強を継続できるモチベーションアップが
できるようになります。

モチベーションが下がってきた時に確認すると効果あり【記録は後の資産】

モチベーションが下がった時に
今までの記録を見た時に効果ありです。

モチベが上がっている時に確認したところで
あまり効果を感じられはしませんが、
下がった時に見返すと、

”勉強しなくては!”

となります。

この時点で記録がなかったりすると、
今までの努力が目に見えないので、
かけてきた時間や金を実感できないので
モチベーションを再び上げるのが難しくなります。

③今やめたら全て無駄になるという気持ちを持て!

to be continued sigange

ある程度続けてみて振り返った時に、今やめたら後悔するという気持ちが芽生えます。

今やめたら一生後悔するという気持ちを持とう

前提として、
時は金なりということわざを肝に命じてください。

そしてその中で
モチベーションが下がった時に、
ある質問を自問自答をしてください。

その質問とは、

”ここでやめて5年後、10年後、本当に後悔しないだろうか?”

という問いをしてください。

今までかけた時間と金をドブに捨てることになる

ここでやめると、
シンプルに今までかけてきた時間やお金を
ドブに捨てることになります。

受験生であれば、
自分で稼いだお金ではなく、
両親が投資してくれたお金を無駄にすることになります。

時間とお金以外に、
両親を始めとする応援してくれてる人の期待を
裏切ることになります。

応援してくれる人の期待に応えよう【結果を出すことが最高の恩返し】

何で恩返しできるのかと言ったら、
それは結果を出すことです。

「練習は嘘つかないって言葉があるけど、考えてやらないと普通に嘘つくよ。」

From ダルビッシュ有

結果を出すことにフォーカスすれば、
勉強の質も自然に向上していきます。

そして他者のために頑張る、
期待を裏切りたくないから頑張るという気持ちになれば、

モチベーションが下がったから勉強できないという問題は
完全に解決されると言っても過言ではありません。




初めての試みなら、少しやってみて楽しいと思った時に量を増やそう

Barbell on the Floor

少しやってみて、楽しいと思えたりしたらどっぷりとやり切りましょう。

試食してみて合わなかったら買わなくていい

少し話が脱線しますが、
スーパーに行けば試食コーナーがあります。

試食してみてとんでもなく美味しいものであれば、
購入するかもしれませんが、
不味いものであれば買う人はいません。

何か新しいことに挑戦しようと考えている人は、
一度体験してみて、楽しいと思ったら圧倒的な量を重ねましょう。

面白くなかったら、たとえ世間的に重要でも
やらなくていいです。

例えば、英語を勉強しないといけない風潮が日本にはありますが、
英会話を試しにやってみて楽しいと思えなかったらやらなくていいです。

義務感で勉強したところで絶対に長続きはしないですし、
しんどいだけです。

楽しいと感じた時に量を重ねると勉強の質がUP

楽しいと思った時に量を重ねると、
勉強法のアイデアが溢れるばかりに出てきます。

自然にPDCAサイクルが回るので、
勉強の質も向上していきます。

楽しいと思った時には、
圧倒的な量を重ねるようにしましょう。

まとめ:継続が全てです。【積み重ねが大事】

White and Red Piled Sticks

モチベーションを保つにはただただどんな時でも継続することです。

結局は継続できるかどうかで全てが決まる

色々と述べてきましたが、
全てはモチベーションに左右されず、
継続できるかどうかで結果が出るか出ないかで道が分かれます。

モチベーションを維持・UPする方法とタイトルには書きましたが、
プロフェショナルの人間にとっては、
頭の中にはモチベーションが下がったから今日はやらないという
思考はありません。

体調が悪かろうが、精神的にしんどいだろうが関係ありません。

ただただ継続していった先に
目標としている結果に到達することができます。

孤立すると挫折しやすい【同じ意志を持つ仲間を作ろう】

それでもモチベーションが下がりやすい。。

そんな人は、同じ目標に向かって走っている人と
一緒に取り組むようにしていきましょう。

孤独に走っていると、
自分では解決できない問題に出会うと、
精神的に強い人間でないと挫折します。

コミュニティに属すると、
問題が立ちはだかってもすぐに解決できるので
成長は早いです。

積み重ねた先に理想の未来が必ず存在します。

勉強量を積み重ねていったその先に、
必ず理想とする世界や未来が存在します。

理想の未来とは、
何もしていなければ達成することはありません。

何もしないと叶わないものだからこそ
理想というワードが存在します。

モチベーションに左右されずに行動するのは
難しいかもしれませんが、

成長が目に見えてくると自然に継続できるようになります。

理想の未来へ近づくために、
今日も頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です