大学編入試験の難易度を乗り越えよう【高学歴チケットをGET】

こんにちは。ケントです。

常にやらない後悔よりもやって後悔をする
選択をするようにしています。

先日、このようなツイートをしました。

大学編入の難易度は
普通の大学受験よりも門戸がかなり狭いです。。

特に難関大学になれば、
若干名の合格枠しかありません。

たまたまインフルエンザで本調子が
受験で出なかった人が受かるという雰囲気があります。

大学編入試験の難易度を乗り越えよう【高学歴チケットをGET】

 

①大学編入の難易度【いばらの道です】

②予備校には通うべき

③英語はTOEICを選択しましょう

 

難易度が高いと言われる大学編入試験を
合格するための方法について書いていきます。

この記事を書いている私は、
実際に大学編入の予備校にも通っていましたし、
編入のコンサルティングやオンライン面接などを行いながら
サポートをしていました。

それではツイート文を深堀りしながら
1つずつ説明していきます。




①大学編入の難易度【いばらの道です】

man walking on road at daytime

大学受験入試よりも遥かに大学編入の難易度は高いです。

倍率が高い【募集は若干名のみ】

大学編入は、大学入試で合格したものの、
併願受験の学生が辞退したことによって生まれた枠です。

そのため、もともと正規で募集している大学受験の時よりも、
門戸がかなり狭いです。

難易度が高い大学ほど、
若干名の募集なので、本当に優秀な人でない限り、
内定を手に入れることは難しいと言っても良いです。

転部だとより難易度が高くなる

転部だと難易度がより高くなります。

これはなぜかというと、
共通試験である英語はともかく、

専門科目になると、その大学に同じ学部がなければ、
学べる環境がそもそもないので独学では難しいです。

本当に優秀な人でないと合格できない

本当に優秀な人でないと、
大学編入で合格するのは難しいです。

ここで言う本当に優秀な人というのは、
紙のテストの結果はもちろんのこと、
面接での口頭試問などの答え方や知識の有無も含まれます。

大学側も良い人がいたら合格を出そうという感じなので
決してウェルカムではないです。

②予備校には通うべき

man and woman sitting on chairs

編入で大学編入を狙うのであれば予備校へ行くべきです。

編入するなら予備校へ行くべき

大学編入をするのであれば、
間違いなく予備校へ通うのがおすすめです。

特に転部になると、
何から勉強すれば良いかすらわからないので
行動したくてもできない状況から抜け出せません。

大学編入の予備校については
別記事でまとめたので見てみてください。

大学編入をしたいなら予備校へ通うべき3つの理由【環境を変えよう】

合格のための勉強ができる

予備校へ行けば、
合格のための勉強をすることができます。

なので効率良く勉強もできますし、
困ったことがあれば数多くの有名大学へ
送り出してきたエキスパートな講師に聞いて
すぐに解決できます。

ノウハウとモチベーションUP

大学受験で予備校へ通っていた人なら
わかるかもしれませんが、

同じように編入を目指す学生がたくさんいるので、
モチベーションがアップします。

また、編入でのノウハウを予備校で身につけるだけでなく、
受験生間で情報交換もできるので
行きたい大学への編入が近づきます。

③英語はTOEICを選択しましょう

Bible scripture with book mark

英語はTOEICを選択する方が賢明です。

TOEICだと受ける大学数が増える【並行使用】

大学独自のテストを完全に廃止し、
代わりにTOEICの規定スコアを定め、
公式試験のスコアの提出を求める大学が増えつつあります。

これは英語がオリンピックなどの影響から
需要が増えつつあります。

そのため大学独自では本当の英語力が測りにくいということや
コミュニケーションに特化された試験ということで
TOEICが採用されています。

受ける大学独自のテスト対策は効率が悪い

独自の試験を採用している大学は
正直効率が悪いです。

効率が悪い理由として、

・複数校受けるとなると各大学に合わせて勉強しないといけない

・英語の勉強を試験ギリギリまで行わないといけない

・過去問を手配しないといけない

こういった手間がかかるので
デメリット要素が多いです。

この大学でないとだめという時以外は
独自試験を採用している大学はやめた方がいいです。

TOEICのスコア上げるのは簡単です【600点までなら取得可能】

大学受験と違うテストということで、
編入学受験生はTOEICのスコアが規定のスコアに届くかどうかという
不安をよく抱えます。

しかしTOEICのスコアが上げるには
至難の技ではありません。

ほとんどの大学は600点程度のスコアを求めるところが多いですが、
600点なら基礎的な英語力があれば解き方や勉強法を実践すれば
スコアは上がります。

TOEICの勉強法まとめ【残業で時間がない会社員が教えます】

大学1年なら仮面浪人がおすすめ

pile of books beside white printer paper and black ballpoint pen

大学1年なら仮面浪人の方が合格確率が高くて且つローリスクです。

仮面浪人なら合格枠も多く、大学受験の勉強が活かせる

もし現役で大学に進学したのであれば、
編入ではなく仮面浪人として再チャレンジする方が賢明な選択です。

編入はただでさえ合格枠が少ないので、
枠が多い大学受験に向けて仮面浪人をした方が
合格率は上がります。

1年の浪人なら問題ない

仮に合格したとしたら、
1年の浪人をした状態になります。

しかし、今の時代は1年の浪人は普通なので、
就活で大きな問題になることはありません。
寧ろ、チャレンジする精神を認めてくれる人は多いです。

また、仮に落ちたとしても
今の大学を在籍しているままなので
大きな影響は特にないです。

精神的に余力があれば、
大学編入試験にシフトすることも可能です。




まとめ:大学院に進学して学歴ロンダリングはやめましょう【金と時間の無駄】

Silver and Gold Coins

大学院で有名大学へ進学する目的を考えましょう。

文系の大学院は特に需要がない

大学院で挽回するという考えがあったりしますが、
ぶっちゃけ需要はないに等しいです。

特に文系の大学院進学は、
就職に関してだと有利になることはないに等しく、
私立であれば余計にお金を払うことになります。

無名大学→有名大学院だと学歴ロンダリングと思われやすい

有名大学院への進学は
大学受験とは違って、比較的容易にできたりします。

特に無名大学から有名大学院への進学であれば、
周りから見れば学歴ロンダリングと見られます。

大学院へ行ったから給料が跳ね上がることはありません

大学院へ行けば給料が上がるような雰囲気がありますが、
そんなことはないです。

新卒の給料で大卒よりも若干高かったりしますが、
大学院での授業料でどちらかと言うとマイナスになります。

大学院へ行きたいのであれば、
本当に1つの分野に対して追求したいというのであれば、
進学しても研究したことに関連する就職先があったりします。

中途半端な気持ちで大学院へ行くことは
マイナスにしかならないので大学院は必要なのかどうかを
考え抜いてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です