勉強でモチベーションを上げる方法【非常に簡単】

こんにちは。ケントです。

英語学習は毎日10分だけでもいいので
勉強を続けてました。

当然モチベーションに左右されて
しんどい時がありましたが、
英語ができる人という枠に参入することができました。

先日、このようなツイートをしました。

英語に限らず他の科目でもモチベーションは
ハイ・パフォーマンスを出すのに
大きく妨げになります。

勉強でモチベーションを上げる方法【非常に簡単】

 

①勉強する目的を見直そう

②勉強スタート時のレベルを振り返ろう

③小学校・中学校・高校・大学の時間には戻れないことを認識しよう【時は金なり】

 

天気が雨だった場合だと
なぜか気持ちは萎えます。

今日もブログを書いてますが、
雨なので気持ちが萎えてます。

ただし、どんなにしんどくても連続更新ができているのは、
上記の方法を知っているからです。

ツイート内容と合わせて1つずつ説明していきます。




①勉強する目的を見直そう

Person Pointing on White Textile

目的を見直すことで奮起することができます。

なぜ勉強をし始めた?【WHYを考えよう】

勉強をする目的を考えてみると
モチベーションをまた上げやすくなります。

動機が下がる人の共通点が、
なんのために勉強していたのかが
わからなくなったという人が多いです。

中学・高校生ならなかなか目的は見つけにくいですが、
基本的には進学する学校に合格するため、という目的を
思い出すのが一番です。

大学生や社会人は、勉強をしようと思った時のきっかけを
思い出すのがベターです。

楽しいと感じた時を思い返そう

勉強をしていて楽しいと感じた時を
適時思い出すようにしてください。

小学校の最初は簡単な問題が多かったので、
わかること=楽しい、になっていたはずですが、
年を重ねることで忘れてしまいます。

わかること=楽しい、と思えないのであれば、
勉強ができたことによって周りに認めてもらえるようになり、
自分自身の存在に自信を持てるようになった、といったことや
何かしら楽しい、快感と感じたことを思い出すようにしましょう。

開き直ることが大事【何事も挑戦すると壁は存在する】

何かに挑戦するということは、
必ず失敗はついてきますし、壁にもぶち当たります。

簡単に物事が解決されれば、
誰でも東大に進学できますし、
スポーツであればプロ選手になることは可能です。

壁が現れたらその度に嘆くのではなく、
開き直って、ちょっとずつドリルで壊すようにしていきましょう。

ここで諦める人と継続できた人とで差が生まれます。

②勉強スタート時のレベルを振り返ろう

People Doing Marathon

勉強スタートした時のレベルを思い出してみましょう。

誰でも最初は0からのスタート

誰でも最初は初心者です。

始めて3日で上手くなったりする人は、
よっぽどの天才か漫画の世界にしか存在しません。

スポーツにしても勉強にしても
全員0からのスタートです。

スタートしてから今までの過程を振り返った時に、
様々な問題が立ちはだかってきたものを解決して
レベルアップしてきたはずです。

今もまさにレベルをさらにアップしようとしている時です。

成長するから挫折を味わう

挫折するという時は
試されていると思ってください。

成長しようとしない者に”挫折”に出会うことはないです。

勉強をしていて挫折を感じたら、
成長しようとしている時だと感じてください。

今やめたら今までの努力が水の泡になる

今やめたら全て無駄になります。

・勉強にかけてきた時間

・勉強にかけた教材費

・周りの期待

全てが綺麗さっぱりなくなります。

やめた時はさっぱりしてしまうかもしれませんが、
5年後、10年後を振り返った時に後悔するのがオチです。

③小学校・中学校・高校・大学の時間には戻れないことを認識しよう【時は金なり】

Black Analog Watch

過ぎ去った時間は帰ってきません。

後悔した出来事を思い出してみよう

今まで生きてきた中で、
必ず後悔をしていることが1つでもあるはずです。

勉強に限らず、友人関係や恋人関係、
人生の選択、何かしら後悔していることはあるはずです。

後悔した出来事があれば、
2度とこのような思いはしたくないと思うはずです。

この思いを常に持っていると、
モチベーションが下がったから今日はやめようとはなりません。

なぜならもう2度とあのような思いはしたくないと
思えるはずだからです。

残念ながらまだタイムマシンは開発されてません

残念ながら今の時代に
タイムマシンは存在しません。

なので今の現実を過去に遡って
変えようということは不可能です。

過去を変えることは無理ですが、
これから先の未来を変えることは可能です。

未来を変えるには今の行動次第

5年後、10年後の未来を変えるには
今何をすべきかで全てが決まります。

常に未来から現在に戻ってきて、
過去を変えている感覚で勉強するようにしましょう。

自分は中学高校の時に勉強すればよかったと
深く深く後悔しています。

タイムマシンがあれば、300回くらい勉強しなければいけない理由を
過去の自分に語りたいと思っているくらいです。

本記事をご覧になっている方も
10年後から現在にタイムスリップしている感覚で
未来を書き換えるように意識しながら勉強すると、
目的意識を持ちやすくなります。




プロはモチベーションに左右されない【プロ精神になろう】

Couple Walking on Street

プロはモチベーションが上がらないから、
という理由で練習をしないことはないです。

プロは気持ちで左右されない

余談ですが、その道のプロで生きている人は
気持ちで左右されることはないらしいです。

なぜなら食うか食われるかの弱肉強食の世界だからです。

特に野球やサッカー人口は日本中に多く、
その中でもプロ野球に入れるのもごくわずか。

そしてさらに1軍で試合に出れるのもさらに絞られます。

プロ選手が今日は気持ちが乗らないからやめようと言った瞬間、
その選手はプロ失格ですし、
クビになるのも時間の問題です。

勉強もプロフェショナルを意識しよう

勉強もプロ意識を持ちましょう。

自分は普通でいいや。。

そんなことはないです。

1番を目指してください。
目指さなければ人生は終わると危機感を感じてください。

プロ意識を持つことによって
モチベーションが下がったから今日は勉強しないということは
なくなりますし、自分自身が成長することができます。

まとめ:今日サボったら5年後に苦労し、一生後悔します

person in knit cap sitting on wooden bench in front of body of water during daytime

サボった分自分に跳ね返ってきます。

借金と同じです。借りた分以上に債務を抱えます。

サボった分、人生単位で跳ね返ってくるのが世の中

勉強をしないとしなかった分、
自分にツケが回ってきます。

 

楽をすればするほど、将来困ることになる

 

親御さんに言われている人は多いと思いますが、
まさにその通りです。

楽をすればするほど、その分勉強をしないと
借金のように膨れ上がります。

理想の未来に向かって勉強しよう

自分にとっての理想の未来は何ですか?

理想とする未来に向かって、
今すぐ机に向かって勉強しましょう。

今この瞬間で動き出せない人は何も変わることはありません。

意識が変われば行動も変わります。
そして最終的には人生単位で変わり、
理想の未来を手にすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です