大学生は1人暮らしよりも実家暮らしの方が良い3つの理由【経験談】

こんにちは。ケントです。

学生生活は1人暮らししたのは
イギリスで留学していた時くらい。

日本では1時間目に授業が入っている時は
朝の4時半に起床し、5時半の電車に乗っていました。

到着がちょうど8時30半から8時45分なので、
これだけ早く起きてもちょうど良いくらいでした。

先日、このようなツイートをしました。

大学生になると憧れの1人暮らしと夢見る人は多いですが、
ぶっちゃけ実家暮らしの方がメリットは多いです。

大学生は1人暮らしよりも実家暮らしの方が良い3つの理由【経験談】

 

①金銭的な面【仕送りはダメージが大きい】

②早朝の電車で勉強すると効果が大きい

③食事に困ることがなく規則正しい生活が送れる

 

実家暮らしの方が良い理由はこんな感じです。

ツイート内容と合わせて1つずつ説明していきます。




①金銭的な面【仕送りはダメージが大きい】

closeup photo of 100 US dollar banknotes

親に負担をかけることになります。

一番の負担は家賃

なんと言ってもお金が一番かかるのは
住むところです。

家賃は3万円で済むようなところも中にはあったりしますが、
基本的に都心部の大学であれば、
5万円以上はするのが当たり前です。

女性であればオートロックの場所を選ぶ人も
多いと思いますが、なかなかコストを抑えられる物件は
少ないです。

光熱費も意外と大きな負担になる

光熱費も1人暮らしと言えど、
暑いシーズンや寒いシーズンだと使用頻度も増えるため、
お金がかかります。

オール電化だとコストを抑えられたりすることは
可能になったりしますが、
学生にとっては隙間時間でのバイトなので
賄うのは難しいです。

結局、親御さんが支払うことになるので、
家賃と光熱費で毎月お金がかかることになります。

生活費【バイトでは賄えない】

地域によりますが、
普通のアルバイトでも時給が低かったり、
講義の時間によってはシフトに入れない人もいます。

生活費は稼ごうと思えば、
稼ぐことは難しくはありませんが、
その分、疲れて授業に出れなくなってしまったり
することで本末転倒に終わってしまうパターンは多いです。

バイトで生活費を賄うとなると、
節約を心掛けないと難しいです。

②早朝の電車で勉強すると効果が大きい

Selective Focus Photography of Woman Holding Book

早朝+電車での勉強が能率を上げます

朝の勉強は一番頭が働いている時【脳科学】

朝は一番頭が働いている時と
脳科学的にも言われております。

なので一番集中することができる
ピークの時に勉強することができます。

自分の場合は、留学するためにも
英単語を覚えるようにしてました。

電車の中だからこそ集中できる【ベスト環境】

集中できる状態で且つ、
電車の中で勉強することにもメリットがあります。

電車で勉強するのはなぜ良いのかというと、
あと〜駅で到着するという気持ちが少なからず出てくるので、
だらだらとするのではなくテキパキとメリハリをつけた勉強が可能になります。

短い時間でも
集中できる空間が電車です。

しかし満員電車だと難しいので、
朝が早い時だと誰も座っていないので
ゆったりと勉強ができます。

早朝の電車は人が少ない

早朝だと当たり前ですが人は少ないです。

特に今は働き方改革と言われているので、
朝の出社時間を早くしていると注意を受ける世の中に
なってきているので、余計に人は少ない現況です。

実家暮らしだと通勤時間に苦痛を覚えるかもしれませんが
時間の問題であって、慣れることはできます。

③食事に困ることがなく規則正しい生活が送れる

Close-up Photo of Calendar

1人暮らしだと毎日の食事に困ります。

健康的な食生活が送れる

実家暮らしだと食事に困ることはありません。

どんな時でも帰ってきたら晩御飯が準備されており、
家庭によっては朝もご飯が用意されていたりする場合もあります。

1人暮らしだと食費の面で困る人は多いですが、
そういった問題も解決できます。

1人暮らしの大学生はコンビニ飯が多い

1人暮らしの大学生の食事は、
基本的に自炊ということではなくコンビニで飯を買う人が多いです。

最初は意気込んでご飯を作るように心掛けますが、
だんだんと面倒臭くなるのがオチです。

コンビニばかりだと食費もかかるので
コストパフォーマンスもよくありません。

大学生だからこそ健康的な生活を

大学生になった途端、太る人もいれば
ガリガリに痩せる人もいます。

これは決定的に健康的な生活ができていないことが
原因によるものが大きいです。

大学はお金を払って通っているので、
健康面に欠如すると授業にも出席できなくなったりといった感じで
本末転倒です。

料理ができない人は実家暮らしが間違いなくベストです。




1人暮らしは不真面目な学生が多い【比較結果】

Person Waving Hands in Front of Lighted Stage

1人暮らしをする人は不真面目な学生が比較的多いです。

大学から徒歩5分でも遅刻

これはあくまで比率的なところですが、
基本的に大学から徒歩5分の立地であったりする人ほど、
授業をサボりがちになりやすいです。

1人暮らしを始めると基本的に
全て自己責任でやりたい放題なので
歯止めが効かない人は留年になったりと
いったことはよくあります。

自分の周りは大学から10分以内の
アパートやマンションに住んでいるのにも関わらず、
1時間目の授業を休む人が多かったです。

毎日遊んでばかりの生活【ギャンブルにハマる人は多い】

中にはバイトで貯めたお金を
パチンコなどに溶かしてしまう人も
ちらほらと見ることになります。

もともとギャンブル好きの性格の人だったこともありますが、
ゲームで買ってお金が増えたことに楽しさや楽して稼げると勘違いしてしまい、
どっぷりとハマっていく人も多いです。

借金をする人もいたりするので、
人生そのものが破綻に向かう人もいます。

まとめ:実家から大学まで3時間なら1人暮らしよりも実家暮らし【断然良い】

white and red train indoor view

真面目な学生生活を送りたいなら実家暮らしがおすすめ

バイトは土日にめっきりやろう

実家暮らしだとバイトができない人はいますが、
そんな人は土日にモリモリとすることをおすすめします。

今だとバイトではなくても
フィークル by CrowdWorksとかで高単価の在宅ワークも
できたりするので距離や場所は関係ない時代に
突入しようとしています。

実家だとお金は溜まりやすいので、
土日にバイト、平日はフィークル(feecle)なので講義の合間でリモートワークをしたりすると
お金は溜まります。

登録はもちろん無料なので
おすすめです。

就活前になるくらいに1人暮らしまたはシェアハウスがおすすめ

大学生であれば、後々は就職活動とぶつかる時がきます。

就活になると、基本的に地方出身の学生は
交通の便で不利になりやすいのが実情です。

なので、そんな時にはシェアハウスや安いアパートを契約して、
就活をする方が、移動で遅くなったりする問題を解決しやすいので
賢明な選択です。

学生の就活は一生に一回きりしかないので、
ここは自分への投資と思って行動しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です