就活でよく聞く企業研究のやり方【内定を掴むための企業研究】

こんにちは。ケントです。

就活では企業研究は欠かせないです。

自分はホームページにあるような
表面的な情報しか追えてませんでした。

Fラン大学生でも企業研究をきっちりできれば、
大手企業の内定は掴めます。

なぜなら大して企業研究をしていなかったのにも関わらず、
上場商社に勤めることができました。

先日、このようなツイートをしました。




就活でよく聞く企業研究のやり方【内定を掴むための企業研究】

Person Holding Blue and Clear Ballpoint Pen

就活の企業研究は、この会社でないとダメな理由を探すためのもの。

薄っぺらい情報は熱意も伝わらないです。

やり方は、とにかくOB訪問などで内部の人とのコネクションがあるかです。

インターネットにある情報なんて誰でも手に入れることができるので
人と会って聞いた情報であれば熱意はPRできます。

恋愛で言うと、この人でないとだめな理由です。

表面的な情報(大手だから、給料いいから、福利厚生いいから)といった感じだと
必ず落とされます。

説得性のある企業研究のやり方を
Fランから上場大手企業に内定した経験から書いていきます。




①企業研究のやり方【業界リサーチをしよう】

Macbook Pro Beside Spiral Notebook

企業研究のやり方は、業界リサーチから始まります。

業界から詳しく調べよう【全てはマクロ視点から】

最初にすべきことは、いきなり企業のことを調べるのではなく、
業界知識を身につけた方がいいです。

企業のことを勉強しようとしても
ちんぷんかんぷんで時間だけが過ぎてしまうだけになるので、
どういった業界なのかを見ていきましょう。

業界については何冊も購入する人が多いですが
たくさん手に入れる必要はありません。

created by Rinker
¥1,296 (2019/05/24 20:22:36時点 Amazon調べ-詳細)

この書籍は日本に存在する様々な業界について1冊にまとめており、
カラー印刷でかなり見やすいです。

1つの業界に対して本を購入しても
テスト対策やES対策など結構忙しいので
業界についてざっくり知る、という感じがいいです。

業界のトレンドはググると割と情報はすぐに出てくる

本には基本的な内容が書いてますが、
業界トレンドは日々アップデートされています。

なので、最新トレンドとしてはどういったものなのか、
ということを把握するためにも、Googleでググってみましょう。

調べ方としては、「商社 最新情報」みたいな感じで
単純な検索の仕方でOKです。

インプットではなくアウトプットが大事な件

ありがちなのがひたすら知識を頭に叩き込むだけのパターンです。

知識を入れるのも良いですが、
基本的には仕入れた知識を人に説明したりといった感じで
説明する時間を増やすと理解力も上がります。

おすすめのアウトプットのやり方は、
同じ業界を目指している人と語り合ったり、
全く目指している業界が異なる友人に説明し合ったりすると
知識が向上していきます。

②企業研究のやり方【企業リサーチをしよう】

man and woman sitting on table

業界研究をある程度し終わったら企業リサーチに入りましょう。

業界での立ち位置を知ろう

業界の内容がある程度わかってきた後は、
自分が志望している企業について勉強していきます。

まず大手志望の人は、基本的に業界ナンバー1、2の
位置にいる場合がほとんどなので、
ここの理解をするところから始めましょう。

志望している会社が業界でどこの立ち位置なのかが
わからない時点で話にならないので、
前述した書籍やGoogleで調べてみたりしましょう。

競合他社との違いを見つけよう

志望業界が狭い人ほど、競合他社を受ける場合がほとんどです。

ぶっちゃけ競合他社との違いがわかっていれば
内定が決まると言ってもいいくらいです。

就活生にとって、競合他社との違いは
わかりにくい人がほとんどです。

なのでOB訪問なので内部の人間に、
会社の強みなどを聞いてみることをおすすめします。
ホームページに書いていない情報を教えてくれたりするとかなり強いです。

志望する会社の強みをリサーチ【推測を立てよう】

会社の強みをリサーチしていきましょう。

そしてただ調べるだけでなくて、
その会社に対して、売上傾向や株価などを
推測していくのもありです。

自分で推測を立てて、
その裏付けにはOB訪問などで行動しながら
自分の考えを持っていると、

“主体性があって自分の考えを持つ論理的な人”

という優秀なイメージを相手に植え付けることができます。

③企業研究のやり方【OB訪問or合説へ参加】

group of people sitting near round brown wooden table

現場で働いてる人の意見は重宝できます。

最新情報=現場の意見

最新情報は基本的にGoogleで調べると出てくると
前述しましたが、それはあくまで業界についてです。

企業の最新情報は、ニュースになると既に遅いです。

基本的には現場の人間から話を聞くようにしましょう。
現場の人間に聞くの方法は何度も言ってきましたが、
OB訪問しかないです。

ネットもいいけど知っている人は多い

有名大手になると株主云々のこともあったりするので
情報開示が早かったりします。

また、大手になればなるほど受験者数の母数も
増えるので、ネットで調べても差別化にはならないです。

また、ネットの情報=正解、ということでもないので
安易に鵜呑みにしてESや面接で話すと、
印象が悪くなる可能性も高いです。

OB訪問は必ずしよう【合説でもOK】

OB訪問はした方がいい、からしないとだめになりつつあります。

しかし、人によっては人脈がない人も多いです。

このような人は合説とかで
人事の人から名刺をもらうようにしてください。

連絡先さえもらうことができれば、
若手社員を紹介してもらえるケースもあります。




Fラン大学生こそ行動力を示そう【積極アプローチを推進】

person leaning on brown table

有名大学出身に勝つには積極性が鍵を握ります。

Fランだと人脈がないに等しい

Fランは有名大学と違って先輩社員が大手企業に
就職しているケースがないに等しい場合があります。

そのような方は、企業のHPとかでの問い合わせだったり、
合説で連絡先をもらう、といった行動をしてください。

熱意を見せるには志望動機で書いた文章よりも
実際に行動で示している方が伝わります。

行動できる=主体性をアピール【主体性は大きなPR】

最近の若者は主体性がない、
というように見られています。

なので就活でアピールすることによって
仕事でも積極的に仕事をこなしてくれる、という印象を与えることができます。

主体性は志望動機で書いたとしても、
企業側は信じない人がほとんどです。

論より証拠。
自ら行動して、企業とアプローチしながら
自分をPRしていきましょう。

まとめ:自己分析+企業分析で内定が手に入る【早期離職確率も低い】

black rolling chairs beside brown table

自己分析と企業分析で内定に近づきます

自分の強みが企業に対してどのように生かされるか

自己分析と企業分析をし終わったあとは、
どのようにしてその会社に貢献できるのかを明確化させましょう。

そんなすごいことはできない、と思うかもしれませんが、
企業は相手が学生だということは百も承知です。
なので細かいところでもいいので強みをアピールするようにしましょう。

この時に注意すべきなのが、
必ずなぜそのように思ったのか、を聞かれるので、
理由は事前に考えるようにしましょう。

企業事情を知ってると志望度が高く見られやすい

企業分析について書いてきましたが、
ネットに書いてない情報を現場の人間から話を聞いた、ということを言えば、
シンプルにその企業に対する熱意は高いものと見られやすいです。

志望動機の文面にも、
OB訪問などで得た情報を自分の経験などに
盛り込むことによって、説得力も高まります。

企業分析はサボると、
面接はいいとこ最終面接であっけなく落とされます。
なぜなら、最終面接は熱意を細かく見ていくので、
志望度が低い、と認識されやすいからです。

企業分析はきっちり事前に行うようしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です