就活面接の逆質問は志望度を伝えるチャンス【機会損失を避けよう】

就活中の学生

「就活が本格的に始まり、面接もした企業も数社あります。

面接を受けていると、

”最後に質問はありますか?”

と逆に質問をされます。
こういった質問は絶対に何か質問した方がいいのでしょうか?

質問をするにしても変なことは聞けないし。。
ベストな質問って一体どういったものだろう。。」

 

こういった疑問に答えます。

 

この記事を書いている私は、
Fラン出身で大手企業の就活をしてきた結果、
現在、大手専門商社に内定を手にすることができました。

 

就活面接の逆質問は志望度を伝えるチャンス【機会損失を避けよう】

man facing a woman

就活面接の逆質問は、
伝え方次第で志望度が高いことをアピールできますし、
志望度が低いことを露呈してしまう可能性もある博打的な要素があります。

当然、何もないだと不採用になる可能性の方が高いですし、
逆に給料や残業有無を聞いてもイメージが悪くなります。

逆質問に対して聞くべきことは下記の3つです。

 

①御社で活躍されている方の特徴を教えてください

②今の目標に対してどんなことを頑張っていますか

③仕事をしていて楽しいことや辛いことを教えてください

 

OB訪問をする上での流れや手順はこの3つです。
1つずつ説明していきます。

①御社で活躍されている方の特徴を教えてください

定番な質問ですが、その会社で活躍されている人の特徴を聞くことで、
頑張ろうという気持ちがあることを伝えることができます。

この質問は、どうしてもしたい質問がなかった場合や、
集団面接で聞きたいことを言われた時のカードとして
持っておくのもありです。

序盤の面接でどのようにPRするかにもよりますが、
意識が高い就活生と連想させることができます。

②今の目標に対してどんなことを頑張っていますか

この質問も若手でも中堅に対しても聞ける質問です。

これは各担当によって行っている仕事の内容も
大きく異なってくるので、目標の度合いも変わります。

1次面接をクリアし、2次面接であれば、
課長・部長クラスなので、
同じ質問内容をして、違いを比べるのもありです。

仮に、前にも同じことを聞いたよね、ということを
聞かれた場合は、若手と管理職の違いを知りたいと言えばOKです。

③仕事をしていて楽しいことや辛いことを教えてください

人によってはグレーな感じがしますが、
ワークライフバランスと言われるようになった今の世の中なら、
聞いても問題ないです。

ここで楽しいことがあまりにも抽象的だった場合は、
その企業で楽しいと思えるようなことがない=辛い、というケースもあります。

自分の志望する企業がブラック体質かホワイト体質かを
比べることもできます。




社長・役員クラスに対する逆質問

Selective Focus Photograph of Man Wearing Gray Suit Jacket

社長・役員クラスには、ポジションに合う質問をしましょう。

5年後・10年後の経営ビジョンを教えてください。

面接が進むと、社長・役員クラスの人間と面接をすることになります。

会社を動かしているのも、
結局は社長・役員なので、
会社単位のことを聞くのがベターです。

特に上場している会社であれば、中期経営計画といのが
ホームページで開示されているので、
その内容に合わせて聞くと熱意が高いことをPRできます。

経営陣から見て、御社の強みと弱みは何ですか?

経営陣から見る強みと弱みを質問するのも割とありです。

この強みと弱みは、自分が入社した場合、
活躍できるかどうかも見定めることができます。

例えば、弱みが海外対応人材が足りない、ということが弱みであれば、
英語を始め、多言語も対応可能な人材であれば
弱みをカバーでき、やりがいを感じることができます。

若手社員に望むことは何ですか?

これは直々に経営幹部からの要望を聞くことができます。

入社してからだと、交流する機会はないに等しいので、
この場で聞いておくと、入社してからも何をすれば良いのかがわかります。

また、この質問をされた側も、
この就活生は入社してからも頑張ってくれる、と直感的に感じます。

質問の回答にガチガチであった場合、
意識が高いことをアピールして挽回も可能です。




まとめ:逆質問ではなく、熱意を伝えるのもあり

woman holding microphone

志望する会社に対して熱意を伝えるのもありです。

再度、志望動機を言うのもあり

本当に行きたいと思う企業であれば、
再度、志望動機や熱意を伝えるのもありです。

評価基準が満たしていないと、
たとえ熱意を伝えても難しい場合がありますが、
満たしていた場合、内定に近づきます。

熱意を伝える時には、逆質問はない代わりに
想いを言わせてください、と断りを入れてから伝えましょう。

事前にその会社のニュースまたは業界のニュースを確認しよう【経験談】

その会社、または業界のニュースを事前確認をしましょう。

自分の経験を述べると、
最後に自分がその会社に行きたいという熱意を
伝えましたが、企業側も最後に質問をしてきました。

その内容が最近気になったニュースはありますか?
というものです。動揺して政治的なニュースを言ってしまいましたが、
後から確認すると面接を受けた前日に、
志望する会社がロシアの会社を買収するという記事がありました。

本当に熱意があるのであれば、会社のニュースくらいわかってるよね、
という見方だと思いますが、このようなケースもあるので、
本記事をご覧になっている方は必ずニュースは確認しましょう。

日経新聞を読んでいなくても、
「〇〇会社 ニュース」
「〇〇業界 ニュース」
とググると記事が出てきます。

ざっくりでもいいので内容を知っているかそうでないかで
かなり印象も変わるので気をつけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です