就活で提出するESはすぐに出そう【締め切り直前は厳禁】

就活中の学生

「春から新生活が始まります。

就活をしてると会社説明会の後に
ES(エントリーシート)を書いて、提出しないといけないのですが、

少しでも他の就活生と比較した時に有利になる方法があれば教えてください。」

 

こういった疑問に答えます。

 

この記事を書いている私は、
ESは100社近く提出しました。

もちろんFランだったということもあって、
ES自体が通らない時もありましたが、
大手企業の面接は50社近く受けることができました。

 

就活で提出するESはすぐに出そう【締め切り直前は厳禁】

Women's in Gray Turtleneck Sweater Pointing White Contract Paper

就活で必ず通る道。ES(エントリーシート)。
提出期限がもちろん定められてますが、
ギリギリに提出する志望者はぶっちゃけ落とされやすいです。

すぐに出さないといけない理由は下記の3つです。

 

①早い=志望度が高い

②企業は人材確保を早くしたい

③仕事ができるイメージ

 

ESを早く出さないといけない理由はこんな感じです。
1つずつ説明していきます。

①早い=志望度が高い

恋愛で言うのであれば、
一番にどこの人よりもアプローチを早くしてくれた人の方が
自分に一途なんだ、と感じます。

就活も恋愛と同じで、
ESというラブレターを早く出すことで、
志望度が高いと印象付けることができます。

志望度が高いと言っても、結局は行動で示さない限りは
何も変わらないと言っても過言ではないです。

②企業は人材確保を早くしたい

日本の人口は年々減ってきている中で
優秀な人材はできるだけ早く確保しておきたいという気持ちでいっぱいです。

しかし、ESを早く提出すれば、内容にもよりますが、
基本的に面接にも通してくれる確率は高いです。

優秀な人材確保をしないといけない、という背景もあるので
ESの募集が始まったらすぐに書き上げて提出しましょう。

③仕事ができるイメージ

これは会社にもよりますが、
提出期限があるものを早く出せる人は
仕事が早いというイメージがあります。

もちろん内容が酷い場合は、意味が全くないですが、
基本的に書類は課長や部長が確認するのが
会社の当たり前です。

考えても訂正されたりすることもあるので、
内容は6割、7割の完成度で提出する方が仕事ができるという
イメージがつきます。




ぶっちゃけ文章を細かく読んでないです【添削のし過ぎは意味がない】

Body of Water during Sunset

会社もじっくり読もうというメンタルではないです。

細かいことは気にしていない

語弊があるかもしれませんが、
大手であればあるほど受ける人数規模も大きくなります。

なので細かいところまでは見る時間がなく、
文章を読んで志望度が高い感触を得られたり、
スペックが高い人を面接に通していきます。

また、ある会社は筆記試験ができていれば、
ぶっちゃけ面接には簡単に突破できます。

読みやすい文章構成かがポイント

ESのポイントは、如何に読みやすい構成で文章が書かれているかです。

就活では、基本的に結論から話すことが当たり前です。
そしてそれはESでも同じことが言えます。

目を通した時に自分の思いが伝わるためにも
結論から理由を展開する文章構成で書き上げましょう。

誤字脱字は一応気にしよう

ESは誤字脱字は厳禁と言われてますが、
案外そうでもないです。

なぜなら自分が内定をもらった会社からは、
ESに書いた漢字が間違っていたことを役員に指摘されました。

誤字脱字は気をつけるべきですが、
気にしすぎて提出が遅くなるのは避けましょう。




まとめ:志望度が高い企業は早く提出することを意識しよう

Photo of Man Holding a Book

正確性×速さが鍵を握ります。

【悲報】提出が遅いほど見向きもされません

ESをきっちり書いて、そしてなんども直して、、
このようなサイクルだと企業からは見向きされないケースもあります。

提出が遅いほど見向きもしない会社もあったりします。

納期ギリギリで提出する人材は欲しいとは思わないですし、
志望度も低いと判断されやすいです。

高学歴ならまだしもFランであれば、
見向きもされずにシュレッダーにかけられる可能性もあります。

誤字脱字は多少なら許される

誤字脱字は多少なら許されます。
しかしあまりにも多いと問題視されるので注意しましょう。

漢字で一番気をつけるべきことは、
志望する会社名の漢字を間違えるといったことです。

これは志望動機やガクチカで書いている誤字脱字よりも
アウトなので必ず気をつけるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です