就活の面接対策【Fランでもできる1次面接編】

こんにちは。ケントです。

就活の時は売り手市場と言われながらも
志望する会社にESを提出しても
お祈りメールが嵐のようにきました。

先日、このようなツイートをしました。

就活の面接対策【Fランでもできる1次面接編】

「job interview」の画像検索結果

就活の1次面接のポイントは、
社会人の当たり前ができているかどうかです。

例えば、挨拶はしっかりできているかや、
ハキハキと答えることができているかetc…

志望動機も一応聞かれますが、
2次面接や最終面接と違って細かくはあまり聞かれないです。

全ては第一印象が良いかどうかで決まる。

1次面接は、どちらかというと若手社員や
現場の人間が対応することがざらです。

1次面接で抑えておきたいポイントを書いていきます。




①第一印象

person holding photo

何次面接でも関係なく第一印象は大事です。

人は最初の見た目でイメージをする

人は外見の第一印象であなたが
どういった人間なのかを連想します。

その連想が一般的に良いものであれば、
面接で有利に持っていくことができます。
なぜなら人は第一印象は55%と言われてるからです。

Fランだろうが有名大学だろうが、
最初の印象が良いかどうかで1次面接が
突破できるかがほぼ決まります。

第一印象が悪いと覆すのが難しい

第一印象で躓くと、
そこからの挽回は結構難しいです。

冒頭で伝えた通り、
半分以上の比率で既にイメージが形成されているため、
面接を通してかなり良いアピールをしない限りは逆転が難しいです。

第一印象はそれほど重要なので、
身なりには気をつけましょう。

見た目は清潔にしよう【肌の手入れは必須】

就活は如何に清潔かで
勝負が決まります。

自分の場合、ストレスからニキビもできたりしていたので、
マイナス要素が多かったです。

如何に良い印象を残そうと思っても、
結局面接官は顔を見るので、
肌が清潔でないと生理的に受け付けない人は多いです。

男性はスペックが高いとまだセーフなところはありますが、
特に女性だとアウトな場合がほとんどです。

透きとおる上向き肌へ【+eais柔肌オールインワンクレンジング】は無料でラインの友達登録をすると、
肌を綺麗にするための方法などを
配信したりしているので、悩んでいる方は是非見てみてください。

自分が就活をする前は、
高校生の時から肌が悲惨な状態だったためかなり悩んでました。

大人ニキビになると、なかなか対処が難しく、
市販のものを使っても、何も効かない状態でしたが、
大人ニキビを徹底予防「クレンジングリキッド AC」を使うことで徐々に肌が綺麗になりました。

人によってフィットするかどうかを判断するために
試しに使ってみるのもありです。

②会話のキャッチボール

two person writing on paper on brown wooden table

求める人物像で共通するのが会話のキャッチボールができるかどうかです。

会話が成り立たない人とは仕事がしたくない

友人関係で思い出して欲しいのが、
会話が成り立たない人と一緒だといやだな、と思うと思います。

会社も和を乱すような人は受け入れたくないのが心情です。

ぶっちゃけスペックは認められた上で面接をするので、
能力面は既にクリアしています。

コミュ力があるかどうかで、
この人と仕事がしたいかどうかが決められます。

スペックが高くても採用しようとは思わない

たとえ東大で英語も話せて、あらゆる分野も長けている人であったとしても、
コミュ力がない人や自己中な人だと採用しようとは思わないです。

なぜなら、仕事と勉強は別のものと考える人は多いですし、
既存社員との和を乱される方が組織として危険視されるからです。

組織の中で会話のキャッチボールができないと
内定からはかなり遠ざかります。

スペック高+コミュ力あり=最強人材

個人的な感覚ですが、スペックが高く、
そしてコミュ力があると一次面接は通過しやすいです。

どちらが欠けていても大手の内定からは
遠ざかります。

しかし注意すべきことは、誇張しすぎるとうまくいかないです。
自分はすごいんだと伝えたくなりますが、
謙虚な姿勢で面接に臨む方がいいです。

③志望度

group of people sitting near round brown wooden table

ざっくりとですが、志望度をチェックしてきます。

ありがちな志望動機はアウト

一次面接は、学歴関係なく志望度が高い人と低い人を
実際に会って確認しながら仕分けしていきます。

ここで重要なのが、ありがちな志望動機だと、
簡単に不採用通知を受け取る始末です。

面接官は基本的に若手ですが、
見ている方は、上司が面接官を務める2次面接です。
本に書いていることやよく聞くような志望動機は落とすようにと
指示されていたりするので、オリジナルの志望動機がマストです。

志望動機を磨くにはOB訪問が必須

志望動機を磨くには、
ただホームページをみたり、会社説明会を聞いたり、
ということだけでは難しいです。

なぜなら開示されている情報は、
誰でも見れるので価値はないからです。

自分の志望動機を混ぜ合わせるには、
OB訪問などをしながら自己分析と企業研究を重ね

作ることが大事です。

OB訪問については別記事で書いたので
見てみてください。

就活で聞くOB訪問とは【大手志望なら必須フローです】

 

就活のOB訪問で気をつけるべきこと【メールの送り方】

 

就活で必須フローのOB訪問のやり方【Fランでも大手内定】

スペックが高ければ採用フローに残る

逆にスペックが高いと志望動機が弱くても残る可能性が高いです。

なぜなら志望動機は弱いけど、
履歴書を見てるとスペックが高くて上司に判断を
委ねた方が無難だと思いました。という説明ができるからです。

会社によって基準値は変わりますが、
基本的に高学歴、希少価値がある資格所持、
誰もが経験したことがないような経験などをしていたりすると、
志望動機が高くなくても確認という形で2次面接には進みやすいです。




大手なら1次は集団面接です

low angle photo of curtain wall building

大手企業は受験者数も多いので1次面接は集団面接です。

集団面接は良くも悪くも目立ちやすい【比較対象】

大手であれば、1次は集団面接です。

他の就活生と面接をすることになるので、
良くも悪くも目立ちやすく、比較されてしまいます。

重要なのは、動揺せずに自分を信じて、
面接に臨むことです。
至ってシンプルですが、これが一番大事です。

集団面接の突破方法

集団面接は、大学で練習をするにしても
なかなかできないデメリットがあります。

それは、同じように面接練習をしようという
生徒が表れない学校もあったりするからです。

集団面接は個人面接とは違った雰囲気があります。
突破方法についても別記事でまとめたので
参考にして実践してください。

就活の集団面接を完璧に突破する3つの方法【最強のPR術】

まとめ:面接に突破できれば学歴は関係ない

aerial view of graduates wearing hats

面接までたどり着けば、もはや学歴は関係ないです。

一流大学と言われる就活生も落とされる場合があります。

過信はダメだけど自信は持とう

基本的に学歴で切り落とすのはESまでです。

面接に通過できたあとは、大学はあまり関係ないと
思っても大丈夫です。

現に自分は名前の知れた超有名企業の最終面接まで
進んだことがあります。
(残念ながらお祈りメールが届きましたが。。)

面接のステージになった後は、
過信はダメですが自信を持ちましょう。

面接練習をしよう

大学のキャリアセンターなら、
面接練習をお願いすれば対応してくれます。

大学も会社経営と同じようなものなので、
広告塔となる就職実績のためにも
全面的に協力してくれます。

また、就活エージェントに登録して、
自分にフィットする企業の案件を紹介してもらって、
その企業の面接に合格するために、といった程で面接練習するのもありです。
(自分はそのような使い方をしてました。)

おすすめの就活エージェントについても
別の記事で書いてるので見てみてください。

Fラン大学生が頼るべき就活エージェント5選【大手に行くなら必須】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です