留学をするならセブ留学がおすすめ【メリットは3つ】

こんにちは。ケントです。

セブ留学はトータルで1年以上の滞在をしました。

TOEICコース、英会話コース、プログラミングコース、
といった感じで様々なコースを経験してきた結果、
Fランから大手専門商社に内定を手に入れることができました。

川﨑建人(かわさき けんと)のプロフィール

先日、このようなツイートをしました。

留学をするならセブ留学がおすすめ【メリットは3つ】

green trees and huts on white sand island surrounded by sea water during daytime

就活で内定ゲットした人もちらほら出てきましたね。

納得のいくところに決まったのであれば、
残りの学生生活では自己投資すべきです。

ぶっちゃけ社会人になってからでもできるという意見もありますが、
時間が取れるのは今しかないです。

自分の場合はセブ留学をしてきました。

就活が終わってからの過ごし方は、
今後の人生に大きく左右すると言ってもいいです。

ツイート内容を深堀りしつつ書いていきます。




①価格が安い

fan of 100 U.S. dollar banknotes

アメリカやイギリス留学と違ってコストが安いです。
今は英語を母国語とする国へ留学前の準備期間として、
セブ留学をするのが当たり前になっています。

語学学校の授業料が安い

語学学校の授業料が驚くほど違います。

自分はセブ島以外にイギリスにも留学しましたが、
ざっくりと1ヶ月の金額を比較すると、

セブ島(フィリピン):175,000

イギリス:421,000

圧倒的にセブ島での語学留学がお得です。
為替レートでコストも変わってきますが、
ペソは安いので、生活費も非常に安く済みます。

航空代も安い【日本から近い距離(時差は1時間)】

気になる航空代も安いです。

フィリピンまでなら、最近だとセブまでの直行便も出てきましたし、
航空会社にもよりますが、往復45,000程度で済みます。

イギリスのロンドンまでの航空代は、
軽く30万近くするので、航空費も大きく変わります。

世界地図を見ればすぐにわかりますが、
所要時間も短いので日本との時差も1時間だけです。

物価も安いです

イギリスのポンドでもアメリカのドルでも、
基本的に英語を母国語とする国の通過は高いです。

しかしフィリピンの通過であるペソは
日本円の約二分の一程度の安さなので、
何を買うにしてもかなり安いです。

話が脱線しますが、日本円で収入を得ていれば、
物価の安いセブ島ならそこそこの良い暮らしができます。

②安いにしては質がいい

selective focus photography of people sitting on chairs while writing on notebooks

安いと何かと質が悪いイメージが持たれやすいですが、
授業の質はかなり良いです。

マンツーマンのクラスが当たり前

セブ留学での授業は先生とのマンツーマンクラスが強みです。

アメリカやイギリスは、基本的にディスカッション式のクラスになり、
シャイと言われる日本人はなかなか発言をする人がいませんが、
マンツーマンなら気にせず先生と会話をすることができます。

マンツーマンクラスで先生と英語をどっぷり話し込んで、
会話力を底上げすることができます。

ちなみに自分の場合は、名前、年齢、趣味しか言えませんでしたが、
1ヶ月の滞在で、意思疎通ができるレベルまで進化することができました。

自分のレベルに合ったカリキュラムにできる

さらに大きな強みとしては、
一人ひとりに合わせたカリキュラムにすることができます。

これもアメリカやイギリスだと、
英語がかなりうまい生徒のみがひたすら話すだけの
ワンマンライブ状態になってしまいますが、

マンツーマンクラスで、
一人に合わせたカリキュラムで量をこなすことで、
無理なく力を伸ばしていくことができます。

英語以外のことも学べる【英語+α】

最近だと、語学学校でも英語以外のスキルを磨くことができます。

例えば、英語+プログラミングであったり、
英語+MBAなど、英語は話すためのツールとしつつ、
自分の価値をより高めるためにスキルを身につける動きになっています。

自分の場合は、英語とプログラミングを学習し、
ウェブアプリケーションを作れるスキルを身につけつつ、
英語力も上げていきました。

③日本人は生活しやすい

Aerial View of a Shore and Body of Water

セミリタイヤした人や老後を東南アジアに過ごしている日本人が
セブで生活をしているくらいです。

気候も年中安定しているというのもあるので、かなり過ごしやすいです。

年中同じ気温

立地も赤道線なので、年中、常夏の気温です。
日本のようにジメジメとした暑さではなく、カラッとした
爽やかな暑さなので不快感もないです。

アメリカやイギリスは、
日本と同じように暑い夏もあれば、
寒い冬も到来します。

自身の経験ですが、イギリスでもマイナスまで温度が下がるので、
寒いのが苦手な人にはおすすめできないです。
アメリカも場所によって変わりますが、滞在したことあるNYだと
マイナス10度近くまで気温が下がることがあります。

物価も安い【円で稼いでいれば良い生活ができる】

冒頭で述べましたが、
セブの物価はかなり安いです。

なので、日本で集中的にアルバイトを2ヶ月程すれば、
セブで1ヶ月の滞在は可能です。

滞在中もフィークル by CrowdWorksでインターネットを通して在宅ワークをすれば、
日本円で収入を受け取りながら物価の安いセブで滞在が可能です。

親日国で治安もいい

アメリカやイギリスは、多種多様な人種が多いので、
差別社会が残っていたりしますが、
フィリピンは陽気な性格の人が多く、アジア人が多いです。

そして言わずも知れた親日国として有名なので、
日本人ということだけで高評価です。

逆にタクシーなどでぼったくられる可能性もあるので、
その辺は注意した方がいいです。




短期間の留学がおすすめ【英語を母国語とした国の留学前に】

photo of Elizabeth Tower, London

将来的にアメリカやイギリス、オーストラリアなどの
英語を母国語とした国へ留学を考えているのなら、
セブ留学がおすすめです。

英会話力の基礎力を身につけることができます。

英会話力の基礎が磨ける【マンツーマンクラスは最強】

アメリカやイギリスでの留学は、
基本的に英語を話せて当たり前の前提でクラスがスタートします。

そして尚且つ、留学生間でディスカッションをする講義や、
論文の書き方といった感じのカリキュラムが多いので、
英会話力の基礎がない人は難しいです。

セブでは、先生とのマンツーマンクラスが必ずあるので、
英会話力そのものを身につけることができます。

既に話せる人は良いですが、
そうでない人は、マンツーマンクラスで英語力から身につけた方がいいです。

人見知りの人ほどセブ留学で英語力を磨こう

性格的な問題ですが、
消極的であったり、人見知りの人程、セブ留学から始めた方がいいです。

自分は人見知りでシャイな性格でしたが、
先生が真剣に向き合ってくれたこともあり、今があると言っても過言ではないです。

セブ留学を経験し、性格が変わる人はよく聞きます。
これはなぜかと言うと、みっちり英語で会話していくので、

英会話力が身につく→自信になる→積極的な性格→さらに挑戦・努力→自信になる…..

といった好循環の流れを生み出します。

ディスカッション式のクラスもあります

将来的にセブ留学を経て、
英語を母国語とする国へ留学したいと考えている人は、
ディスカッション式のクラスを受けるのもありです。

2人〜3人程度で、同じレベルの生徒との組み合わせなので、
1人の生徒によるワンマンショーにはなりません。

相手の意見を英語で聞き、それに対して自分の意見を英語で発言する、
といった欧米式のクラスを経験できます。

まとめ:大学生ならセブ留学【安いので夏休みに経験しよう】

Man Wearing Grey Shirt Standing on Elevated Surface

大学生なら集中的にアルバイトをすれば、
夏休みや春休みの期間で留学が可能です。

留学を経験できるのも大学生の時だけ

社会人になってから留学できるのは、
超大手企業に勤めて且つ、優秀な人材のみです。

私費留学にしたとしても、
会社を休みまたは退職しないといけないので、
留学は無理です。

本記事をご覧になっているのが、大学生であれば、
短期間でアルバイトを集中的にすれば、
1ヶ月〜2ヶ月の留学は可能なので、
絶対に経験した方がいいです。

短期間の留学だけでも価値はある

短期間の留学だけでも価値は非常に高いです。

セブ留学で、よくあるケースなのが、
留学を1ヶ月程度経験した後、大学の交換留学をするか決めるという人も多いです。

別記事の留学で英語を1ヶ月学ぶとどれくらいの成果が出るのか【経験談】でもまとめてるので、
是非見てみてください。

おすすめのセブ語学学校【治安良し×コスト安×カリキュラム豊富】

たくさんある語学学校の中でも、
今かなりおすすめするセブ語学学校はフィリピン政府公式認定 語学学校NILSです。

NILSの強みは、
恥ずかしがり屋の日本人はグループレッスンだと上手く発言できない方に照準を合わせて、
個人のレベルに合わせたマンツーマンレッスンが可能です。

料金も、1週間58,700円(寮・食費込み)から提供しており、
個人のレベルや希望、予算、予定に合わせてレッスンをカスタマイズしたり留学期間を決めることが可能です。
英語力コースのReading、Speaking、Listeningなど、SpecialClassesコースの
Business English、TOEICなどからやりたいコースを組み合わせることができます。

さらに、大学、就活で必要にもなってくる
TOEICのスコアアップを保証したスパルタプランなどもあります。

女性からすれば、立地条件も気にするところですが、
語学学校NILSはセブ島の中心地ITパーク内と近辺に学校と寮があり、
近くには日本でもおなじみのファーストフード店やコンビニもあり、ショッピングモールも複数あります。
ITパーク内は各ビルにガードマンがいて治安も安心です。

問い合わせをするだけなら、無料で可能なので、
疑問点があれば、まずは現地駐在日本人スタッフに聞いてみてください。

>>フィリピン政府公式認定 語学学校NILS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です