他社の選考状況を聞いてくる3つの理由【就活面接対策】

就活中の学生

「就活の面接で聞かれることは、
他社の選考状況について聞かれます。

ぶっちゃけ、他社の選考状況なんて聞いたところで、
何の意味があるのかわからない。

競合他社を受けていることを言うと、
志望度が低いと思われるでしょうか?

正しい答え方と面接側の意図が知りたいです。」

 

こういった疑問に答えます。

 

この記事を書いている私は、
大手専門商社に内定し、現在は働きながら起業しつつ
バリバリと生きています。

 

他社の選考状況を聞いてくる3つの理由【就活面接対策】

grayscale photo of woman doing silent hand sign

他社の選考状況は、どこの会社でも必ず聞かれます。
競合他社を受けていると、より詳しく聞かれる可能性大です。

他社の選考状況を詳しく聞かれる理由は下記の3つです。

 

①他社の選考を参考にする

②就活生の業界志望度を見ている

③就活生の軸を確認

 

最終面接で内定をしていた場合、
当日連絡の理由はこんな感じです。

1つずつ説明していきます。

①他社の選考を参考にする

他社の選考を聞いてくる理由として一番考えられるのが、
競合他社の選考の進み具合を見ながら、
自社も通過させるかさせないかを検討します。

何かをするにしても、実践している人が多ければ多いほど
安心して挑戦する人は多いです。

仮に、他の企業では選考があまり進んでいないとなると、
自社も通過させない方が良いかもしれない、となりやすいです。

しかし、もし他社での選考が進んでいた場合、
うちも通過させても問題ないという心理状態になります。

②就活生の業界志望度を見ている

仮に、商社を中心に就活をしていれば、
総合商社、専門商社(食品、素材、繊維、電気電子部品etc..)
といった感じで説明すると、業界の志望度が高いという印象を与えることができます。

業界がバラついていると、
この就活生は、会社云々の前に業界そのものに志望度が低いと感じやすいです。

大手であれば、
福利厚生がいいから、や、給料がいいからといった感じで
受けに来た就活生という印象を持たれやすいです。

③就活生の軸を確認

選考する企業の軸も見ます。

業界で大きく分けるのもありですが、
どちらかと言うと、より細かく分けた方が
就活の軸が伝わりやすく、
何も言わなくても志望度が高いと感じます。

例えば、ざっくりと”商社”ということではなく、
食品関係の商社や物流関係の商社、といった感じで
業界の中でもよりさらに絞っていくと就活の軸が伝わりやすいです。




順調に進んでいることを言おう【嘘をついても問題ないです】

opened secret door inside library

嘘も方便です。

選考が有利に働きやすい

選考を有利に進ませるためには、
他社の選考状況を聞かれた場合は、
順調に面接が進んでいることと、嘘でもいいので
1社内定が決まっていることを伝えましょう。

前述した通り、
人は周りに合わせやすい生き物なので、
他社の評価が高いと、自社も通そうという気持ちになりやすいです。

これはたとえ上の役職から通した理由を聞かれたとしても、
他社でも同じように通過しているため通過させました、という
理由が作るからです。

具体的な企業は言った方がいい

企業によって異なりますが、
具体的にどこの会社を受けているのかを聞かれたら
堂々と会社名を言ってください。

これは大手からベンチャーまで
幅広く言った方がいいです。

幅広くした方がいい理由は、
大手のみだった場合、福利厚生や給料だけを見てると
思われやすいです。

競合他社に確認することはない

競合他社を言っても就活生のことを
聞き込み調査をする、ということはないです。

嘘をついてしまうと、
面接後に会社へ連絡して確認されたらどうしよ。。
と考え過ぎる人が多いですが、
そんなことは全くありません。

個人情報の取り締まりが厳格になっているため、
手に入れることも不可能ですし、
企業もやすやすと開示することもないです。




まとめ:同業界の方が好感度はいい

Woman Wears Yellow Hard Hat Holding Vehicle Part

一途な人間が最後に報われます。

就活軸が明確で志望度が伝わりやすい

就活軸が明確だと、志望動機も深みが増すので、
志望度が高い就活生と感じられます。

しかし、あらゆる業界を志望していた場合、
熱度が分散するため、動機も嘘っぽく聞こえてしまいます。

自分の場合は、商社、メーカー、金融、とバラついていたため、
今思うと絞った方がよかったと感じてます。

面接対策術まとめ【1次・2次・最終面接】

別記事で面接の対策についてまとめました。

他社の選考状況を聞かれた時の答え方を把握した上で、
1次、2次、最終面接の対策術をマスターすれば、
難関企業でも内定に近づきます。

就活の面接対策【Fランでもできる1次面接編】

 

就活の集団面接を完璧に突破する3つの方法【最強のPR術】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です