英語を映画鑑賞で身につける勉強法【簡単にできる】

こんにちは。ケントです。

英語の勉強は基本的にTOEIC中心でやりつつ、
単調なトレーニングを積み重ねてきました。

勉強法の記事をまとめてるので
TOEICの勉強法まとめ【残業で時間がない会社員が教えます】をご覧ください。

先日、このようなツイートをしました。

目次

英語を映画鑑賞で身につける勉強法【簡単にできる】

turned on projector

【洋画を使って英語を勉強する手順】

①字幕なし
②日本語の字幕
③英語の字幕
④字幕なし

鑑賞手順はこんな感じ。
トレーニングのやり方はオーバーラッピングしたり、
知らない単語を調べたりしつつ、内容を理解していくことが大事。

洋画ですが、TEDトークでも全然OKです。

洋画はぶっちゃけなことを言うと、
英語の勉強をするのにベストな方法でもないです。

あくまで気分転換にできる勉強方法になるので、
TOEICの勉強法まとめ【残業で時間がない会社員が教えます】に書いてる勉強法を軸に量を重ねつつ、
モチベが下がってきた時などに行う最善の勉強法が映画鑑賞です。

ツイート内容を深堀りしつつ書いていきます。




①字幕なしでみよう

person holding space gray iPhone 5s taking picture

字幕なしで見てみましょう。
聞き取れる箇所とそうでないところをチェックしとくとよりOKです。

自分の実力を知るところから始めよう

まず最初にすべきことは、
現在の自分の英語力はどのくらいの実力なのかを確認すべきです。

スタート地点がどこかわからないのに、
勉強をしたところで、流れ作業になるだけで
わからないところがわからない状態になりやすいです。

時間も無駄です。

まずは自分の実力を知るためにも、
英語を字幕なしで聞いてみましょう。

映画を見るときは頭の中で英語を英語で理解するようにしよう

映画を見るときに意識すべきことは、
漠然と眺めるのではなく、頭の中では聞こえてくる英語を理解するように努めましょう。

頭の中では、英語を日本語に翻訳するのではなく、
英語を英語で理解することが重要です。

英語を英語で理解する力は英語上達のための
基礎力となるので、非常に重要な要素です。

理解できなくて当たり前【映画の聞き取りは一番難しい】

映画を英語で見ると、難しすぎて一気に萎えます。

勉強を重ねてきた人ほど、目標達成までの道のりが
改めて遠く感じてしまう瞬間でもあります。

映画の聞き取りは、言語学習をしていく上で、
一番難しいので、落ち込む必要性は全くないです。

TOEIC900点超えでも完全な聞き取りはできないと言われてます。

②日本語の字幕でみよう

person holding clapperboard

日本語字幕で内容を確認しましょう

日本語で内容を理解→英語でわからなかった箇所を理解

自分のレベルがわかってきたら、
次にやるべきことは日本語字幕をつけて鑑賞しましょう。

英語で聞いたところでわからなかったところを
日本語で内容理解することによって、
英語を英語で理解する基礎ができ上がります。

日本語で内容をわからないところが把握できると、
文法や単語の習熟度が高まります。

英語を聞きながら日本語字幕を読もう

日本語字幕に設定し、映画を放映する時には、
字幕をしっかりと黙読するようにしましょう。

漠然と流れる字幕を流し読みしているだけでは
何も身につかない作業となってしまいます。

日本語を黙読しつつ、
英語を聞きながら文法や単語の意味を理解していくと効果大です。

「そういうことだったのか」となりやすい段階

英語音声を字幕なしで見た後に日本語字幕で確認すると、
内容を理解するだけでなく、文法や単語の内容把握ができます。

知らなかったことが明確になりやすい段階なので、
成長を感じることができます。

注意すべきなのが、
知る=できる、または理解
ということではないので、身につけられるか否かは
③と④の勉強次第です。

③英語の字幕をつけてみよう

red cinema chair

日本語で理解したあとは英語音声×英語字幕で聞き取りましょう。

内容理解した後に英語を聞くと頭に入りやすい

日本語で内容を理解した後は、
英語を聞くと頭に入りやすいです。

これはシーンごとに何を言っていたのかが
日本語で内容が頭にインプットされているため
英語で聞いたとしても何を言っているかは雰囲気でわかります。

文法力を磨いている人であれば、
どのような文法と単語で文章が構成されているかがわかります。

英語字幕を黙読しよう【リーディング力もUP】

英語字幕が出てきたら、
その英文を黙読するようにしましょう。

英文を黙読することによって、
リスニング力以外にもリーディング力も磨かれます。

通読速読を普段からこなしている人なら、
教材以外の英語でもトレーニングすることによって
幅広いリーディング力が身につきます。

わからない単語はメモろう

忘れてはいけないのが、
字幕で流れる英単語でわからないものがあれば、
必ずメモをするようにしてください。

わからない英単語をわからないままにしていると、
次に映画で出てきた時や、普段の勉強で出てきた時などにも
当然ながら読み込むことはできません。

わからない単語をメモし、
自分だけの英単語帳を作ることで、
語彙力アップすることができます。

別記事で単語の覚え方について書いたので参考にしてください。

英会話で使える英単語を雪だるま式に増やす方法【勉強法】

④字幕なしでみよう

photography of theater chairs

最後は字幕なしでもう一度見るのがおすすめです。

最初よりも聞き取れる感覚を実感できる

一番最初に行った字幕なしで聞いた時と比べると、
聞き取れる感覚を実感できます。

完全に聞き取れるような状態にはなりませんが、
最初の時よりも成長を実感できます。

映画での表現や使われる語彙を実世界でも
アウトプットすることで自分のものになっていきます。

今後の学習課題が見つかりやすい

④の段階で字幕なしで映画を見た後は、今後の英語学習について、
どのように勉強していけば良いかの課題が見つかりやすいです。

映画を使った英語学習はあくまで
モチベーションが下がった時などにやると良い勉強です。

今後の学習課題を見つけた後は、
王道な勉強をするべきです。

TOEIC145点の落ちこぼれでもできた英会話勉強法【注目】

 

TOEICの勉強法まとめ【残業で時間がない会社員が教えます】




映画で勉強する時の注意点【4つ存在】

caution lane

映画で勉強するのもありですが、注意点もあります。

わからない単語は必ずメモ【後に意味を理解】

映画での勉強法で大事なことは、
わからない単語を放置しないことです。

わからないままだと進歩することはないです。

意味がわかっていない単語は、停止してメモを取るようにしましょう。

メモを取った後は、意味を調べて覚えるようにしましょう。

リスニングとリーディングの勉強法を駆使しよう

繰り返しになりますが、
映画での語学学習は、効果的にはあまり期待できません。

あくまでモチベーションが下がってきた時の切り替えとして、
映画を取り入れたりすることで言語の本質を思い出したり
勉強する理由を再認識する位置づけです。

リスニングとリーディングを身につけるための
勉強やトレーニングを普段から積み重ねることがポイントです。

無料で使えるサイトで勉強しよう【おすすめ】

映画だと有料登録しないとだめな場合がありますが、
U-NEXT
だと1ヶ月無料で最新映画を見ることができます。

自分も登録して見てみましたが、登録アドレスだけ変えれば、
無料期間のままで動画が見れるので、有料にしなくてもOKです。

ユーチューブでもアップされている場合がありますが、
規制が厳しくなっているため、なかなか学習は難しいですが、
U-NEXTであれば、見放題で勉強できます。

娯楽でも楽しみたい人におすすめする映画【2019年版】

語学学習したいけど
娯楽でも楽しみたい人におすすめする映画もあります。

英語を身につけるのに良い映画は
英会話のシーンで使う表現や単語を多く使われているので、
オンライン英会話をやっている人であれば、
すぐに使えます。

英語のリスニング能力を磨くためのおすすめ映画【2019年版まとめ】

まとめ:①〜④の方法を良質な映画で見ることで英語力UP

person climbing snowy mountain

何でもそうですが、何をどのようにどれだけの量を重ねてやるかがポイントです。

ただ見るだけでは上達しない

映画での語学学習は、見るだけでは上達しないです。

感覚的なことを言うと、
穴の空いたバケツにひたすら水を注ぐ感じです。

映画を見終わった後は、英語を勉強した感覚が皆無なので、
上記で述べた勉強手順でやらないと実力は伸びないです。

自分は鑑賞だけした結果、時間を浪費しました【反省→マルチリンガルへ】

自分の経験を言うと、
ただただ鑑賞していた時間がありました。

シンプルに時間だけが浪費しただけだったので、
ぶっちゃけ無駄でした。

しかし反省点を生かした結果、
英語以外の言語もある程度は使いこなせるようになりました。

圧倒的な行動力は大事【今すぐ勉強しよう】

メンタル的なことですが、
記事を読んでから行動できるかどうかです。

どんなに良い勉強法をネットサーフィンして探ったところで、
行動しなければ何も変わらないです。

基本的には王道の勉強法で量を重ねつつ、
モチベが下がった時はサボるのではなく、
映画を用いて勉強をすることで継続しましょう。

自分は継続した結果、TOEICは145点から810点。
フランス語と韓国語も身につけて資格も取得しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です