第二新卒の転職するならITがアツイ【プログラミングを身につけよう】

第二新卒で転職志望の学生

「第二新卒のチケットを使って、
これから市場が伸びてくるIT分野に転職したいと思ってます。

けど、今の会社では営業しかしてないし、ITスキルなんて何もないに等しいです。
こんな自分でも、ぶっちゃけプログラミングとかは身につけたりするのでしょうか?

また、未経験採用なんて聞いたことがないです。。
未経験から転職はそもそも可能でしょうか?」

 

こういった疑問に答えます。

 

この記事を書いている私は、
フィリピンでエンジニア留学を経験しました。

自分の友人はエンジニアとしてバリバリ働いてる人も多いです。
第二新卒でのWeb系エンジニアの可否について、
周りの話を聞いた中で、書いていきます。

 

第二新卒の転職するならITがアツイ【プログラミングを身につけよう】

Black and Gray Laptop Computer

自分はエンジニア留学でプログラミングを学んできましたが、
転職するなら断然IT分野がいいです。

人材不足=ブラックと言われており、IT分野もその1つと言われてますが、
スキルさえ身につければ、良い待遇の会社に移ることも可能ですし、
フリーランスとして生きていくことも可能です。

第二新卒で転職するならIT分野に移るべき理由は下記の3つです。

 

①AI化・自動化が進んでいく

②日本はITスキルを備えている人材が乏しい

③スキルさえあれば10年・20年は困らない【会社に縛られる必要はない】

 

第二新卒でIT分野に転職すべき理由はこんな感じです。

1つずつ説明していきます。

①AI化・自動化が進んでいく

テレビやネットニュースなどを通して、
機械によって人の仕事は奪われていくと言われてます。

AI化や自動化は進んでいくと、
単純な仕事は淘汰されていきます。

これらのニーズは人口が減ってきて且つ
少子高齢化により、時代の変化が急速しています。

②日本はITスキルを備えている人材が乏しい

この時代のニーズに対して、
今の日本の現状を見てみると、
ITスキルに特化したような人材が不足しているのが現状です。

対して東南アジアのインドやフィリピンなどの発展途上国は、
スキルを磨いているエンジニアがゴロゴロいるので、
将来的には、海外の人材が日本に増えていくと言われてるくらいです。

日本では英語ができない人も少ないとも言われてますが、
IT力が備わっている人も少ないのが現状です。

③スキルさえあれば10年・20年は困らない【会社に縛られる必要はない】

Fランだろうが、高卒だろうが関係ないです。

プログラミングのスキルさえ身につければ、
10年・20年後の未来に対して困ることはないと言われてます。

会社選びも引く手数多ですし、
スキルさえ身につければ、フリーランスとして活動することもできます。

大きなデマンドに対して、供給が足りない状況が続いているので、
10年・20年は困ることがないです。




第二新卒だからこそ今がチャンス【やはり若い方がいい】

man using MacBook

人も少ないならいつでも転職できるのでは?となりやすいですが、
やはり若い方が有利です。

40歳未経験と20歳未経験、どちらを採用したいですか?

残酷な話に近いですが、自分が面接官で
40歳の未経験と20歳の未経験なら、どちらを採用したいですか?と考えた時に、
心理的にも若い方が採用したいと思う人の方が多いです。

第二新卒は、就業後3年未満の人材のことを指し、
未経験でも採用してくれる会社は多いです。

しかし第二新卒の枠を越えると、
同じ業界での会社しかないであったり、
ブラックと言われるような業界しか残っていないといった仕事しかないです。

自分より年上の人間は雇用しにくい

シンプルに自分よりも年上の人材は雇用しにくいです。

これはなぜかと言うと、
年上の人にはどうしても気を遣う文化のため、
仕事に支障をきたす場合がほとんどです。

スキルがあるのであれば、話は変わりますが、
事実上、未経験のまま転職活動しても採用されることはないです。

スキルさえ身につければ問題なし【スクールでスキルを磨こう】

プログラミングはスキルさえ身につければ、食っていけます。

スクールに通うと、
未経験を採用してくれる転職先を斡旋してくれるサービスもあります。

そこの企業でスキルを実戦で磨きつつ、
数年後にフリーランスとして生きていく、という王道ルートであれば、
年齢関係ないです。




まとめ:ITエンジニアはアツイ。今の内にコントロールする側へ

white robot near brown wall

場所を選ばず、パソコン一台でできる仕事がWEBエンジニアです。
人間関係とかが嫌いな人なら断然おすすめです。

スクール→転職→フリーランス

ITエンジニアになるには、独学で本を読みながらでもいいですが、
何からはじめれば良いのかがわからないのが現状だと思います。

まずは、スクールに通いつつ、スキルを磨いた後は、
転職先を斡旋してもらいましょう。

そして自分のコーディング力のレベルを上げた後には、
自分で営業したり、フィークルで案件を探したりすると、フリーランスエンジニアになれます。

若ければ若いほど選択肢も多くなるので、
フリーランスで自由に仕事をしたいという人は、
今すぐにでもスクールに通うべきです。

おすすめのプログラミングスクール

昨今、ニーズが高まってきていることから、
プログラミングスクールが増えてきてます。

おすすめのプログラミングスクールについては、
別記事でまとめているので、是非参考にしてみてください。

おすすめのプログラミングスクール4選【令和最強のスキル】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です