就活の面接時間は長いと高評価です【圧迫面接も高評価】

就活中の学生

「現在、25社くらいの会社のエントリーをして、
5社くらい面接を行ったけど、

予定よりもかなり早く面接が終わったものもあれば、
30分間の面接だったのに、1時間近く話した面接がありました。

ぶっちゃけ、このような違いは何でしょうか?
圧迫面接もネットでは高評価の証拠と言われてるけど、
何で圧迫面接は高評価なのか教えて欲しいです。」

 

こういった疑問に答えます。

 

この記事を書いている私は、
大手商社・メーカーを中心に就活をしてきました。

100社近くエントリーし、50社近くの面接をしてきたので
それらの経験をもとに書いていきます。

 

就活の面接時間は長いと高評価です【圧迫面接も高評価】

man wearing black blazer sitting at desk with papers

就活の面接時間は1時間なのに15分で終わったり、
30分の予定なのに1時間近くまで伸びてしまったりといったことがあります。

 

①面接時間が短いと不採用の確率が高い

②面接時間が長いと高評価

③圧迫面接は高評価の証

 

面接時間が長い場合と面接が短い場合、
どちらも経験をするかもしれませんが、
面接の対応時間によって面接通過or不採用がわかります。

1つずつ説明していきます。

①面接時間が短いと不採用の確率が高い

シンプルに面接時間が短いということは、

”あなたに使う時間は無駄だから、
さっさと帰ってください”

という意味です。
企業も働き方改革を促進しているので、
無駄な残業時間を減らしたい意向があります。

面接時間は大体30分ぐらいですが、
10分もかからないぐらいだと、
お祈りは確定です。

②面接時間が長いと高評価

逆に面接時間が長いと、高評価です。

面接時間が長いということは、
貴重な時間を使ってでもその人材のことを
詳しく知りたいという考えがあるからです。

自分の経験ですが、
面接時間が30分だったのにも関わらず、
1時間も行ったものがあり、それらは全て通過してます。

③圧迫面接は高評価の証

圧迫面接されたら終わり、と考える人もいますが、
逆にチャンスです。

基本的に、圧迫面接を仕掛けると受験者側は
その企業に対して悪印象を抱くようになってしまい、
今の時代ならネットに悪口を書かれたりすると会社の評判が落ちます。

しかし、圧迫面接を仕掛けてくるということは、
その企業にあなたが入った前提を考えて面接をするので、
有利な立場でもあります。

落とす気が満々であれば、
その人材に対しては笑顔で優しく対応するのが術です。




【注意】質問が多いだけで話す内容が長くなってもいいということではない

person raising hand

面接官の質問数が多くなっただけで、
話すのが長くするということではありません。

話す時間が長いと不採用に繋がる

自分の経験ですが、
話す時間が長いと絶対に不採用です。

簡潔にわかりやすく説明できない人は
ホウレンソウができないであったり、
営業もできないと思われやすいです。

特に集団面接では気をつける必要があります。

質問の数を多くしてもらおう

圧迫と思う人もいるかもしれませんが、
質問の数が多ければ多いほど良いです。

面接の時間も限られているので、
先方が聞きたいことを全て簡潔に回答できるように
端的に答えていきましょう。

多くの質問を面接官から引き出して回答することで、
十分なアピールになります。

基本的に結論→理由の構成でPRしよう

話し方のポイントとしては、
結論→根拠となる理由で話しましょう。

その中でも1分で話せるように事前の準備と
練習が不可欠です。

論理的な話し方は、一朝一夕では難しいので、
日頃から意識して話すことで習慣化となり、
身についていきます。




まとめ:注意される=内定率・通過率は高い

white mountain across clouds

基本的には最終面接のみが、内定であれば電話がきます。

怒られると通過しやすい

自分の経験ですが、
面接官から注意されたり、怒られたりしたら、
その面接は通過しやすいです。

話が長いと注意を受けた面接は通過しましたし、
誤字脱字を役員から注意を受けた会社は内定を手に入れました。

これは、不採用の人材であれば、
注意する必要性もないですし、悪印象を与えないためにも
スルーしがちですが、一緒に働くかもしれない人には、
指摘する人もいます。

内定=即日連絡

内定であれば、数時間後に連絡が電話できます。

これは、他社選考を受けさせないための施策として、
早めの動きを会社が行うためです。

基本的にメールであったり次の日に連絡が来ることは絶対にないです。

面接はでより良いアピールを行い、
内定に繋げていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です