就活で内定を手に入れた後の時間【他社を受けるのもあり】

こんにちは。ケントです。

就活が終わった後は、セブ留学で英語とプログラミングを学んできました。

先日、このようなツイートをしました。

就活で内定を手に入れた後の時間【他社を受けるのもあり】

White and Blue Building during Daytime

就活で内定が決まってからは選択肢が2つ。
それは、他社を受けるか就活をリタイヤするか。

早々に決まったのであれば、
志望した企業よりも難関企業を受けてみるのもおすすめです。

学歴だとか、スペックだとか色々と言われてますが、
限界値を知るのも良い自己分析になります。

真実を知れます

 

内定をゲットしてからは、精神的には安定期に入れます。
なぜなら落ちても滑り止めがある状態なので、
ミスってもOKのスタンスで臨むことができるからです。

ツイート内容を深堀りしつつ書いていきます。




①内定が決まったら他社選考を受けよう

Woman Sitting on Chair

内定が決まってからは他社の選考を受けてみた方がいいです。

就活時期早々なら受けたいところを受けよう

インターンなどを通して、就活解禁の時には内定を
手に入れてる場合の人もいますが、色々が業界他社を受けてみた方がいいです。

既に納得のいく企業の内定を手に入れている状態で
他社選考を受けると、他の就活生と違ってリラックスした状態で
ESを書いたり、面接を受けることができます。

ほとんどの就活生はガチガチの状態ですが、
余裕がある分、素のままを出せるので、
自分らしさを出しつつ選考でPRできます。

自分の就活レベルを知ることも自己分析になる

学歴フィルターや顔採用など、
世間やネットで色々と言われてますが、
どのくらいのレベルの企業が通過するのかを試してみるのもありです。

自分の就活レベルを知ることで、
就職してからその企業で挫折したりしたとしても、
今の会社が自分のスペックの限界値と割り切ることができます。

この理解をしていることによって、
今の環境がベストであることを重々把握することができ、
目の前の仕事に対して全力で取り組むことができます。

内定後は他社選考も通過しやすい

ちなみにですが、
1社内定を手に入れれば、その後の選考も通過しやすいです。

この理由は、面接で必ず内定した会社を聞かれるので、
既に内定している会社を伝えれば、
企業も客観視しつつ内定を与えても良いという心理になりやすいです。

具体例を言うと、
学校で人気な人は、必ず2人以上好きになっている人は多いです。

これは他の誰かも好きになってるから、
自分が好きになっても変なようには見られない、
といったものと近しいです。

②選考に落ちてもメンタル崩壊はありません【滑り止めが支えてくれる】

Boy in White Shirt and Black Track Pants

内定0で落ち続けると辛いですが、
1社でもある状態であれば鬱になることもないです。

失敗しても保険がある状態【安定期】

内定がある状態で、選考に落ちたとしても、
精神的なダメージがくることはないです。

保険がある状態なので、
失敗しても良いや、というマインドで就活に向き合えるので、
攻めてダメだったから仕方がないと割り切れます。

メンタル崩壊すると、就活は失敗になりやすいですが、
保険があると精神的に安定します。

道が見えてるか否かでかなり変わる

内定を持っていることによって、
既に道は見えている状態です。

そのため、あとはその道を1つ、2つと増やしつつ
選択肢を増やしていくステージになります。

企業を受ければ受けるほどコツもわかってくるので、
就活が楽しくなります。

落ちたら落ちたです

内定を手に入れた会社よりも有名で平均年収も高い会社に
挑戦してみた結果、不採用だったとしても、内定があることで割り切れます。

逆に受けてみてよかったと思いやすくなります。

これが逆に受けなかったとすると、
就職してから、もしあの時受けていたら合格していたかな、、と
自問自答を繰り返し、ダメ元で受ければよかったと後悔しやすいです。

内定があるからこそ、後悔のないアクションができます。

③あらゆる大手企業を受けてみよう

man sitting on sofa while using laptop

新卒はプラチナチケットとも言われてます。
これは世界的にも日本のみの特権でもあります。

様々な業界大手を受けれる

シンプルに新卒なので、様々な業界大手を受けることが可能です。

第二新卒というワードが出てきてますが、
全ての企業が対象にはなってません。

業界大手に挑戦できるのも今しかないので、
受けてみるのもありです。

大手狙いなら内定が決まった会社より規模の大きいところを受けよう

大手志望の学生であれば、
内定が決まった会社よりも大きい会社を狙っていきましょう。

仮に内定を手に入れた場合は、自己分析をもう一度行い、
自分ができること、やりたいことを見つめ直した上で、
会社選びをしていきましょう。

ちなみにですが、新卒は比較的ネームバリューがある会社にいれば、
ローンを組む時や、クレジットカードを作るときにも有効です。
転職するときにも肩書きとなります。

受かったら進路を決めよう【内定辞退は悪いことではない】

内定をたくさん取った後に
会社選びをすることになりますが、
内定辞退をすることは悪いことではないです。

オワハラという言葉が世に出てくるようになり、
内定を手に入れたあとは承諾書提出を要求してくる会社もいますが、
正直、法的には何の効力もないです。

内定辞退は悪いことではないので、
思い切って就活に取り組んでいきましょう。




就活が嫌ならやめてもOKです【後悔のない就活を】

Woman and Man Riding on Motorcycle

就活はたった1回ですが、最後の学生生活の時間でもあります。
夏休みになったら終了してもOKです。

学生最後の夏休み

就活の時期に、学生最後の夏休みとかぶることになります。

当たり前ですが、有給はフルに使っても1週間なので、
丸々1ヶ月から2ヶ月の休日はありません。

内定が決まってない人は、
最後の学生生活の夏休みも就活に取り組む人もいます。

内定が決まっていればやめてOK

既に内定が決まっていて、
納得のいく就活をしたのであれば、就活引退してもオッケーです。

1社から内定を手に入れたあとは、
納得のいく就活ができるかがポイントになります。

最後の学生夏休みを楽しむのも悪くはないです。

内定後の過ごし方

自分の場合は、Fランということもあったので、
就活は夏休みも行いました。

単位だけは既に取得し、卒論もなかったので、
半年の期間を使って、エンジニア留学でプログラミングスキルを手に入れたり、
英語力もさらに上げていきました。

内定後の過ごし方について、別記事でまとめたので
見てみてください。

就活の内定後の過ごし方【自己投資しよう】

まとめ:就活が終わってからは楽しんで他社を受けてみよう

silhouette of man standing on high ground under red and blue skies

ガチガチになることはないです。
リラックスしつつ受けていきましょう。

レベルの高い企業を受けてみよう

内定を手に入れてからの就活は、レベルの高い企業を受けてみたり、
興味を持った企業の選考に挑戦したりといった具合で挑戦してみましょう。

たとえ不採用でも内定を手に入れている会社があるので、
不安要素もないので、失うものは何もないです。

新卒はプラチナチケットなので、
あらゆる業界の大手からベンチャーを受けていきましょう。

内定ありで受けると自信がみなぎる

内定ありで会社を受けると、自信に満ち溢れます。

そのため、素の自分をアピールできるので、
会社からすればガチガチの就活生よりも、
気持ち的に余裕のある学生を欲しいと思うようになります。

人によっては、雪だるま式に内定を手に入れていく人もいます。

内定がある状態だと他社も通りやすい

内定保持状態だと、
会社もこの人材なら問題ないという心理が勝手に働きます。

内定を既に持っているのなら、
絶対にこないだろう、という考えにはなりません。

理由は、内定を手に入れているのに就活を続けていることは、
第一志望ではないという動かぬ証拠ですし、
最終面接までは、社員が対応するので、
明確な判断ができないと上の人に見てもらうという習性があります。

内定があることによって、
就活も明るくなるので、1社から内定を手に入れた後も
他社を受けてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です