副業で得られるメリットとデメリット【企業側にもメリットあり】

就活を控えている人

「現在、社会人2年目のサラリーマンです。
会社の人事系部署に配属されてます。

最近、自分が勤めてる企業が副業解禁しても良いと全社向けにお知らせがありました。

副業をしようかなと思ってるのですがぶっちゃけWワークになるので
しんどいイメージしかないです。

ぶっちゃけ副業で得られるメリットとデメリットってなんですか?
メリットとデメリットを知ってから本格的にスタートしたいです!!」

 

 

こういった疑問に答えます。

 




この記事を書いている私は、
社会人1年目の時から副業をゴリゴリしてきました。
(サラリーマン以上の収益なんてすぐに突破しちゃいました。。)

自分の経験を含めつつ、メリットとデメリットについて書いていきます。

副業で得られるメリットとデメリット【企業側にもメリットあり】

man holding phone white using MacBook

副業で得られるメリットは下記の3つです。

 

①収入が増える

②新たな可能性が見つけることができる

③将来の不安要素がなくなる

 

メリットはこんな感じです。
1つずつ説明していきます。

①収入が増える

これは言うまでもなく自分の収入が増えます。

さらにアルバイトなどの時間を対価とした仕事でなければ、
収入を上げることができる限界値というものがありません。

無制限に収入のレベルを上げることができるので、
サラリーマンで得られる固定給+副業で新しい収入の柱を作ることができます。

収入が増えることで自分自身に自信を持つこともでき、
性格的にも明るくなる人が多いです。

これはあくまで予想ですが収入が増えることによって
心のゆとりを持つことができることから性格が変わる人は多いです。
(自分の周りで副業をしてる人は全員性格が変わりました。)

②新たな可能性を見つけることができる

副業をすることで新たな可能性を見つけることができます。

例えば、YouTubeとかでの発信や自分で商品を作って
ココナラなどで販売するといったことであったり、
フリーランスの求人サポートサービス「クラウドテック」で仕事を募集しているものを探して
在宅ワークを行ったりすることができます。

自分が今までの人生間で触れていなかったことも触れることになるので、
視野が広くなり、将来的に転職なども考えている人であれば選択肢も増えます。

③将来の不安要素がなくなる

シンプルにですが将来的に不安要素というものが無くなります。

不安要素とは年金であったり、
生きていく上で必要な資金です。

これからは副業は必ず全員しないといけない時代になります。
そのため、今のうちに会社以外での収入源を作っておくことで、
リストラになったとしても副業で稼いでいれば生きていくことも可能です。

副業をしないといけない理由については別記事でまとめてるので
見てみてください。

社会人は定時で退社して副業しよう【副業のススメ】




副業をすることで得られるデメリット

silver and black laptop computer

副業をすることによって生じるデメリットについても書いていきます。

確定申告などの処理がめんどくさい

これは副業をするにあたって避けては通れない問題です。
必ず稼いだ分は国が定めるルールにしたがって税金を支払わないといけません。

確定申告のやり方などについては
詳しく書いているサイトを見つけたので、
よかったら見てみてください。

会社で働く意味がわからなくなってしまう

これは副業をする人のあるあるですが、
会社で働く意味がわからなくなります。

なぜかというと、給料以上に稼いでしまうと、
会社で制限される時間を自分がやっている副業にどっぷり時間をかければ、
収益はどんどん高くなると感じるからです。

副業で稼げば稼ぐほど、
会社に貢献してもっと頑張ります、と述べる人の考えがよくわからなくなってきます。

自分の経験を書くと、
副業でゴリゴリに稼いでしまった結果、
タイムリーに優秀だった社員を表彰する会で一人ひとり話すスピーチに対して
共感どころか気持ち悪くなったぐらいです。

労働だと体力的にしんどい【放置しても稼げる仕組みが必要です】

バイトなどで体を使う仕事は若い時にはいいかもしれませんが、
シンプルにしんどいです。

年齢を重ねれば重ねるほど、
体力も衰えていきます。

大事なのは如何にして簡単作業で収入が発生するかです。
わかりやすい例が投資とかであればお金がお金を生み出すことをしてるので、
何もしていなくてもお金が発生します。

このように普段会社で仕事をしてる時でも
収入が生み出される仕組みを何個持ってるかがキーポイントです。




まとめ:副業をすることで企業側はメリットもあります

three men sitting while using laptops and watching man beside whiteboard

BtoB企業は比較的ホワイト体質の会社が多いです。

普段の仕事にも副業で得られたスキルを活かせる

副業は企業にとってもかなりメリットはあります。

例えば、PCを使う副業であれば、
タイピングが早くなったり、効率よくエクセルのVBAを組み込んだりできたり
といった感じで仕事の効率が上がります。

効率が上がることによって会社にとっても
残業代が浮いたりするので経費削減にも繋がったりします。

あらゆるスキルを会社の中で十分に発揮できるので、
企業にとっても副業をさせることに対してメリットがかなりあります。

残業代を減らすことができる【経費削減】

定時で帰って副業でゴリゴリ稼ぐ習慣が当たり前になれば、
企業にとっても無駄に残業代を支払うことがなくなるので、
経費削減に繋げることができます。

企業にとって、一番高い経費は人件費です。

如何に人件費をカットできるかが企業からすればポイントなので、
副業を解禁させて定時で帰らせる方向性を示すと
収入をコントロールできるのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です