VYVOのビジネスはホワイトorブラック?【MLMの種類を解説】

ネットワークビジネス初心者

「友人からVYVOのネットワークビジネスの勧誘を受けました。

違う友人から、自分の親に流行ったアムウェイの勧誘も受けたり、
最近だと、インスタグラムなどのSNSで投資系ネットワークビジネスも勧誘が来ています。

ぶっちゃけ、VYVOは他のMLMと比べて何が違うのでしょうか?
特徴だったりを教えて欲しいです。」

 

 

 

こういった疑問に答えます。

 




この記事を書いている私は、
実際にVYVOのビジネスに参入し、半年経たない内にタイトルを取得しました。

VYVOのイベントには積極的に足を運んだり、
セミナーには登壇したりしています。

VYVOのビジネスはホワイトorブラック?【MLMの種類を解説】

White Jigsaw Puzzle Illustration

VYVOはもちろんのこと、
アムウェイであったり、ニュースキンなどのモノを扱うMLMは合法です。

理由は下記の3つです。

 

①日本の特商法を通して会社を置いている点

②モノが売れるから権利収入が発生【投資系MLMは詐欺】

③製品も粗悪なものではなく、クオリティーは高い

 

メリットはこんな感じです。
1つずつ説明していきます。

①日本の特商法を通して会社を置いている点

そもそもですが、ネットワークビジネスを日本でする場合、
日本の法律でクリアにならないとできません。

特商法でクリアになっていれば、
その会社のネットワークビジネスが日本で公認ということになります。

たまに、日本にこれから上陸するから今のうちに参加しといた方がいい、という
いわゆる”上陸詐欺”もあります。

②モノが売れるから権利収入が発生【投資系MLMは詐欺】

投資銀行にお金を投資して、紹介を出せばコミッションも入る、
といった投資系ネットワークの勧誘が多発しています。

投資系ネットワークは、そもそもモノを扱っていないため、
マルチまがい商法、すなわちネズミ講になります。

VYVOなどの製品を扱うようなネットワークは、
ダウンがメンバーとして入ってきた場合、コミッションが入ってくる形になるので、
投資に失敗したため、会員にお金を出すことができない、ということがありません。

③製品も粗悪なものではなく、クオリティーは高い

アムウェイ然り、ニュースキン然り、
製品のみで見ると、非常に良いクオリティーのものが多いです。

特商法にクリアしていないようなネットワークの会社は、
商品自体も品質が悪いものであったりします。

会員にはならなくても、
製品のクオリティーが良いから、という理由で、
会員になる人は多いです。




投資系MLMは基本的に5年以上続きません【詐欺案件】

Police standing on road

投資系ネットワークをしている人がSNSで見かけますが、
固い案件ではないので、5年以内に案件が消滅します。

投資系ネットワークがなくなる理由

投資系ネットワークがなくなる理由は、
そもそも投資=100%ではないため、組織が広がれば広がるほど、
投資失敗した際にコミッションが発生しないといった問題も発生します。

また、投資系ネットワークのトップは、
金を集めるだけ集め、十分に利益が入った後に、
トップがいなくなったりといったことが日常茶飯事です。

基本的に5年以内には完全に飛ぶので、
メンバーが多い人ほど、紹介者に白羽の矢が立つので、
がっつり投資系ネットワークをやっている人は要注意です。

過去に無くなった投資系ネットワーク

過去に無くなった投資系ネットワークについて書いていきます。

  • ビットクラブ
  • アリエックスチェンジ
  • レブキャピタル
  • プラストークン
  • ウォートークン

他にも色々とあると思いますが、
基本的にモノがないネットワークはネズミ講です。

案件を流した張本人のみしか稼ぐことができません。

MLMが嫌われる理由

Hi Haters Scrabble Tiles on White Surface

無知な人ほど違った解釈をしています。

MLM=ネズミ講という間違った認識

よく勘違いが生まれるのがネットワークビジネス=ネズミ講、という認識です。

どうしても形式的に勘違いされてしまうのですが、
モノがあるのでネズミ講ではないです。

また、如何に自分の系列組織を伸ばすことができるか、なので
先に始めたから儲けて、後から始めたから儲けられないということはありません。

収入の逆転が狙えるのがMLMの良い点です。

アムウェイの固定概念が強い【宗教レベル】

誰もが知るアムウェイは、
洗脳されているかのように教育されています。

権利収入が欲しいからアムウェイをやっている人も、
1970年台に流行った会社が、令和の今の時代にスタートするなんて遅すぎます。

MLMはタイミングが遅くても収入の逆転はできますが、
ビジネスチャンスが過ぎている案件をやっても難しいです。
今の時代にポケベルやガラケーを売るのと同じです。

逆に製品が好きだからやってる、というのも
今の時代ならアマゾンやフリマアプリで安く転売されているので、
高い金を払って会員にならなくても、製品は買えます。

つまり、わざわざ会員にならなくてもいいです。

稼いでいない人がアンチを行う【ただ動いていないだけです】

もう1つあるあるなのが、
稼いでない人がただただ文句を言うパターンです。

このような人は、動いていないだけで文句を言っている人です。

ビジネス=100%ではないです。
何も考えないでやると、必ず失敗します。
マインドセットがない人だと、ここでアンチが生まれます。




まとめ:成功者1割でもタイミングがよければハードルが下がる話【VYVOをやろう】

two men in suit sitting on sofa

VYVOは転売が難しく、今まさに成長期のタイミングです。

VYVO製品は転売が難しい

VYVO製品は、自分のDNAデータをAIに登録し、
自分の生体データをウェアラブルを通して常に送ることで、
その人の健康状態に合わせたオーダーメイドのサプリが送られます。

アムウェイでもサプリはありますが、
ひとりに合わせたサプリは存在しません。

この辺で物販系MLMのデメリットを払拭しています。

VYVOのタイミングはまさに成長期です

今この記事を書いている時点で、
日本支社が立ち上がって、まだ半年も経過していない状況です。

ビジネスとしてスタートするのであれば、
今が絶好のタイミングだったりします。

国も5Gや第4次産業革命に向けてインフラ状態を整えに動いているので、
大きな波は来る可能性が非常に高いです。
(自分も副業ベースでやりましたが、いとも簡単にタイトルが取れました。)

この時代が変わるタイミングで、
そして成長期のこのタイミングで如何に関われるかが、
将来的な権利収入が入るかどうかが決まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です