TOEICを独学だけでスコアアップする勉強法【600点は独学で可能】

TOEICを勉強している人

TOEICの勉強を独学で始めたいと思ってるけど
勉強法がわからない。」

「本屋に行けば、たくさんある教材の何から
取り組めば良いかがわからないし、

アルバイトとか仕事で忙しいから、効率よくスコアが
上がる独学でできる勉強法などを教えて欲しいです。」

 

そんな疑問や悩みに答えます。

 

この記事を書いている私は、隙間時間の独学勉強法で810点まで伸ばした経験を元に
勉強方法や教材について書いていきます。

 




TOEIC独学勉強法の第1歩(最初にやること)

unpaired brown sneaker and blue denim pants

TOEICを独学で勉強しスコアアップするには、
最初のファーストステップをどのように踏み出すかが
キーポイントにもなります。

独学勉強法でマストでやらないといけないことを書いていきます。

現状を分析してターゲットスコアを定めよう

まずはなんと言っても今のスコアから分析するところから始めましょう。

自分が今どこにいる位置なのかがわからないのに
スタートしてもスコアが伸びることはないです。
特に独学なら余計です。

そしてそのあとはゴールとなるもの、
つまりターゲットスコアを決めましょう。

目標が目に見えないと継続することは難しいです。
試験結果に書いているアビメを見るようにしてください。

「アビメ」の画像検索結果

リスニングのパラメータの見方

アビメのメーターがどこのパートに関係しているものなのかと言うと、
リスニングなら上から数えて、

短い会話、アナウンス、ナレーションなどの文書の中で
明確に述べられている情報をもとに要点、目的、基本的な文脈を推測できる
PART1、2

長めの会話、アナウンス、ナレーションなどの中で明確に
述べられている情報をもとに要点、目的、基本的な文脈を推測できる
PART3、4

短い会話、アナウンス、ナレーションなどに置いて詳細が理解できる
PART1、2

長めの会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる
PART3、4

フレーズや文から話しての目的や暗示されている意味が理解できる
PART3、4

です。

リーディングのパラメータの見方

リーディングなら上から

文書の中の情報をもとに推測できる
PART7

文書の具体的な情報を見つけて理解できる
PART7

ひとつの文書の中でまたは複数の文書間で
散りばめられた情報を関連付けることができる
PART6、7

語彙が理解できる
PART5、6、7

文法が理解できる
PART5、6

です。

リスニングもリーディングも、
これらは受験者の平均よりも高かったのか低かったのかを確認できるだけでなく、

”あとどれくらい頑張らないといけないか”ということが明確に把握することができます。

そしてどこのパートかが分かって、勉強法を調べて量を重ねれば、
スコアは自動的に伸びていきます。

独学なら2時間は最低でも勉強しよう(単語の時間は入れない)

woman writing on notebook

独学で成功するための必須条件を書いていきます。

実践形式の問題は毎日解く必要がある

独学だからこそ2時間は問題を解くことが前提です。
これはなぜかと言うと、2時間も集中して勉強できない者が
本番で2時間も集中して勉強することなんて不可能だからです。

マラソン選手でも普段から長距離走を走っているから
最後まで走り抜けることができるのです。

2時間以上の勉強ができていない人は、
量を増やす取り組みから始めましょう。

2時間の勉強内容は、
基本的にTOEIC公式問題集や模試を徹底的にやりこむことに
フォーカスしてください。

実践形式のテストで練習するのが一番伸びます。

野球やサッカーでもずっとキャッチボールやパス練習だけをしていても
勝つことはできません。

2時間の時間は実践形式の問題を解いていくことを意識してください。

TOEICの問題集を使おう【大学受験時代のものは必要ない】

基本的に勉強を進めるには公式問題集1冊でOKです。
最新のものは最新の傾向に合わせて発行されているので、
傾向に沿った試験対策をすることができます。

TOEICの公式問題集の量を多く重ねた人は、TOEIC著者が作成した問題集で量を重ねるのもありです。

公式問題集よりも少し難しい問題を作成しており、公式問題集とは違って、丁寧に解説もしてくれる良書です。

テクニック本で解き方をマスター

woman using computer sitting on black chair

TOEICを独学でしている人は、
解き方などのテクニックを身につけることをおすすめします。

TOEIC独学のデメリット

TOEICを独学で勉強していくとなると、
何がデメリットになるのかと言うと、

スクールで学べる解き方テクニックなどの
情報が入ってこないことです。

また、解き方を知らないと、
600点必要だったのに595点だったという
悲惨なことにも繋がり兼ねません。

各パートの解き方をマスターするように
頭の中にインプットしたあとは前述した模試などで
試しながら自分のものにしましょう。

TOEICのPART特化型問題集について【リスニング】

今回、如何に飽きずに継続して
勉強することができる良書を紹介致します。

これらの本は長くTOEIC業界に携わりながら
執筆している先生が書いた本であり、

つまずくポイントや解き方が書いております。(私もお世話になりました。。)

問題数が少なくなったPART1は難易度が高くなってきている傾向です。
この本一冊で、写真問題の解き方をマスターすることが可能です。

PART2も平叙文の解き方やパターンが
この本一冊にぎっしりと入っているためおすすめです。

問題数が増えたPART3とPART4を完全にクリアするためには、
話の流れやオチ、聞くポイントが
どこにあるのかを掴み取る必要があります。

また、グラフやマップの問題が追加され、
難易度が高くなってきている昨今、

完全にクリアする方法も記載されているため、
この本なしにはスコアをもぎ取るのは難しいでしょう。

ぶっちゃけ量を重ねていかないとレベルアップしないのが現実です。

TOEICのPART特化型問題集について【リーディング】

日本語での解説も詳しく記載されている且つボリュームも大きいもので良書となるのが、
出る1000問とイイクフンのPART5・6問題集です。

1000問は量も多いですが、わかりやすい解説も記載されており、
質と量をどっちも磨きつつ重ねることができます。

自分もこの問題集を3周以上はやっており、PART5でわからない問題は1問あるかないかまでのレベルまで成長できました。

”わからないからとりあえずAにしとこ”

こんな感じの答え方をしている人に向けた一冊です。

イイクフンは量も多いですが、解説が若干微妙です。しかし、問題の質はものすごく高く、
かなりハイレベルの問題が収録されているのでパワーアップしたい人には非常に向いております。

この2冊を繰り返せば、PART5とPART6は完全マスターと言ってもいいぐらいです。

※最難関のPART7について

そして最後の関門であるPART7。

これはシングルパッセージやダブルパッセージそして
トリプルパッセージなどの解き方やポイントが書かれていて、

受験者の90%が問題を抱える
”塗り絵状態”の解決法が書いておりますので、

文法やある程度の単語はわかるけど、
TOEICになると解き方がわからないという方はおすすめです。

イ・イクフンシリーズでもよかったのですが、PART7はかなりレベルが高いので、
まずはゼミシリーズで始めた方が賢明です。




スコアアップのためのツールや環境を構築しよう!

hand tool on wall

スコアアップを独学でしていくにあたり、ツールや環境を作っていかないといけません。

環境を整えないとスコアアップはできない

お金をかけずに環境を変えていく努力は必要です。

なぜなら勉強は継続してなんぼの世界です。

広告文で”5分でペラペラに”といったことは
残念ながら存在しません。

独学でTOEICスコアアップをするための
ツールや環境について書いていきます。

独学の鉄板!図書館で勉強しよう

独学で勉強するなら”場所”はかなり重要になります。
基本的には図書館で勉強するようにしましょう。

図書館で勉強する理由は何と言っても
周りも勉強している環境下だから。

図書館で集中できる雰囲気にとっぷり浸かり、
問題を解いていきましょう。

個人的には模試などを解くことをおすすめします。

電車内では単語の勉強が断然おすすめ

単語は必ず隙間時間。電車の中がおすすめです。

理由は簡単。だらだらやるより短時間でメリハリをつけて
やる方が記憶の定着度は高いから。

例えば、

京都駅から大阪駅までの区間を◯ページまでの単語を
覚えきる!

といったように限られた時間内で覚えようとするように
脳が働きをかけるため、集中度が増します。

これが図書館やカフェ、自宅だとどうしてもだらだらと
ただ開いているだけになったりします。
(特に自宅だと誘惑は多い)

なので単語は電車や待ち時間などの隙間時間を使って
覚えるようにしましょう!

勉強アプリやツールを使って隙間時間を駆使せよ

隙間時間のわずかで実践的な勉強や得意なことを伸ばしたい!
という方は、隙間時間を使ってゲームのように没頭しましょう

苦手なことだと隙間時間では
解決できなくて、挫折しやすく、

自分はできない

と思い込みをしてしまう可能性があります。

待ち時間や通勤電車などでおすすめなのが、
よくYouTube広告で出てくるスタディーサプリというアプリがおすすめです。

【参考】:TOEIC3ヵ月以内に200点以上UP!スタディサプリENGLISH

分かりやすい講義を動画で見れるという優れもの。

大学生に限らず時間が足りない社会人の人にもおすすめのものです。
勉強を管理してくれるチャット形式のサポート体制があったり、

電話などでも今の勉強法や対策を教えてくれたりなどの
あなたの時間に合わせた勉強が可能になります。

TOEIC独学について

woman biting pencil while sitting on chair in front of computer during daytime

TOEIC独学の必要条件についてまとめます。

TOEIC独学成功の条件

・自分の現在のレベルを把握する

・どこが弱いのかをアビメを見ながら理解する

・最低2時間は問題集を解く

・各パートの解き方を覚えてマスターする

・勉強の環境は整える。隙間時間は無駄にしない。

TOEICを独学でしていくとなると、
自分で手探りの状態で勉強してしまいがちです。

スコアによって勉強法が変わる試験。
それがTOEICです。

なので、自分の今の位置をしっかりと把握し、
方向性が分かれば、あとは行動するだけです。

量を積むことを怠らないことをすれば、スコアは必ず伸びます。

TOEIC独学デメリット

ここまで記事を書いてきましたが、正直、勉強慣れしていない人がTOEICを始めると、
序盤の方で挫折する人が多いです。

なので、最初はスクールなどに通いつつ、
慣れてきたら独学で勉強するのも良い手段です。

今であれば、ラインのオープンチャットなどで、
日本中の人と匿名でコミュニティー作りなどもできたり、参加できたりするので、
そこで意識を高めつつ、勉強に励むのも良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です