TOEICのPART5とPART6を正答率8割を出す勉強法と解き方

TOEICスコアを伸ばしたい人

「TOEICのPART5とPART6の正解数が少ない。
正解数を増やすための勉強法を知りたい。」

「また、本番で100%の結果が出せるための
解き方も教えて欲しいです。」

 

こういった疑問に答えます。

 

この記事を書いている私は、
TOEIC145点から810点まで伸ばし、
PART5と6の正答率は9割を切ることはなくなりました。

 

TOEIC・PART5とPART6の勉強法

Woman Wearing Blue Jacket Sitting on Chair Near Table Reading Books

リーディングパートの最初の関門。

 

リーディングスコアを上げるためには
スコアのコアとなるPART5と6をマスターしなければ、
PART7も正確に速く読み込むこともできません。

 

PART5と6を解くための勉強法をまとめました。

品詞問題をマスター

TOEICスコアを上げるためには、
品詞問題から完全に解けるようになることが前提です。

 

TOEICのPART5は見たら3秒や5秒で解ける問題が
多く出題されます。

 

この問題を正確に速く解答ができなければ、
TOEICスコアが今後伸びることはありません。

 

 

TOEICの正解数を増やしていくには、
圧倒的なボリュームの丁寧な解説と
問題を解いていくことがPART5と6の解答力を
高めることができます。

時制問題をマスター

 

品詞の特徴や文法などを理解したら、
次は時制問題をマスターしていきましょう。

 

時制問題とは、未来形や過去形、
現在過去完了や現在進行形といった
時を表すものです。

 

 

1億人の英文法は、

”英語って何?美味しいの?”

という方にも親切に英語文法を
教えている良書です。

 

時制問題は詳しい解説をしっかりと
読み込んで理解しないと、
時制問題を解けるようにはなりません。

語彙を覚えよう

単語を覚えましょう。

これはよく間違えられるのが、

単語を覚える=1日使って覚えようとする

といったことではありません。

 

毎日10分で良いので、
メリハリをつけて短時間で多くの単語を
覚えるようにしてください。

だらだらしてても
覚える量は増えないです。

 

”短時間に多くの単語を
頭の中に叩き込む。”

 

この意識で取り組んでください。

TOEIC・PART5と6の解き方

Man Holding Chess Piece

本番でベストパフォーマンスを発揮するための
解き方を書いていきます。

品詞問題は3秒で解く

品詞問題は基本的に3秒で解くようにしましょう。

 

全文を読まなくても空欄の前後だけを
見るだけで解答ができるので、

 

①空欄だけを確認

②わからなければ文章を読む

 

という解き方をしてください。

 

わからない問題は捨てる

わからない問題は捨てましょう。

 

本番でわからない問題に時間をかけるだけ無駄です。
TOEICには、300点レベルの問題や900点レベルの問題が
無作為に入っています。

 

TOEIC300点レベルの人が900点レベルの
問題をわからないと嘆き悩んでいるだけ
時間の無駄なので、

 

全くわからなければ、
次の問題を解くように心がけましょう。

 

上級者は15分以内に解こう

TOEIC600点以上を目指していくのであれば、
必ずPART5とPART6は15分以内に解き終わるように
心がけてください。

 

旧形式から新形式になったため
PART7の問題が増え、さらに読み込む量も
増えました。

まとめ:最初は正確性。次にスピードを【PART5・6スコアアップ】

Person Shooting Arrow from Bow

スピード回答が求められますが、スコアを取るためには正確な回答も求められます。

まずは正確性を身につけよう

TOEICに限らずですが、正確な回答力がなければスコアアップには繋がりません。

 

問題が多くて時間までに回答が間に合わないのはTOEICあるあるですが、
リーディングスコアで300点もクリアしていないのであれば、
基礎の部分も抜けている場合がほとんどです。

 

野球でもスピードが速くてもコントロールが悪ければゲームで使えません。
TOEICも一緒で、スピードを上げることを目的にするのではなく、
スコアを上げることを目的にするように勉強に励んでください。

 

最初にやるべきことはPART5と6の勉強で、正確な回答力をつける段階です。

文法力が身についてきたらスピード力【品詞問題は3秒で回答】

文法力が身についてきたあとは、
正確な回答力を維持したままスピード回答力をつけることが重要になってきます。

 

TOEICのPART5・6では覚えておけばすぐに回答できる問題も多数出題されます。

 

正確な回答力を身につける→スピード回答力をつける→実践慣れをする、といった
段階を踏んで勉強をすることでスコアも変わってきます。

TOEIC・PART5と6の勉強法・解き方まとめ

・品詞問題はマスト

・時制問題は慣れる

・語彙力アップは習慣化

・わからない問題は捨てる

・PART5とPART6は15分以内で解く

 

特にTOEIC600点以下の方は、
PART5とPART6でスコアを稼ぐことが
必須条件です。

 

むしろここで詰まっていたらTOEIC700点や800点は
間違いなく無理です。

 

今回紹介した問題集は、
私が実際に持っていて使った中でも良いものを
紹介しました。

 

圧倒的な努力量を重ねて、
PART5とPART6の正解数を増やし、
スコアアップを目指していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です