TOEICは就活で必要ない3つの理由【Fランから大手内定の経験】

こんにちは。ケントです。

 

Fラン大学生でしたが上場企業の内定を勝ち取りました。

もちろんコネとかではないです。

 

なぜFラン大学生でも上場会社の内定を勝ち取ることができたのかと言うと、

TOEICを用いた就活の方法が確立されていたからです。

 

しかしこんなことを言ってますが、ぶっちゃけ結論から言うと、TOEICは必要ではないです。
(本当に必要ならTOEICフィルターを使ってきます)

日本の就活でTOEICは必要ない3つの理由

 

①英語は就職してから研修でどうにかなるという企業の考え

②「TOEICスコアが高い人=仕事ができる」ということではない

③新卒ならポテンシャル採用

 

就活でTOEICが必要ない理由はこんな感じです。

1つずつ説明していきます。

①英語は就職してから研修でどうにかなるという企業の考え

person showing to people the Mashroom6 signage inside room

英語は今できなくても就職してから研修でなんとかなるという考えがあります。

日本は終身雇用社会だからこその考え

終身雇用社会は崩壊と言われてますが、半数以上の日本の会社は終身雇用社会を重んじているところがまだまだ多いです。

 

定年退職の年齢が引き伸ばされていく状況で、長い社会人生活を経てじっくり育てていけば良いと考えているので、

 

英会話研修

短期留学

MBA留学

 

といった研修を受けさせて、出張や駐在で英語に慣れていけば良いと考えています。

大手企業でも英語が完璧な人は少ない

企業説明会などにいけば人事がその会社の事業内容や福利厚生などを説明してくれます。

 

海外拠点などの説明の時には、

 

”英語ができなくても大丈夫。英語ができなくても海外駐在のチャンスはあります”

”この前アメリカ駐在が決まった私の同期はTOEIC300点台でした”

 

といった感じで、一見、英語ができない人に対して、励ましてくれているように見えますが、これは事実です。

 

私が内定した会社でも、海外拠点が多いですが、英語ができる人はほんの一握りでした。

「TOEICスコアが高い人=仕事ができる」ということではない

broken ceramic plate on floor

TOEICは自慢できるくらいの高いスコアを取ってるから仕事ができるということではないです。

TOEICが高くても仕事ができなければ意味がない

よく勘違いされるのが、TOEICスコアが高いから仕事もできるという人がいますが、全く関係ないです。

 

TOEICが高いから売上も伸びることもないですし、マネジメント能力が跳ね上がることもないです。

 

TOEICが高くても英語が話せない人が存在するように、

 

TOEICなんてただの紙切れに近いのです。
(日本はTOEIC信者が多いのでスコアが高ければ自信になります。)

 

会社もその辺は理解しており、新卒に求めるものは英語がマストではないです。

仕事ができてTOEICが高ければ人材価値が跳ね上がる

しかし、仕事ができてTOEICスコアが高ければ、あなたの人材価値が跳ね上がります。

 

なぜなら日本国内で完璧にできることを
他国でもできる力があると思わせることができるからです。

 

新卒ならまずは仕事ができるように取り組むことが最初のステップです。

 

そして就活生なら仕事ができると思わせるようにエントリーシートや面接でアピールしないといけません。

仕事ができて英語できる人材はチャンスが多くなる

仕事ができることを前提に英語ができる人材であれば、よりハイレベルの業務=出世することができます。

 

大手企業では、昇進・出世の条件で

 

”TOEICは〜点以上でないと
試験を受けることはできない”

 

というものがあったりします。

 

しかしこの試験を受けることができる条件として、普段の業務で仕事ができているかが前提があっての話です。

 

TOEICスコアは高いけど仕事ができないということであれば昇進・出世はできません。
また、日本の会社であれば勤続年数といったことも考慮されます。

③新卒ならポテンシャル採用

関連画像

新卒はポテンシャル採用と言われており、転職と違ってどんな職種や業界も受けることができます。

 

就活で必要なポテンシャルとは、問題解決力や地頭の良さ、コミュニケーション力があるかといったところです。

 

では一体新卒に求めるものは具体的に何なのかを書いていきます。

アクション

新卒の採用で求めているものの1つでは、主体的に動けるかといったところがあります。

 

指示される前に自らやるべきことを見つけて取り組むといったところです。

 

失敗を恐れずに取り組む実行力はポテンシャル採用で必要要素の1つです。

シンキング

現段階の課題やニーズを明確にし、何かを創り上げる力は市場激化の社会において会社が生き残っていく上で条件の1つでもあります。

 

学生ならサークルや部活、留学でも良いので、問題点に対してどのように考えて計画して行動(アクション)したかを言語化してアピールすることができれば、面接では通過しやすいです。

チームワーク

最後はチームでできるかどうかです。会社もいわばチームです。

 

既存の会社メンバーと協調して、シンキングしながらアクションできるかを見ていきます。

 

ここでチームで何かを達成して経験をアピールすることができれば、面接通過と内定を勝ち取ることは可能です。

TOEICはアピールできるスコアがあれば1つの良い武器になる

Chess Piece

TOEICスコアは就活に必要ないと述べてきましたが、意味がないということではなく、持っていればアピールの武器にすることができます。

努力ができることが証明できる

なんと言ってもTOEICスコアが高ければ高いほど難易度が増します。

 

TOEICハイスコアホルダーが少ないこの日本では、600点でも高いと崇められます。
(取ってる本人はそうでもないと感じますが。。)

 

そのため、スコアが高ければ高いほど、努力ができる人をアピールすることができます。

グローバル社会に適応できることがアピールできる

英語の試験なのでグローバル社会に適応できるポテンシャルをアピールすることができます。

 

新卒の学生に求めないところですが、メインのアクション、シンキング、チームのアピールとプラスαで、英語力のアピールがあれば、
付加価値をつけることができます。

 

しかし間違ってもTOEICを取ったことをアピールすると内定から遠ざかる可能性が高いため、エントリーシートに書いてるだけで効果大です。

【まとめ】就活でTOEICはいらないけど持ってるだけでアピールできる

Selective Focus Photo of a Man Sitting

結論、就活でTOEICは必要ないです。

持っていれば加点されるといった感じなので内定の決め手になるとは限りません。

新卒はなんと言っても高い買い物

売上をいきなり出せない新卒の学生を雇用するのに100万円近く費用がかかります。

そのため、英語ができても仕事ができなければ人材投資した意味がないので、英語は二の次です。

企業がまず行うのは、マナーや言葉遣いなどの基本中の基本から教育していきます。最初のうちは就活生がTOEICスコアを持っていれば、企業からしたらお得な買い物ができたというところです。限定付録がついてきた、といったイメージです。

TOEICが無駄になるわけではない【TOEICを就活で発揮させる方法】

TOEICハイスコアホルダーの就活生は、エントリーシートの資格欄に書くのみのアピールだけで十分な効果が発揮されます。

 

あくまで、スコアがなくても困りはしないだけであって、決して、今まで無駄な努力をしていたということではありません。十分なアドバンテージにはなります。

 

別の記事でTOEICを十分に生かす方法について書いているので、是非実践してみてください。

 

【参考記事】:文系大学生がTOEICで就活戦争を無双する方法【大手志望必見】

文系大学生がTOEICで就活戦争を無双する方法【大手志望必見】

 

TOEICにフォーカスした就活ではなく、内定のためのツールとして臨んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です