TOEICと英会話はどっちが重要なのか【事実を話します】

こんにちは。ケントです。

TOEICの点数は810点。
英会話も仕事で使用してます。

TOEICと英会話はどっちが重要なのか【事実を話します】

 

①目的によって大きく変わる

②就活ならTOEIC

③海外移住なら英会話

 

色々な意見がインターネット上で
議論されてますが、

ぶっちゃけ人によってどちらに重きを置くかが決まります。

①目的によって大きく変わる

silhouette photo of two person sitting on cliff

目的によって英会話かTOEIC、どちらに重きを置くかが決まります。

なぜ勉強するのか

”なぜ勉強するのか”

このように考えたことはありますか?

ただかっこいいからとか
これから生きていく上で必要になるから

といった軽はずみの目的では
絶対に継続することはできません。

何を勉強するのか

なぜ勉強するのかを問い詰めたその先に
自分自身の目的が見つかります。

その目的に対して何を勉強するのかで
英会話なのかTOEICなのかが決まります。

どのように勉強するのか→目的に合った勉強法が決定

何をしていくのかが決まったあとは、
具体的な勉強の中身を行うのかを細かく決めていきます。

TOEICなら模試や問題集を受けながらスコアを出してみて
現在のスタートラインを知ることからスタートしますし、

英会話ならスクールに通って身につけたり
留学をしてみたり、オンライン英会話をやってみたりといった感じで
やることリストが決まります。

②就活ならTOEIC

Woman Holding Gray Steel Wrench

就活ならTOEICの方が良いです。

最強の証明書になる

学生のほとんどが就活で英語が
できることを証明したいはずなので、

このような場合は断然、TOEICを重点に
勉強に励んだ方が良いです。

英会話だと就職では弱い

英会話ができることを就活でPRしたいという意見を聞きますが、
面接官も人間なので証明できるものを求めます。

英語ができる、と一言で言われても
自己紹介ができるのみからネイティブレベルまで話せるといった
感じでレベルの範囲が広すぎるからです。

③海外移住なら英会話

desk globe on table

海外移住となると英会話です。

英語が話せないと生活に苦しみやすいです。

まずは英会話

オーストラリアやカナダへのワーキングホリデーや
結婚で移住するとなった時には英語ができないと
生活ができません。

そのため、このような状況の人は
TOEICよりも英会話に力を注ぐ方が賢明な選択です。

現地で仕事するなら証明書は必要

現地で仕事をするであったり、
大学に通うとなった場合は、プラスαでTOEFLやIELTSなどの
資格が必要になります。

人に説明する時には証明できるものが必要です。

友人・恋人と会話がしたい人は英会話に特化しよう

本記事をご覧になっている方で、
友人や恋人が外国人の人は英会話ができる方が楽しいはずなので
TOEICよりも英会話に取り組むのがベターです。

語学が上手くなるためにはその国の恋人を作れと言われてます。

また、〜と会話ができるように、という明確な目的ができるので
継続することも可能です。

まとめ:目的が明確じゃないと挫折します【自己分析は重要】

person standing near the cliff

目的がブレブレだと勉強に挫折します。

語学上達は長い道のり

語学上達は長い道のりです。

目的が明確でなく、ブレブレだった場合、
絶対に挫折してしまいます。

”そういやなんで英語なんて勉強してるんだろう”

こんな感じでなぜ勉強しているのかを忘れた瞬間、
TOEICにしても英会話にしても諦めることになります。

目的が明確でないと挫折する

勉強でなくてもビジネスでもスポーツでも
目的が明確でないと望んだ結果には繋がりません。

自分はどのようなことを望んでいるのかを
自己分析するようにしましょう。

ゴールデンサークルで目的を明確化しよう【WHY→WHAT→HOW】

英語だけに限らず、
目的を明確化するための方法は、

①なぜ
②何を
③どのように

という手順で考えると、勉強法も間違えることなく
取り組むことができます。

具体的に勉強に取り組む前に、
自分はなぜ英語を勉強するのかというところから
分析してみましょう。

分析してから勉強した方が、挫折することなく
勉強の成果も早く出てきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です