大学編入なら予備校へ通うべき理由【いつからがベストなのか】

大学編入の予備校を考えている人

「大学編入を考えている大学1年生です。大学受験に失敗して志望度が強くない大学に入学してしまいました。

大学編入を考えているけど、独学か編入専門の予備校に通うことを検討しています。

お金もかかることなので予備校については時間をかけて考えたいのですが、

いつから通い出せばよいでしょうか?」

 

 

こんにちは。ケントです。

大学編入を目指すために予備校へ通っていましたが、ロンドン大学への留学が決まったため編入を諦めてしまいました。

大学編入をしたい学生に向けてTOEICのコンサルティングやオンライン面接などを行い、関関同立やMARCH、国公立への合格に導きました。

先日、このようなツイートをしました。

大学の学歴は、就活で大きな影響を及ぼします。

学歴がないと、学歴フィルターで大手企業は書類選考の時点で自動的に不採用通知であったり、

ひどい場合は、登録した大学名によって会社説明会が常に満席状態といった現実を見ることになります。

大学編入をしたいなら予備校へ通うべき3つの理由【環境を変えよう】

 

①大学には誘惑が多い

②専門科目や面接のノウハウがわかる

③同じように編入を目指す友人ができる【モチベーションUP】

 

大学編入を目指す理由はこんな感じです。

1つずつ説明していきます。




①大学には誘惑が多い

person giving something to man

大学キャンパスには誘惑が多いです。

周りはサークルやアルバイト

大学受験を乗り越えた人は、今までのストレスが発散するかのようにサークルやアルバイトに明け暮れます。

勉強しかしていなかった人ほどはっちゃける人が多いです。

周りがサークルやバイトをしていると、どうしても自分も充実したキャンパスライフを送りたいと思ってしまいます。

同年代のSNSでは充実ライフを目の当たりに

同年代の繋がりが豊富な人であれば、インスタグラムやツイッターを通して充実したキャンパスライフを目の当たりにすることになります。

編入の受験勉強をしようと思っても年齢的にも携帯を持っているので、どうしてもSNSを見てしまいます。

なので、勉強に集中したくてもできず、大学編入試験を諦める人は多いです。

講義を休んで遊ぶ人が多い

大学では高校とは違って厳しいルールがありません。

授業を出なくても何も言われることはなければ、授業中に携帯でゲームをしたり、寝ていても何も言われることはありません。

そのため、出席の名前を講義開始の時にして、あとの時間は遊びに行ったりする人もいます。

これらの誘惑を完全に排除するためには、根本的に予備校に通うといった感じで環境を変えないと勉強ができません。

②専門科目や面接のノウハウがわかる

Two Woman Chatting

独学では手に入れにくい情報が手に入ります。

編入合格のための専門科目が受講できる

編入の予備校に行くことで、専門科目を集中的に学ぶことができます。

編入する大学でも学部が同じであれば、現在通っている大学の講義で補うことは可能ですが、

経済学部から法学部だったり、国際関係の学部から経営学部といった感じで転部するとなった場合は、編入で専門科目のエキスパートから学ぶ方が知識を習得する方が賢明です。

面接対策もできる【独学だと難しい】

面接対策も編入予備校であれば可能です。

現在の大学で編入のための面接対策は無理に等しいです。

なぜなら教授以外の人は、編入を全力で止めるからです。

ただでさえ、少子化の影響で学生を取り込むのに苦労しているので、大学の教務課は一切手伝うことはないです。

過去問も充実していて編入の雰囲気がわかる

編入予備校はこれまで様々な大学の過去問を揃えています。

独学で勉強するとなると大学に問い合わせないと手に入れることができないです。

大学によっては、昨年は過去問を公開していたけど今年は公開しないという学校もあります。

また、数多くの大学の過去問を確認しとく方が、非常に効率的です。

③同じように編入を目指す友人ができる【モチベーションUP】

Adventure, Height, Climbing, Mountain, Peak, Summit

受験は孤立するとしんどいです。同じ目標を持っている人と走り抜けましょう。

孤立すると基準値がわからない

編入受験は孤立です。

私の大学でも編入合格のために図書館にこもっている方もいました。

1人で勉強するのも良いですが、周りの受験生の状況がわからないので、自分はできると思っていても井の中の蛙状態だったりします。

勉強の基準値を上げるためにも編入予備校にメリットがあります。

同じ意志を持つ人と勉強する方がモチベUP

予備校では同じように学歴コンプレックスを持っていたり、確固とした夢や目標があったりといったやる気ある人が集まります。

大学内では遊んでいる人が多かったりするので、編入予備校内で同じ意志を持つ人と交流する方がモチベーションも上がります。

就活の時も情報交換できる

編入で共に戦ったあとは、就活でもその人脈が生かされたりします。

例えば、1人が大阪大学に編入し、もう1人が立命館大学に編入すれば互いの就活でも切磋琢磨できますし、情報交換もすることが可能です。

TOEICスコアは独学で身につけることができる

Laptop, Computer, Browser, Research, Study, School

TOEICは独学で身につけることが可能です。

スクールに通ってもいいですが、予備校へ通うとなるとスケジュール的にも難しいです。

TOEICは独学で取得可能

大学受験を経験した人からよく質問がくるのは、

センター試験で〜点取得しました。
TOEICだとだいたい何点程度でしょうか?

このような質問は、そもそもの試験構成が全く違うのと、出てくる範囲が違うので答えることは無理です。

しかし、英語を勉強してきた人であれば、TOEICは独学でスコアを上げることが可能です。

TOEICは600点までなら簡単に取得

TOEICは600点ならある程度の勉強量と解き方や戦略を練れば、取得は可能です。

基本的にTOEICは600点までは試験に慣れたりすれば簡単に上がります。

そして編入する大学から求められるスコアも600点程度だったりするので、決して難しいものではありません。

初心者から上級者までのTOEIC勉強法については別記事でまとめたので見てみてください。

 

【参考記事】:TOEICの勉強法まとめ【残業で時間がない会社員が教えます】

TOEICの勉強法まとめ【残業で時間がない会社員が教えます】




いつから予備校へ通ったらよいのかについて

empty building hallway

結論から言うと、早ければ早い方がいいです。

早めの対策を取ることは不可欠です。大学編入は大学受験よりも難易度が非常に高いです。

予備校へ通う時期について

予備校へ通い始めるにあたって、いつから通い始めればよいのかを考える人が多いです。

理想を言うのであれば、大学1年生の春学期の時には予備校へ通っている方がベターです。特に指定校推薦やAO入試などで大学受験を経験していない人は早い方がいいです。

✔︎早い方が対策を取れる

言うまでもなく、早い方が準備の時間が長くなるので、自分が狙う学部の勉強に打ち込むことができます。

また、TOEIC試験も早々にクリアできていれば、専門科目知識のみを追求していけばいいので、編入合格率は高くなります。

✔︎面接対策もしっかり対応してくれる

面接試験もありますが、面接試験は試験が近くなってきた時に対策を取ればOKです。

私が個人サポートをしていた人は、3ヶ月前に徹底した模擬面接練習をした結果、有名国立大学合格することもできました。

編入予備校でも面接対策をしっかりやってくれます。おすすめの編入予備校については下記の別記事で見てみてください。

 

【参考記事】:大学編入を成功させるための予備校おすすめ3選【編入なら予備校】

大学編入を成功させるための予備校おすすめ3選【編入なら予備校】

まとめ:大学を変えるには今しかチャンスはない

学歴を変えるには今しかチャンスがありません。

就活には学歴フィルターが存在する

もし現在通っている大学がFラン大学と呼ばれるところであれば、就活でかなり苦しむことになります。

今の時代はかなり減ったとは言われていますが、エントリーシートや履歴書を志望動機などを見ずに、大学名だけで仕分けされます。

MARCHや関関同立より下のランクの大学名が書かれているところはシュレッダー行きということもあったりします。

また、学歴によって会社説明会の案内がこなかったり、採用試験が始まったと思ったら既に高学歴の内定者が存在してるといったことが現実的にあります。

就職後も学閥で出世コースと左遷コースが存在

都市伝説見たいな話ですが、学閥戦争のようなものがあります。

業界によって変わりますが、就活後も学閥といったものがあり、A大学出身の人がトップに立っていれば、A大学出身の人が出世しやすいであったり、大学群に属していない人は左遷コースに導かれたりします。

長い歴史がある会社ほどこのような文化が残っていたりします。

学歴はあった方が生きていくのに優位性が持てる

学歴は仕事に関係ないと言われていますが、ないよりもあった方がいいです。

学歴をアピールする人はイタイ人に見えますが、就活にしても転職にしても優位性を持つことができます。

また、周りの知り合いも優秀な人が多いです。

学歴が全てではないですが、まだ大学1年や2年であれば、編入予備校に通うことをおすすめします。

【無料】大学編入を心の底からしたい人向け

大学編入を心の底から強く思っている人は、TOEICを145点から810点まで伸ばした実績や、大学編入コンサルをした経験を元に無料で相談に乗りたいと思っています。

友達追加後、メッセージやスタンプを頂けるとやり取りができるので、大学編入を志している人は熱いメッセージを送ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です