大学編入成功の鍵を握る面接突破術【大学編入コンサル経験】

大学編入を目指している人

「大学編入の面接対策方法がわかりません。。

 

TOEICの勉強と専門分野の勉強は独学でできたけど、1人だと面接練習もできないです。

 

面接対策の方法を大学編入に詳しい人から話を聞いてみたいな。。」

 

 

こんにちは。ケントです。

 

学歴コンプレックスを引きずったままFラン大学を卒業しました。

学歴コンプで悩んでいる人を1人でも多く救いたいという気持ちから編入コンサルを行った結果、合格者数は100名を超えました。

 

先日、このようなツイートをしました。

大学編入を成功させるためには受験のリベンジで受けるというメンタルでは絶対に失敗します。

大学側は本当に優秀な人であれば入学させたいというスタンスなので、ウェルカム対応の大学受験よりもシビアです。

大学編入成功の鍵を握る面接突破術【大学編入コンサル経験】

 

①WHYの問いに論理的に答えよ

②意識の高いコメントを残そう

③口頭試問はビッグマウスでないかを確認している

 

基本的に大学編入の面接はこんな感じです。

ツイート内容と合わせて深堀りしていきます。




①WHYの問いに論理的に答えよ

Question Mark Illustration

なぜ?なぜ?なぜ?が永遠に繰り返されます。

なぜこの大学じゃないとダメなのか?

大学編入面接官は、受験者のほとんどが大学受験のリベンジで受けにきていると理解しています。

そのため、表面的にただただ学歴コンプレックスを解消しにきている学生と、本当にこの環境で学びたいという学生と仕分けをするためにも

なぜこの大学ではないとダメなのか?”

という質問をしてきます。

それって別に今の大学でもいいんじゃないの?

志望動機を述べた後に飛んでくる質問として、それって別に今の大学でもできることじゃないの?と追求されます。

 

この質問に対して、今の大学の環境にはないことを簡潔に説明しないといけません。

 

また、学歴コンプレックスが強い人は、今の大学を批判する人もいますが、マイナス評価になるので要注意です。

論理的に焦らず確固とした理由を述べよう

論理的に焦らず述べれば、面接は突破できます。

 

編入試験での面接は基本的に圧迫面接が普通なので、1つの質問に対して回答した内容について、5回はWHYを繰り返すようにしましょう。

 

また、論理的な答え方の構成がよくわからないという方に向けて、下記に貼っとくので参考にしてください。

主張:スキルアップが目的なら、勉強会に行かないでいい
理由:自宅で独学した方が、効率的に学べるため
具体例:ググりつつチュートリアルをやって、そのあとに自分で簡単なサービスを作るほうが、効率的に学べる
反論への理解:横の繋がりができるという意見もある。それなら、イベント主催した方がいい。何者でもない参加者だと、繋がりは作りづらい
主張の繰り返し:スキルアップが目的なら、勉強会に行かないでいい

 

論理的な答え方は、このような構成で答えるとうまい説明ができます。

②意識の高いコメントを残そう

Man Raising Right Hand

意識の高いコメントを残してアピールしましょう。

将来はどうするの?→大学院で研究を考えてます。

大学に編入できたら、進路はどうするつもり?という問いがきます。

 

こういった質問に対してベターなのが、嘘でもいいので、大学院で研究を考えていることをアピールした方がいいです。

 

大学編入の面接官をする人は、学歴で就活がうまくいかないから受けにきていると認識しているので、勉学をより追求したいという気持ちをPRした方がいいです。

 

修士課程か博士課程、どちらまで考えてますかと最終的には深堀りされていくと思いますが、ここまでの未来はまだわからないという感じで答えればOKです。

どこの研究室へ行きたい?

定番の質問がどこの研究室へ行きたいかという質問です。

 

これは、事前にリサーチしてどんな教授がいて、どんな研究をしているのかをHPなどで調べるようにしてください。

 

そしてその教授が書いた論文を熟読して、自分の見解を述べれるようになることが重要です。

この質問に対して回答できるかできないかで、大学編入できるかできないかが直結で決まるので、絶対に調べるようにしましょう。

運命が決まると言っても過言ではありません。

姿勢は真面目な意識の高い学生

いくら優秀でもチャラチャラしたような学生を大学は入れたくないはずです。

 

考え方、口調、身なりなど、真面目な対応をするように日頃から気をつけましょう。

 

人は第一印象で全てが決まります。

③口頭試問はビッグマウスでないかを確認している

3 Women in Suit Sitting

あなたが口だけの人間でないかを確認しています。

時事についてどのような見解があるか

基本的には面接の内容に口頭試問ありと書いていた場合に問われる場合がほとんどですが、最近気になるニュースについて問われる場合もあります。

 

ここで普段からニュースを見ていないと、答えることはできないですし、曖昧な理解で答えると、深堀りされて墓穴を掘ることになります。

 

対策としては、自分が受ける学部と関係するニュースを1つで良いので、理解ができるまで内容を熟読してください。

そして問われそうなことをあらかじめ想定し、自分の考えを述べることができるようになりましょう。

日常的にニュースを見よう【面接で聞かれます】

ニュースは基本的に毎日見る習慣をつけるようにしてください。

 

個人的にNHKは固い感じで、難しい言い回しを使ったりしていてあまりおすすめしません。

 

ワイドショーなどでニュースを見ると、最近のニュースに対して、専門家がわかりやすくコメントを残してくれて理解もし易いです。

自分の考えを論理的に展開

自分の考えを論理的に答えることができるようにしましょう。

 

論理的な回答とは、先ほど述べた構成を使って話せば、自動的に論理的な回答ができます。

主張:スキルアップが目的なら、勉強会に行かないでいい
理由:自宅で独学した方が、効率的に学べるため
具体例:ググりつつチュートリアルをやって、そのあとに自分で簡単なサービスを作るほうが、効率的に学べる
反論への理解:横の繋がりができるという意見もある。それなら、イベント主催した方がいい。何者でもない参加者だと、繋がりは作りづらい
主張の繰り返し:スキルアップが目的なら、勉強会に行かないでいい




大学編入の面接対策の前にTOEICを取ろう

ここまで大学編入を突破するための面接について書いてきましたが、前提としてTOEICが取れていない人は、まずは面接ではなく、5点でも多くスコアアップができるように勉強してください。

 

受ける大学の中には、規定のスコアを超えていないと受験することすらできない場合もあったりします。

 

TOEICの点数を最低でも規定スコアを超えれるように取り組んでいきましょう。

TOEICを取得してないと受けれない大学が増えてきている

ここ最近、英語のニーズがより一層、高まってきていることや、センター試験廃止などの背景から大学独自の英語試験がなくなっている学校が増えてきています。

 

難関大学ほど、求めるTOEICの点数は高めで、規定スコアが超えていないと受験資格すらないところもあります。

 

滋賀大学などはTOEICのスコアをとりあえず出すということもあります。

TOEICを取得すれば一石X鳥のメリットが生まれる

TOEICの勉強は、慣れていない人しんどいですが、取得してしまえば一石二鳥、一石三鳥といったメリットを生み出します。

 

例えば、編入後の就活や、大学院進学などでもTOEICは必要です。

大学によってはTOEICの点数を単位に変えることも可能です。

 

また、TOEICハイスコアを取得すれば、自分の自信にもなります。

TOEICの勉強法や解き方については、別の記事でまとめているので見て参考にしてください。

TOEICの勉強法まとめ【残業で時間がない会社員が教えます】

まとめ:常にWHYの思考と端的に答える習慣を身につけよう

Questions Answers Signage

最大の面接対策は常に日頃からWHYの思考と端的に答える力を習慣化することです。

面接は第一印象で全てが決まる

面接は編入だろうが推薦入試だろうが、就活だろうが、第一印象で全てが決まると言っても過言ではありません。

 

この第一印象が悪いと、様々な挽回策を練っても、合格に繋げるのは至難の技です。

 

第一印象は視覚的なもので決まるので、着ているスーツや髪型は清潔に保つようにしましょう。

5回のWHYと1回の回答ができる力を身につけよう

日常の面接対策としては、目に見えるものに対して、「なぜ」を考えるようにしましょう。

 

そしてそのなぜに対して、論理的な回答と見解を瞬時に頭に出てくるようにトレーニングをしてください。

 

これは一朝一夕で手にいれることができないので、毎日の継続によって面接でも失敗することはありません。

大学編入できると人生が大きく変わる

最後になりましたが、大学編入をすると人生が変わります。

 

基本的に日本の就活は未だに学歴フィルターなどを用いて人材を雇用していきます。

大学名よりも個人という流れにはなってはいますが、まだまだブランド名に人間は弱いです。

 

大学編入を成功し、人生にドラマを起こしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です