WEBディレクター転職志望者はブログを書こう【経験者が解説】

WEBディレクター転職志望の人

「転職でWEBディレクターを考えています。

 

未経験からでも転職はできると聞いたので、本を読んだり、YouTubeで勉強しているのですが、他に何をすれば良いでしょうか?

 

未経験から転職を経験した人の意見を聞いてみたいな。。」

 

このような疑問に答えます。

 

この記事を書いている私は、大手専門商社→WEBディレクターへ転職しました。

未経験から転職したので、自身の経験や転職までやってきたことを書いていきます。

未経験から転職でWEBディレクターになるには【知識やトレンド必須】

people sitting down near table with assorted laptop computers

結論、未経験でもWEBディレクターは募集している企業も多いです。

ただ、転職するには、知識やトレンドを把握していないと戦力にならないです。

WEBディレクターは未経験でも転職できる理由

私の場合、WEB業界とは無縁の自動車系専門商社から、WEBディレクターとして活動しております。

 

未経験でも転職できた理由は、「WEBディレクター」という職種は、プログラマーやデザイナーなどの超専門的な分野ではないといったところが挙げられます。

また、ディレクターと言っても、営業的な要素も入っているので、他業界で培ってきた営業経験は十分に活かせたりできたりするので、未経験でも採用枠があったりします。

 

自分の場合は、当ブログの運営やプログラミングも一時期学んでいた経験もあったので、ド未経験者よりは有利に働きましたが、

実際に働いてみると、違う業界から来た人もいたので、未経験でも採用を考えてくれる企業はあります。

未経験での転職だからこそ知識をつけよう

未経験だから何もしなくていいい、ということではないです。

 

転職志望者と企業側での『未経験』は大きなギャップがあったりします。

 

未経験であっても、WEB業界の最低限の単語などは知っておくべきです。業界用語も知っていないとなると、運よく内定をもらったとしても仕事ができないです。

未経験であったとしても、中途採用は新卒採用とは違うので、自ら勉強して知識をつけつつ業務に反映していくことが必須です。これはWEB業界に限らずです。

トレンドを把握しよう【WEB業界はトレンドが変わりやすい】

WEBは他の業界と違ってトレンドが頻繁に変わります。

 

ユーザーのニーズは日々変動していくので、歴史ある業界などと比べて傾向は頻繁に変わります。

 

WEB業界の常識を勉強しつつ、最新トレンドを掴み取っていくことで、中途採用でも既存社員と遜色無いぐらいの戦力になることは可能です。

会社自体も年功序列があまり無かったり、出来立てほやほやの会社が急成長する理由は、トレンドが変わったりするからです。

時代の先乗りをしていると、創業1年目の会社が歴史ある会社よりも売り上げを出す、といったことも稀に起こります。

未経験からWEBディレクターとして転職するには【ブログを書こう】

person using MacBook Pro

ブログを書くと、WEBの知識がゴリゴリにつきます。

また、ブログが売れていくと収益も発生するのでメリットありです。

ブログを書くとWEB全般のことがわかる

ブログを書くとWEB業界のことがよくわかります。知識のアウトプットができるのでかなりおすすめです。

 

ブログを作成してから、大量のPV数を集めるブログにするまでに得られるスキルは、

 

・ワードプレスの知識

・WEBライティング

・WEBマーケティング全般

・サイト構成

 

細かく言っていくと色々ありますが、上記通り。

 

収益を生み出すサイトまで運用できれば、未経験の採用枠であれば評価は十分にしてもらえます。

+本業の仕事でもきっちりと仕事をしていれば、さらに評価は高くつくはずです。

WEBサイトのマーケティング知識も身につきます

ブログでは、ディレクション業務よりかはマーケティング知識が身につきやすいです。

 

WEBマーケティングという分野は、SEOを始め、SNS戦略やリスティング広告、YouTube広告等がいろいろとあります。

24時間無休で働いてくれる1つのWEBサイトというプラットフォームを作ることができれば、即戦力に近しいと言ってもいいです。

理由は、個人か法人かの違いだけで、運用などのやることは、基本的に変わりないからです。

 

未経験でWEBディレクターを採用活動しているぐらいなので、まだまだ需要は高いように見えますが、ディレクション+『何か』を持っていると今後強いです。

例えば、上述したマーケティングや、コーディングもできるなどの付加価値があると人材価値としては高いです。

収益が発生するから楽しい→やりがい

ブログの執筆は、かなりしんどいイメージがあったりします。

現に三日坊主の人もいます。

 

しかし、ブログで集客をすれば、収益を生み出すことも可能なので、数字で結果が出てくると楽しくなってきます。

 

収益が出てくるということは、自分が書いた記事がたくさんの人に読まれていることなので、ブログを通して発信することが非常にやりがいになってきます。

WEBディレクターの将来【仕事がなくなることはない】

straight asphalt road between desert at daytime

プログラマーやデザイナーと違って、手に職を持っている状態ではないので、将来性は無いイメージですが、WEBディレクターは仕事がなくなることは無いです。

IT需要はどんどん伸びていく【供給が足りない】

日本はIT需要に対して、供給が足りないといった大きな問題があります。これからAIやIoTと言われている社会に対して、日本の教育プログラムもプログラミングの授業が入ってきます。

 

国がプログラムを変更するまでの勢いになっている要因は、日本以外の国々ではプログラミングは必須となっており、プログラムを組める人材が溢れている中で、日本は圧倒的に少ないからです。

また、少子高齢化社会という問題もあることから、海外からどんどん人が流れてくる可能性は高いです。

 

こういった背景から、IT業界に位置するWEB業界も需要は伸びていくけど、供給できる人材がいない問題に直面します。

なので、プログラマーやデザイナーと同様、人材が足りない状況です。

案件などの管理は必須

WEBディレクターは、プログラマーやデザイナーなどと違って、何かを生み出すような仕事ではないので、需要はないという意見もあります。

 

客観視すると、ディレクション業務は必要ないと思われやすいのですが、プログラマーやデザイナーは、1案件だけにフォーカスしているわけではないので、管理が非常に大変です。

 

WEB制作では、秋頃から春頃にかけて、繁忙期を迎えます。

なので、一気に案件が3つ、4つと出てくると負担が大きいですし、その3つが同じ業界や似ている業界だと混乱の元になりやすいです。

正確に案件のディレクションをする人がいることで、プログラマーやデザイナーは専業に集中ができます。

案件がなくなってもクラウドソーシングなどで探せる

案件もクラウドソーシングなどで見つけることもできます。

 

ひと昔と違って、リアルでの紹介だけでなく、インターネット経由で案件を探すことも可能です。

 

クラウドソーシングで、発注者とコンタクトを取って、取引成立となれば案件が生まれます。

そして高評価であれば、紹介をしてもらえる可能性も十分にあります。

ディレクション業務だけでなくマーケティングもできれば、「WEB制作 格安 品質良い」といったSEOから集客して案件を生み出すこともできます。

WEBディレクターはフリーランスでもできる【人脈が大事】

person sitting on chair using laptop

WEBディレクターはフリーランスでもできます。詳しく書いていきます。

ディレクション管理などは必要になる

プログラマーやデザイナーはフリーランスとして仕事ができますが、上述した通り、プログラマーやデザイナーの需要が高くなることで、ディレクション管理などの需要も上がります。

 

プログラマーやデザイナーは、フリーランスだと固定給がないので、自分でも営業をしないといけないです。

顧客がいないと制作に打ち込むことはできないですし、1案件だけでは食っていくのは難しいです。1案件をこなしながら営業もするのは現実的に不可能に近いです。

 

しかし、ディレクターが間に入ることで制作に集中ができるので、費用対効果といった意味でも両者ウィンウィンの状態になれます。

ディレクターが窓口となって案件管理や営業を行い、委託するといった流れですね。

プログラマーやデザイナーなどの人脈があれば可能

フリーランスとして、WEBディレクターをやっていくのであれば、フリーランスのプログラマーやデザイナーの人脈形成が必要です。

 

社内常駐か常駐じゃないかの違いなだけなので、人脈さえあれば、個人で案件を拾ってきたものを委託できます。

 

人脈は簡単にできないので、WEBディレクターとしての実績を積むといった意味でも、まずはWEB制作会社で経験を積むのがおすすめです。

勤めると、プログラマーやデザイナーと交流しない日はないので、フリーランスで活動されている方を紹介してもらったりすると解決できます。

ネット社会の今だからこそ顧客も取れる

既にインターネットは欠かせないものとなっています。なので、ネットから案件を取るのも1つの手段としてあります。

 

WEBディレクターとして経験を積んだとしても、フリーランスとして動くとなった時にリアルで案件を取るのは現実的じゃないです。

会社の名前があったからこそ仕事ができていたことを痛感するので、有名ディレクターにならない限りは難しいです。

 

フリーランスになりたてのWEBディレクターが案件を取っていくなら、クラウドワークスなどのクラウドソーシングから探していく手段もあります。

それ以外にも、SNSなどでのビジネス垢から勧誘された時に、LP提案をしてみるのもありです。

転職を決めたらすぐに行動しよう【勉強しながら行動】

shallow focus photography of person walking on road between grass

WEBディレクターに限らずですが、転職を決めたら行動する方がいいです。

勉強しながら転職活動しよう

勉強と同時並行しながら転職活動するのがおすすめです。

 

特にWEB業界はトレンドも変わりますし、ディレクターだとそこまで実技を問われるテストを実施する企業はあまりないです。

 

勉強しながら転職活動を行うのが、一番効率が良いです。

私の場合は、ブログ運営で月間1万PVが出るまでは転職活動をしていなかったのですが、今思うと、転職活動をしながら勉強していた方が成長は早かったです。

実績が出てから、、と考えるとポジションを失う

ディレクターは制作物がないので、転職するなら早い方がいいです。

 

WEB業界に限りませんが、実績が出てから転職活動を考えてしまうと、ポジションに空きがないといったこともあります。

善は急げではないですが、転職を考えたのであればすぐに活動することをおすすめします。

 

自分が行きたいと思っていた会社が、募集をしようとした時に空きあるとは断言できません。

新卒とは違って若干名の募集なので、スピード感を持って動いていきましょう。

時間は有限です

時間は限られています。

 

未経験であっても、年齢制限などもあったりです。まずは現職で3年働いてから、という考えもありますが、WEB業界はスピード感重視なので気にしなくてOKです。

 

まずやるべきことは、転職エージェントに登録をしてみたり、カウンセリングを受けたりしてください。

未経験だとネットでの表面的な情報しか入りませんが、転職エージェントはあらゆる業界のことを何から何まで知っているので、相談するのもありです。

 

自分の場合は、転職エージェントで話を聞きつつ、インディードで自分でも企業を探していました。

時間は有限なので、何かしらのアクションをしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です